スポンサーリンク

息子(小学生)がダメ児童から脱皮!【セブ 親子 教育移住の記録③】

セブ教育移住3セブ教育移住

英語教育のため一家5人でフィリピン・セブ島に移住した我が家の3人の子供たちの様子を、5歳の長男を中心にご紹介します。

今回は、セブ移住7カ月~1年1カ月後、長男の幼稚園の卒園や発表会などでの様子です。
依然として、コミュニケーションがあまり取れないという心配な状態が続いていましたが、学期末の発表会では、しっかりと発表し、成長した姿を見せてくれました。
感動的な卒園式の様子もお伝えします。

前回の記事はこちら

家族5人でセブ島教育移住(まとめ)はこちらをご覧ください

このシリーズの概要

3人の子供たちは英語力ゼロで幼稚園に入園しました。

5歳の長男は、しばらくの間、クラスでは自分から話さない。友達との交流もあまり見られないという、心配な状態でした。
しかし、約1年半後から、英語で堂々と発表し、積極的に友達とも交流するようになりました。

息子(5歳)が言葉の壁を乗り越えるまで(セブ移住1年10カ月後まで)の記録を4回に分け、次男と長女の様子も交えながらご紹介しています。

フィリピン・セブ移住時の家族構成

私(49歳)、 妻(42歳)
長男(5歳)、次男(3歳)、長女(1歳)


※この記事は、ともに移住し、ともに子育てしている妻がその経験をまとめた著作「あなたのお子さんやお孫さんは英語が話せなくて将来就職できますか?」を参考にしています。

子供たちが通った幼稚園

セブ―ケンブリッジ幼稚園
Cambridge Child Development Centre(ケンブリッジ幼稚園)
長男:Senior kinder(日本では年長)
次男:Nursery(日本では年少未満)
長女:Toddler(2歳前後のクラス)

クリスマスミュージカル(セブ移住7カ月後)の紹介

セブ島教育移住3
高学年の子供たちの発表
クリスマスミュージカル

ミュージカルのチケット

ケンブリッジ幼稚園では、12月に「クリスマスミュージカル」が開催されました。名作「アニー」を元にしたミュージカルです。

幼稚園と隣接するセージプレップ(小学~高校)の子供たち全員が参加。
近くの大学のシアターを会場に、両親や家族らに歌や踊りを披露する一大イベントです。

日本で言うと学芸会のようなものですが、照明や衣装選定などは本格的です。

子供たちは、幼稚園の年少から、小学校の高学年まで、学年ごとに授業の中で練習。皆、役に合った衣装を着て本番に臨みます。
各学年で、積極性のある子、しっかりとした子がメインキャストに選ばれます。

私の子供3人は、その他大勢の役でした。
演出が本格的な分、“やらされている感”は否めませんが、一生懸命、慣れない歌や踊りを披露してる姿は可愛かったです。(親バカです)

ツッチー
ツッチー

フィリピン人は踊りが身近な文化のようで、踊りのレベルが高い子が多いです。
そういう子は思わず見入ってしまいます。

発表会について

幼稚園や小学校によっても違いますが、ケンブリッジ幼稚園やセージプレップでは歌や踊りに力を入れていて、節目節目に発表会があります。
その都度、衣装を用意するのですが、思ったようなものが簡単に入手できないことが多く、なかなか大変です。

ケンブリッジ幼稚園の卒園テストに合格(セブ移住9か月後)

テスト-イメージ

長男は、年長クラスに入っても、英語と、友達との関わり方にそれほど進展は見られませんでした。

年が替わって2月に入り、いよいよ年長クラスの生徒が卒園テストを受ける日となりました。

テストで合格点を取らないと正式な卒園証書はもらえず、補習を受けることになる厳しいものでした。
しかも、隣接する小学校(姉妹校)に入学を希望している太郎にとっては、入試にもあたるテストでした。

テストは、算数、英語、理科の3科目。

長男は、マンツーマンレッスンを受けてはいるものの、自宅では勉強しないし、親としても無理に勉強させることもないまま、あっという間にテスト期間を迎えました。

算数のテストの日、担任の先生によると「長男はクラスで二番目に早く終えて、提出した」という。
先生が「算数はどうだった?」と聞くと、「イージー(簡単さ)」と答えたそうでした。

随分と自信たっぷりの言葉で、親としては恐縮の限りですが、「レースのように早く終わらせようとするのは生徒全体の傾向」だそう。
長男は算数が得意なので、英語と理科の足りない分をカバーできたらと思いました。

そして、テスト期間終了後、長男を含むクラス全員が合格。

担任が答案用紙を見せながら間違えた箇所などを説明してくれました。

驚いたことに、英語はほぼ満点。
算数は、プラスとマイナスの見間違いなど凡ミスが何カ所もありました。
理科は数カ所の間違えで済みました。

「英語のおかげで合格する」という予想外の結末。

でも、よく考えてみると、クラスメイトのほとんどは、英語は大丈夫なのでマンツーマンレッスンを受けてはいません。
長男は英語のプリントにも取り組んでいるので、テストは得意なのかもしれないと思いました。

ちなみに、英語の問題は例えばこのような感じです。

  • 「ピーターはペットとして鳥を飼っている。ペットはかごに入っている」「水の中にいる動物」などの英文を読んでそれを絵で描き示す
  • バスの中に子どもがたくさんいるイラストと虫食い状態になっている英文を見て、前置詞を「in, out, beside」から選ぶ

頼もしい姿を見せてくれた学習発表会(セブ移住10か月後①)

セブ島教育移住3
学習発表会を行ったトップス展望台。セブの街が一望できます。

年長組最後の学期末、3月上旬に長男の学習発表会が開かれました。
場所は、セブ島の有名な観光スポットの一つ「トップス(TOPS)展望台」です。

今学期に学んだ「太陽系」について、一人ひとりが発表するものでした。

担任の先生に当てられた子が、保護者らが見つめるステージに立ち、与えられた質問に対して説明する。

どの順にどんな質問で当てられるかはすでに決まっているようでしたが、長男がそれをこなせるとは思えませんでした。

女の子が、緊張のあまり声が小さくなってやり直しさせられたり、男の子が「僕、何を言うか忘れちゃったよ」とステージ上でへそを曲げ、5分ほど口をきかなくなったりして、英語力に問題がない子にも難しすぎる設定にみえました。

セブ島教育移住3
発表する長男(中央)

そして、長男の出番が来ました。

私も妻もドキドキで、過去の発表会での長男のみじめな姿が思い浮かびました。

先生
先生

〇〇(名前)、木星について説明しなさい

すると、長男は空(くう)の一点を見つめながら緊張した面持ちで、でもはっきりと大きな声で話し出しました。

長男
長男

Jupitar is the biggest planet in the solar system. Many planets can fit into it.(木星は太陽系の中で最も大きな惑星です。多くの惑星が木星に吸い込まれます)

長男が人前で、英語で発言できた!拍手を浴びながら、長男はステージ端のクラスメイトの列に戻っていきました。
私も妻も驚いて、長男を見つめていました。

それに対して、長男は自分の出番が終わって余裕ができたこともあってか、いい笑顔を返してくれました。

ツッチー
ツッチー

いつの間にか成長していたことに感激。
この時ばかりは小さな長男が頼もしく感じました。

感動的なケンブリッジ幼稚園の卒園式(セブ移住10か月後②)

セブ島教育移住3
トーガを付けた長男

発表会の数日後、近隣の大学の講堂を借り切って、卒園式が行われました。

卒園生は白いトーガ(マントと帽子)をつけています。
日本とは雰囲気が違い、まるで大学生のような恰好です。

呼ばれて一人ずつステージに上がると、男の子は紳士のように片足を後ろに下げて、女の子は淑女のようにスカートを両手でつまみもって、客席に向かって頭を下げます。
いったんステージから降りて、今度は卒園証書授与。校長から一人ずつ受け取る時には、なんと両親も一緒にステージに上がり拍手を浴びる形です。

ツッチー
ツッチー

※ステージに上がることを知らなかったので、私も妻も慌てました。

セブ島教育移住3
卒業生による出し物(空手を取り入れた踊り)
セブ島教育移住3
卒業生の生い立ちをスライドで紹介

次男と長女を含む在園生による踊りが披露された後は、本日の主役である卒園生の出し物。

男の子はネクタイ姿、女の子は華やかなドレスに着替え、男女ペアのダンスを披露したり、各卒園生のプライベートや赤ちゃんの頃の写真がスライドで映しだされたり、卒園生一人ひとりがマイクを持って、両親に感謝の言葉を述べるサプライズがあったりで、楽しくて感動的でした。

ツッチー
ツッチー

成長した長男の姿が誇らしく思えました。

「どうしたら僕にも友達ができるのかな…」

長男は、発表会では成長した姿を見せてくれましたが、友達とのコミュニケーションはままならないままに終わってしまいました。

クラスメイトに英語で話しかけられると、太郎の表情はこわばってしまいます。

友達みんなが楽しそうにおしゃべりしている輪を、常に一歩後ろから寂しそうに見てます。

卒園式の会場に向かう時まで「どうしたら僕にも友達ができるのかな」とつぶやいていました。

就学前だから、外国の幼稚園でもすぐに楽しく過ごせると思っていましたが、長男に関してはそうはいかきませんでした。

長女はクラスになじんでいます。

年相応の年少クラスに昇級した次郎も、クラスが楽しくてしょうがない様子です。

次男の話す英語は語順がメチャクチャですが、この年で家庭教師をつけるクラスメイトはいないからか、「お勉強ができる」と先生によく褒められます。

次郎と同じ年齢の日本のお子さんが、うちより後に続けて転入してきたのもラッキーでした。

一方、長男はクラスで一番話さない子の位置は最初から最後まで変わりませんでした。

日本語と比べ物にならないほど語彙も表現力も乏しい英語を、太郎は口にしたくないようです。

太郎の年齢になると、友達と言葉でコミュニケーションをとりながら遊んだり、クラスの取り組みとしてディスカッションしながらプロジェクトを進めたりすることが求められるので、ハードルは高いのです。

それでも、性格によるのか、乏しい英語力でもどんどんクラスメイトの中に入っていく子供もいます。

日本語に関しては、長男はセブに居ながら日本語の本を読み続けて、語彙を増やしています。
長女に「そんなにかわいくしたら、みんなが見とれるんじゃない?」と言ったり、次男に「少し頭を冷やしたほうがいいよ」など、日本にいた時には使わなかった表現も口にしています。

この後、長男のセブ二年度目に入ります。

ツッチー
ツッチー

2年目がどんな年になるか予想がつきませんでした。友達の関わりなど不安を抱えながら、どんな成長がみられるか期待も入り混じった気持ちでした。

日本の小学校に通う(セブ移住11か月後~1年1カ月後)

セブ島教育移住3
札幌の実家で

卒園式翌日の飛行機で、私たちは日本(札幌)に帰りました。
3カ月間の長期休みは実家に再び居候し、そこから太郎は近所の小学校に通いました。

この学校は一学年の生徒が30人弱おらず、市の学校統廃合計画の俎上に上がっていました。

長男は、日本の小学校を楽しみました。
入学式から出席したので、「セブから来た」と目立つこともありませんでした。

クラスのお友達とあっという間に仲良くなり、男の子とも女の子ともよくしゃべり、遊んでいました。

学校図書館の本を毎日数冊借りていく姿は目立ち、「クラスで一番、本を読む子」と先生に褒められました。
5月末の運動会にも参加し、短い期間だったが、とてもいい思い出になったと思います。

友達と別れる辛さで、セブに戻る前の晩、太郎は泣き出しました。

「セブに行きたくない」と言われるかと思いましたが、長男はセブの小学校に入るのも楽しみだと言いいました。
「また来年3月に日本のお友達に会いに戻ってこようね」と話すと、落ち着きを取り戻しました。

最後に

フィリピン・セブ島に移住して7カ月~1年カ月後までの子供たちの様子をご紹介しました。

次男と長女はクラスに馴染んで楽しく過ごしていましたが、長男は新しいクラスでもクラスメイトとの関わりがあまりなく、心配な状態が続いていました。

ただ、後半の発表会で、それまでとは違ってしっかりと発表できたことはよい兆しでした。

また、それまで同様、嫌がらずに学校に行くことが救いでした。

まだ幼稚園年長。引き続き、あせらず、プレッシャーにならぬよう見守っていきたいと思いました。

次回は移住1年2カ月後以降の様子をご紹介します。

次回の記事はこちら

お子様の英語の準備におすすめ「オンライン英会話」

コロナ禍でも利用でき、格安でコスパのよい「オンライン英会話」
まずは、「無料体験」を利用して試してみてはいかがでしょうか。

無料体験できる!

無料体験できる!

 

セブ教育移住
スポンサーリンク
ツッチーブログ
タイトルとURLをコピーしました