スポンサーリンク

英語力ゼロ!子供たち3人がセブの幼稚園に入園【セブ 親子 教育移住の記録①】

セブ教育移住1セブ教育移住

英語教育のため一家5人でフィリピン・セブ島へ移住した我が家の3人の子供たちの様子を、5歳の長男を中心にご紹介します。
今回(シリーズ1回目)は、子供たちが幼稚園に入園(セブ移住1カ月後)から移住3カ月後までの様子です。

ツッチー
ツッチー

長男のダメっぷりが心配でした。

このシリーズの概要

3人の子供たちは英語力ゼロで幼稚園に入園しました。

5歳の長男は、しばらくの間、クラスでは自分から話さない。友達との交流もあまり見られないという、心配な状態でした。
しかし、約1年半後から、英語で堂々と発表し、積極的に友達とも交流するようになりました。

息子(5歳)が言葉の壁を乗り越えるまで(セブ移住1年10カ月後まで)の記録を4回に分け、次男と長女の様子も交えながらご紹介しています。

フィリピン・セブ移住時の家族構成

私(49歳)、 妻(42歳)
長男(5歳)、次男(3歳)、長女(1歳)


※この記事は、ともに移住し、ともに子育てしている妻がその経験をまとめた著作「あなたのお子さんやお孫さんは英語が話せなくて将来就職できますか?」を参考にしています。

子供たちが通った幼稚園

セブ―ケンブリッジ幼稚園
Cambridge Child Development Centre(ケンブリッジ幼稚園)

長男:Junior kinder(日本では年中)
次男:Nursery(日本では年少未満)
長女:Toddler(2歳前後のクラス)

ケンブリッジ幼稚園については以下の記事をご覧ください。

家族5人でセブ島教育移住(まとめ)はこちらをご覧ください

長男と次男は学年を1つ落として入園(セブ移住1月後・入園初日)

セブ島 英語教育
ケンブリッジ幼稚園での初めての登園日

長男はJunior kinder(日本では年中に該当)、次男はNursery(約2.5歳児・日本では年少未満)に入りました。
日本では長男は年長組、次男は年少組でしたが、英語力がないので、2人とも1学年落としました。
英語力が付いた時点で、年相応クラスに移動することは可能と聞いていました。

長女だけは年相応のToddler(よちよち歩き)に入りました。

各クラスの様子

長男のクラス(Junior kinder)
1クラス8人で、同学年は2クラスありました。

ほとんどのお子さんが昨年からのもちあがりで、英語ができないのは長男だけでした。
日本人のお子さんが他に1人いましたが、英語を完全に理解しクラスメイトと楽しそうに話していました。

その子は、まだ日本を離れて一年でしたが、半年位で幼稚園で過ごす分には全く支障ないほど英語を使えるようになったそうでした。

次男のクラス(Nursery)
子どもは全14人で、日本人のお子さんは次男以外に2人いました。
担任は2人いました。

長女のクラス(Nursery)
アフタヌーンクラス(午後クラス)は2歳からなので、2歳になるまで、午前中だけのクラス。
最初のうちは午前中の2時間だけでした。

日本人のお子さんはゼロ。日本では生後半年で保育園児となり園を嫌がったことはなかったですが、セブに来てひと月間ずっと家族と過ごしたことで親から離れられなくなっていて、初めの頃はなかなかクラスに入ろうとしませんでした。

初日の反応

初日、夕方迎えにいった時の反応はどうだったでしょうか。

二人とも満面の笑顔で「楽しかった~」と飛びついてきました。

英語が分からないので、先生の言っていることが分かるか「先生がイラストを指して次にすることを教えてくれるから分かる」とのこと。

この幼稚園には全世界の子が集まっているため、先生は英語が通じない子どもの対応に慣れていると思いました。
太郎は「静かだから好き」ともいい、少人数でアットホームな雰囲気が気に入ったようでした。

ツッチー
ツッチー

ケンブリッジ幼稚園はアットホームな雰囲気。
先生によっても差がありますが、全般的に少人数制で子供の細かなフォーローをしてくれるので、特に英語力のない子にはおすすめです。

長男と次男はマンツーマンレッスン(英語・算数)を受講(セブ移住1カ月後から)

長男と次男は、入園後1月後から、月~木の毎夕一時間、園内で先生によるマンツーマンのレッスン(家庭教師)を受けていました。科目は英語と算数。

幼児に家庭教師とは過剰かもしれません。でも、英語力ゼロの2人が友達とおしゃべりできる日を早めるには必要だと考えました。

マンツーマンレッスンの様子(移住3カ月後の見学時)

マンツーマン 長男
マンツーマンレッスン(長男)
マンツーマン次男
マンツーマンレッスン(次男)

英語(長男・5歳)
CVCワード(bigやhatのように子音+母音+子音というパターンで三つの文字からなる単語)を中心に勉強。

英語(次男・3歳)
色を英語で言う練習をし、スペルを学んでいました。
次郎はまだ4歳になったばかりなので机について勉強できるか心配でしたが、学ぶことが楽しいようで一時間ずっと集中できていました。

心配な様子の長男(セブ移住2カ月後)

自分の殻に閉じこもる?

次男と長女は、英語がまだ分からないなりにクラスに少しづつ馴染んでいるようでした。

一方、長男は少し心配でした。

まだ、通い始めたばかりで、英語でコミュニケーションを取るのが難しいので、友達との関わりはもう少し様子を見る必要があると思いました。

しかし、英語の壁が原因なのか、学校での行動全般において、自分の殻に閉じこもりがちのように見えました。
言い換えると、自分から外に働きかけたり、集団行動を楽しむる様子が見られませんでした。

同じクラスの他の子供たちは、しゃべったり、ふざけ合ったり楽しそう。
半年前に来た日本人のお子さんもクラスに馴染んでいました。

5歳位だと、言葉の壁があってもすぐに馴染んで、皆と遊びまわるお子さんもいます。
性格的なものもあるかもしれないと思いました。

途方に暮れる長男(バスケットの授業のこと)

バスケットボール

これは妻が、午前クラスで終わる長女を迎えに行った時に、たまたま長男のクラスでバスケットの授業を行っていたので見学した時の話です。
フィリピンでは、バスケットが盛んです。

幼稚園の広めの廊下に子供用のバスケットゴールが置かれ、そこで授業が行われていました。

授業では、先生が「みんな、バスケは好き?」「お父さんとプレーしたことはある?」などと聞くたびに、クラスメイトは「イエース」と元気よく手を挙げます。

ツッチー
ツッチー

4、5歳児のクラスメイトはノリがいいのです。

一方、長男は周囲に合わせるということはなく、微動だにせず先生を見続けていました。

バスケは、先生が4人を指名して2対2に分け、笛を鳴らしてスタート。幼稚園児ならではのルールでドリブルはしなくてよく、単にボールを奪い合ってシュートするだけ。
ゴールも、子どもたちの背よりちょっと高いくらいです。

ボールの扱いが上手な子もそうではない子もいるが、どの子も楽しそうにプレーしており、クラスメイトも、ワーワー、キャーキャーと声を上げて観戦していました。

指名された子供たちが順番にバスケに参加。長男は最後に指名されました。

ゲームが始まってすぐ、太郎の足もとにボールが転がってきましたた。チャンス!太郎はそれをすぐに拾い上げました。

妻は「太郎、シュートー」と声援を送りました。

ところがなんと、太郎は拾い上げたボールを審判である先生に手渡しに行ったのです。
さすがの先生も不意をつかれた表情。慌てて「タロウ!プレー!(バスケをしなさい)」とジェスチャー交えて言ってくれましたが、太郎はボールを持ったまま、先生の顔を見上げていました。

すぐに他の子が太郎からボールを奪い取ってバスケは続きましたが、太郎は2~3分のゲーム時間ずっと、何が何だか分からないという感じでコート内に立っていました。

妻は「太郎、ボールを取って、ゴールに投げなさ~い」と日本語で何度も声をかけましたが、長男は足が動きませんでした。

授業の終了後、どの子もバスケの興奮続いている様子で、投げるジェスチャーをしたり、大きな声で笑いあったりし、中にはうるさすぎて先生に注意される子もいました。

妻は、そんな子供たちとは対照的に、先生の後ろにきちんと並び、静かに教室に戻っていく太郎が憐れ(あわれ)に見えたそうです。

クラスメイトはまだ4、5歳児で、できない子をからかう雰囲気はないのが、不幸中の幸いでした。

ツッチー
ツッチー

この頃の長男の行動を象徴するエピソードです。

でも、嫌がらずに登園

それでは、長男が登園を嫌がったかというと、そうではありませんでした。

毎日、ちゃんと自分からクラスルームに入り、レギュラークラス終了後のマンツーマンレッスンもしっかり受けていました。

まだ2カ月なので、心配するにはまだ時期尚早かなとも思いました。
でも、一方で、日本の保育園では、他の子と楽しく遊んでいたようだったので、長男の性格と相まって、言葉の壁が大きいのかもしれないとも思いました。

日本の幼稚園だったら皆と一緒にしゃべったり、遊んだり、楽しむことができたかもしれない。
私たちはそれを取り上げてしまったのでは、という思いもよぎりました。

学期末の成果発表会で大失態(セブ移住3カ月後①)

セブ島 英語教育
子供たちそれぞれが将来なりたい職業の衣装で登場。長男は奥の列の後ろから2番目
他の子供たちは皆楽しそうです。

「行きたくない」と泣き出す

一学期終了を控えた8月、学年ごとに成果発表会が行われました。
その日は私と妻が一緒に見に行きました。

長男のクラスでは取組みを続けていた「コミュニティと自分」というテーマでの発表。

長男は、将来なりたい職業として警察官の格好をしてステージに上がる予定で、インターネットからフィリピン警察のワッペン柄をダウンロードし、用意した青っぽい上下の服に貼り付けてあげました。長男はそれに大喜びしていました。

ところが当日朝になって長男は「行きたくない」と泣き出したのです。
ステージで一人ずつ、自分の名前と将来なりたいものを英語で発表するのが嫌だといいます。
でも、なんとか幼稚園に連れていきました。

担任の先生に太郎の様子を伝えると、「タロウ!あなたはできていたから大丈夫だよ」と言ってくれました。

先生は、練習では「My name is 〇〇.I wanna be a policeman」ときちんと言えているという。
それでも、長男は家に帰りたがりました。

唖然とする展開。でも、温かく迎えられる。

そして、色々と準備しているうちに開始時間となりました。

音楽が流れ、子どもたちがステージに並び始めます。

あれあれ。

長男は、妻の手を離さないままステージに上がっていきました。

小さな子どもたちの中で妻だけが突出して、保護者の皆さんと対面する形になりました。

予想外の展開。

最初に皆で歌や踊りを発表。それからひとり一人に発表が行われました。
他の子が発表。小さな子どもたちの話す英語はかわいらしいものでした。
堂々としている子、恥ずかしそうに発表する子、皆それぞれ。でも、1人で頑張っています。

長男の番がくるまで、妻は手をつないだまま、ステージの上でしゃがんで待っていました。
長男は「ぼく帰りたい。ぼく帰りたい」と日本語でつぶやきますが、なぜかステージから降りようとしません。

ついに長男の番!

長男は、ここでも妻の手を離さず、前に進み出てマイクに向かいました。
ところが、太郎の口から出た言葉は英語ではなく、なんと日本語。
「話したくな~い。ウェーン(泣)」…以上でした。

唖然(あぜん)

でも、客席の保護者の皆さんは、それまでの太郎の様子で展開を察していたようで、「OK、OK」「Good job(よくやったよ)」と言って、他の子に対するのと同様、大きな拍手をしてくれました。とてもありがたかったです。

保護者のみなさんの温かい拍手に、妻は思いがけず、緊張が解けたタイミングとも重なったようで、ステージの上で号泣していまいました。

これは、妻も私も今後もきっと忘れることのない長男の失態です。
しかし、方法はどうであれ、この大変な時間をなんとか頑張って乗り切ったことに感動を覚えました。

ツッチー
ツッチー

誰でも、子どもには個性と得手不得手があるものです。
まだ、5歳児。今回のことも恥ずかしいことなんて何もありません。
また、明日から頑張っていけばいいと思いました。

次男と長女の発表会(セブ移住3カ月後②)

セブ移住ー発表会
長女の発表会は、親と一緒に絵を描きました。

次男と長女の成果発表会は、保護者と一緒に絵を描くことが中心で、難なく終了しました。

初めての評価表と面談~予想通りの評価(セブ移住3カ月後③)

セブの幼稚園では、一学期の終了翌日から二学期が始まります。

日本なら必ず学期の合間に冬休みなど長期休暇があります。
一方、セブの幼稚園では、学期の合間の長期休暇は3月からの休暇だけで、他はクリスマスやハローウィンを含む国民共通の連休です。

主な長期の休み
  • 幼稚園の長期休み 3月~約3カ月(現在は7月~約3カ月)
  • 10月末(ハローウィン含) 約10日間
  • クリスマスと年末 約20日間

1学期末の8月末、我が子3人の担任から一学期の評価表が手渡され、その数日後に先生と保護者が話し合う二者面談も行われました。

評価表では、社会性、実用性、身体性、認知発達性の四項目に、例とする具体的基準が細かく書かれており、それらが全て「優れている点」から「手引きが必要な点(特別に心がける必要がある)」まで4段階で評価。担任よるコメントも添えられています。

長男の評価

評価例

「テーブルセッティングや、スナックを食べるためにお菓子やジュースの準備をすること」「自分でトイレに行くこと」などは優れていると評価。
一方で、「リーダーシップ的な役割を引き受けること」「適切な言葉使いを理解すること」などは、予想通り「手引きが必要」とありました。

ツッチー
ツッチー

はっきり言えば最低評価ということ。

担任のコメント

長男は、最初少し恥ずかしがっていましたが、次第にクラスの環境に馴染むようになりました。

クラスメイト(※注 日本人)から日本語で話しかけられた時の方が気楽なように見えます。

今、彼に朝の歌を先導する役割を与えています。
彼は間もなく、英語で話すことに自信を付けるようになるでしょう。

英語の学習については、フォニックス(※注)の発音はすぐに覚え、CVC(※注)ののワードや短いフレーズも読むことができます。語彙や英文の理解は少しずつ進歩しています。

算数については、数のパターン、足し算などの概念を学びました。

自宅と学校での学習を続けていれば、より成果を上げるでしょう。

※フォニックス
「スペリング(つづり)」と「発音」の間にある法則を学ぶことで、英語の正しい読み方をかんたんにマスターする学習方法
※CVCワード
bigやhatのように子音+母音+子音というパターンで三つの文字からなる単語

ツッチー
ツッチー

「クラスに馴染むようになった」と言ってくれましたが、英語に自信がない様子が伝わってきました。
学習については、まあまあ、普通にできているのだと思いました。

次男に対するコメント

次男に対してはこんなコメントが目に留まりました。

彼はクラスのルールや先生の指示を理解して守ります。もし、片付けや、クラス内で走り回らないといったルールに従わない園児がいたら、先生に伝えます。

実は、次男は、日本の保育園の先生にも同じことを指摘されていました。
つまり、言いつけを守らないお友達がいると、先生に告げ口するという行動を取っていました。

「こりゃ、友達に嫌われるわ」と夫婦で笑っていました。

ツッチー
ツッチー

まさかここでも同じふるまいをしているとは!

自宅でも英語を話す保護者が多い

長女の二者面談で「もっと英語を覚えられるように、自宅で英語の本の読み聞かせをしてはどうか」と言われました。
我が家では、日本語も学ばせたいので「自宅では日本語の本しか読んでいない」と伝えると、「なるほど。了解です」と快く納得してくれました。

そこで妻が、長女のクラスで、自宅では英語を話していないお子さんがどのくらいいるか聞いてみました。

長女のクラスはフィリピン人や中国人、ヨーロッパ人など全12人。

先生の回答を聞いて驚きました。自宅で英語を話していないのは、長女だけだというのです。
実際、妻が花子の送迎時にクラスメイトの親ごさんに聞いてみると、その通りだったようです。

フランス人の母親
フランス人の母親

スイス人の夫も私も、子どもには英語で話しかけているわ。理由はもちろん、英語を早くマスターさせたいから。
フランス語を子どもが全く知らないのは残念だけど、あきらめている

フィリピン人の母親
フィリピン人の母親

夫婦ともフィリピン人で、自分たちはローカル言語で育ったけれど、いま家庭では英語だけを話しているわ。
子どもの教育のためにそうしようと夫婦で決めたの。
子どもを私立に入れたのも、外国人の友達をつくり、お友達との普段の会話も英語にさせたいからよ

最後に

フィリピン・セブ島に移住して3カ月後までの子供たちの様子をご紹介しました。

3カ月後には移住生活にも少しづつ慣れましたが、長男の様子が心配になってきた時期でもありました。
一方、次男と長女は、特に問題なく園になじんでいきました。

次回はセブ移住4カ月以降の様子をご紹介します。

次回の記事はこちら

お子様の英語の準備におすすめ「オンライン英会話」

コロナ禍でも利用でき、格安でコスパのよい「オンライン英会話」
まずは、「無料体験」を利用して試してみてはいかがでしょうか。

無料体験できる!

無料体験できる!

 

セブ教育移住
スポンサーリンク
ツッチーブログ
タイトルとURLをコピーしました