スポンサーリンク

息子(年長)が1学年ダウン⇒年相応クラスへ昇級!【セブ 親子 教育移住の記録②】

セブ教育移住2セブ教育移住

英語教育のため一家5人でフィリピン・セブ島に移住した我が家の3人の子供たちの様子を、5歳の長男を中心にご紹介します。
今回(シリーズ2回目)は、移住4~6カ月後、長男が年相応のクラスに進級するまでです。
依然として、コミュニケーションが取れないという心配な状態が続いていますが、学期後半の面談では、年相応のクラスへの昇級が認められました。
幼稚園でのハロウィンパーティーの様子もご紹介しています。

前回の記事はこちら

家族5人でセブ島教育移住(まとめ)はこちらをご覧ください

このシリーズの概要

3人の子供たちは英語力ゼロで幼稚園に入園しました。

5歳の長男は、しばらくの間、クラスでは自分から話さない。友達との交流もあまり見られないという、心配な状態でした。
しかし、約1年半後から、英語で堂々と発表し、積極的に友達とも交流するようになりました。

息子(5歳)が言葉の壁を乗り越えるまで(セブ移住1年10カ月後まで)の記録を4回に分け、次男と長女の様子も交えながらご紹介しています。

フィリピン・セブ移住時の家族構成

私(49歳)、 妻(42歳)
長男(5歳)、次男(3歳)、長女(1歳)


※この記事は、ともに移住し、ともに子育てしている妻がその経験をまとめた著作「あなたのお子さんやお孫さんは英語が話せなくて将来就職できますか?」を参考にしています。

子供たちが通った幼稚園

セブ―ケンブリッジ幼稚園
Cambridge Child Development Centre(ケンブリッジ幼稚園)

長男:Junior kinder(日本では年中)
   途中からSenior kinder(年長)
次男:Nursery(日本では年少未満)
長女:Toddler(2歳前後のクラス)

クラスで所在なさげの長男(セブ移住4カ月後)

文房具

毎朝幼稚園に着くと、太郎は自分でスタスタと教室に入っていきます。

ある日、妻がたまたま見かけた長男の様子です。

その日、妻は長男を園に連れていった後、先生に聞いておくべきことがあったと思いだし、教室に引き返しました。

妻は、太郎が寂しそうにしているのではないか、それをいきなり見てしまったら太郎に悪いのではないかと思って、まずドアのガラス越しに中をうかがったそうです。

案の定、太郎は一人、パソコンに向かって画面を見ていました。
(この幼稚園には各クラスにパソコンが置いてあり、子どもたちも触っていいことになっています。)

他のお友達は、先生や他の子とおしゃべりしながら手を動かしていて楽しそうにしています。
一人で積み木に取り組んでいる子もいますが、目はイキイキとして熱中しているようすです。
それに対して、長男はなんとなく、所在なさげだったとのことでした。。

日本では保育園に迎えに行くと、お友達とトランプの真っ最中でなかなかやめられないなんてこともありましたが、今はお友達との関わりが見られません。

やはり、幼稚園での長男の様子は心配でした。

でも太郎は幼稚園を「楽しい」といいます。
また、何かの話の折に、クラスメイトとの楽しげなエピソードを話すこともあります。特に喜ぶ風でもありませんが。
「僕の弁当に添えてあったチョコレートスナックを、3人のお友達が羨ましがったから、みんなに分けてあげたんだ」などと。

ツッチー
ツッチー

文句も言わず、幼稚園に通う長男が不憫でした。
ここに連れてきた責任も感じましたが、今は見守っていくしかありません。
彼を肯定してあげるなど、できることをやっていくしかないと思いました。 

自宅では日本語で書かれた本を読みまくる

日本の本

自宅では、長男は日本語で書かれた本(子供向けの本や漫画)を読みまくっていました。
彼は日本にいた頃から本が好きで、毎週図書館で大量に借りていました。

セブに100冊持ってきた(日本から船便で送った)本を小出しにしていましたが、長男は一日に1~2冊読み切ってしまうから全然足りず、追加注文しました。

読んだことのない本をいくらでも図書館で借りられた日本との違いを残念がりつつ、彼は同じ本を飽きずに何度も読み返していました。
「早くシャワーを浴びなさい」などと声をかけるとしぶしぶ動き出すが、そんな時は本を読みながら歩き、まるで「二宮金次郎」。日本にいた頃も同様でした。

弟とは、じゃれあったり、ボードゲームをしたり、妹にはいつも優しいお兄ちゃんで本を読み聞かせてやる姿も見られ、家ではよく笑っていました。

幼稚園でのハロウィンパーティー(セブ移住5カ月後①)

セブ幼稚園-ハロウィン
ハロウィンパーティーに参加した3人の子供たち

ハロウィンは10月31日で、幼稚園では10日間の休暇に入る前日、10月24日にハロウィンパーティーが行われました。
子どもたちも先生も仮装していて、幼稚園全体がお祭りムードでした。

私の子供3人も、忍者、海賊、魔法使いに扮して参加しました。
衣装はショッピングモールで購入したものです。

セブ幼稚園-ハロウィン
様々な衣装の子供たちで賑わう幼稚園

長男の進級(セブ移住5カ月目②)

私と妻は、太郎を年長クラスに昇級させてほしいと要望していました。

そして、幼稚園に通い始めて5カ月目、教頭と面談し、その結果を知らされました。

長男は年齢より一学年下のクラスに所属していました。
いまだに幼稚園では無言で、せいぜい首を縦か横に振って意思を示している状態。

そんな状態なのにおこがましいが、長男を年相応の年長クラスに昇級させたいと考えるようになっていました。
というのも、いずれは周囲と比べて英語力は遜色なくなるはずなのに、小学校に入学するのが一年遅れたら、年相応の学年に入れなくなるからです。

そして、面談では、うれしいことに、1年上のクラス(年相応のクラス)への進級が認められました。

教頭から伝えられた長男の評価は以下の通りでした。

  • 英語は話さないが理解し始めており、ペーパーテストの正解率は良い
  • 算数は非常に良くできている
  • 精神的にも成熟している

これを長男も喜びました。日本にいた時から、園のお昼寝の時間だけは嫌いで、来年もお昼寝が必須の幼稚園に残ることにショックを受けていたからです。

年長に上がれば、今後、入試(卒園テスト)の壁はありますが、あと半年で卒園して小学校に入れるかもしれないと思いました。

進級した年長クラスで発表会(セブ移住6カ月後)

セブ幼稚園-発表会
グループの発表(右端が長男)発表できない長男のパートは先生が代わりに話してくれました

10日間の休暇が明け、11月から年相応の年長クラスに移りました。
そして、昇級した一週間後に、年長クラスの2学期の成果を披露する学習発表会に参加しなくてはなりませんでした。

保護者の前で子どもたち一人ひとりが、自己紹介と学習成果を一言ずつ発表し、その後みんなでダンスを披露するプログラムです。
会場は、セブ郊外の山の中腹にある自然豊かな公園でした。

しかし、長男はまた、ほとんどできませんでした。
自己紹介は聞こえず、学習成果は答えられないので、長男のパートだけは先生が代わりに話してくれました。

ダンスは、一生懸命周りを見てあわせようとしていましたが、一人だけ全く踊れていませんでした。

それでも発表会の会場に嫌がらずに行き、妻の手を引いてステージに上がった以前のようなこと(記事①で紹介)はなく、1人でステージに立てました。

上手くできなかったのは、クラスに上がったばかりで、あまり練習していなかったのだから仕方がありません。
そう思う一方、他の子と肩を並べて発表できる日はくるのかと、モヤモヤした気分になってしまいました。

ツッチー
ツッチー

保護者たちが持ち寄ったスパゲッティーやドーナツを無邪気に食べる長男の姿が救いでした。

多様性を受け入れる子供たち

セブ幼稚園-発表会
多様な子供たちがいるケンブリッジ幼稚園(写真は長男が在籍した年長クラス)

子供たちがケンブリッジ幼稚園に通って、良かったと思うことの一つは、子供たちが多様性に富み、子供たち自身が自然とそれを受け入れていることです。

例えば、長男の年長クラスの子13人は皆、肌・目・髪の色も、体格も、母語も文化も生まれ育った国も、その他の面でもバラバラ。
大人だと身構えてしまうようなそんな相違を、この子たちは全くそうとは受け止めず、友達を純粋な目で見つめ、心を開いて積極的に関わろうとしています。

また、この年長クラスには軽い自閉症のフィリピン人の男の子がいて、常に専属の先生(シャドーティチャー)が見守っていました。
その子と先生を何度か目にしていたはずですが、その子の障がいにしばらく気づきませんでした。
発表会のステージでもきちんと名前を言えていて、誰もその子を特別扱いせず一緒に学び、遊んでいました。

年長ともなると友達のお世話をしたい、関わりたいと思う気持ちを持つ子も多いようで、愛想のない長男に対しても朝は必ず「ハーイ、〇〇(名前)」と声をかけてくれます。

以前の長男は、失礼なことに聞こえないふりをしていたのですが、年長に上がってからしばらくすると、相手に両手のひらを向けてハイタッチで応じるようになりました。
でも断固として口は開かず、相手の子の名前すら発しない頑(かたく)なぶりです。

そんな奇妙な長男にも、懲りずに「ハーイ、〇〇」と声をかけてくれる気のいいクラスメイトばかりなのが有難かったです。

移住に当たり、英語教育の文献を調べていた妻は、その内容を踏まえて以下のようなことを言っていました。

言葉を発するまで長い期間黙り続ける外国在住の日本人のお子さんの例があるので、長男の英語を心配してはいない。いつか必ず話し出すから。
むしろ、なかなか英語が話せず苦労しているこの時期のことを、そして皆さんから受けている数々の好意を、長男がどう受け止め、成長に生かしていくかが楽しみだ。
親は過分に、我が子がみなさんに迷惑をかけていないかなどと心配する必要は全くない。
子どもは、たくさんのことを子ども同士から学ぶ。大人は先回りし、効率を優先しがちだが、それでは子どものかけがえのない学びの機会を奪うのではないだろうか。

ツッチー
ツッチー

非常にスローで、まだまだですが、友達との関わりが少しづつでてきたようです。
そんなにあせる必要はないと思いました。

最後に

フィリピン・セブ島に移住して4~6カ月後までの子供たちの様子をご紹介しました。
今回は次男と長女の様子をほとんど紹介しませんでしたが、2人はクラスに馴染んで楽しく過ごしていました。

長男は、学習面では問題なく、年相応のクラスに上がることができ、ひとまずホッとしました。
依然として、長男は言葉をあまり発せず、クラスメイトとの関わりのない心配な状態でしたが、若干良い兆しもありました。

新しいクラスでの変化への期待もありましたが、まだ幼いので、プレッシャーにならぬよう見守っていきたいと思いました。

次回はセブ移住7カ月以降の様子をご紹介します。

次回の記事はこちら

お子様の英語の準備におすすめ「オンライン英会話」

コロナ禍でも利用でき、格安でコスパのよい「オンライン英会話」
まずは、「無料体験」を利用して試してみてはいかがでしょうか。

無料体験できる!

無料体験できる!

 

セブ教育移住
スポンサーリンク
ツッチーブログ
タイトルとURLをコピーしました