スポンサーリンク

【カルチャーショック】フィリピンのトイレ事情と使い方(セブ移住生活)

トイレセブの生活

フィリピン・セブに移住して7年目のツッチーです。

フィリピンを訪れた日本人が避けては通れない問題に、フィリピンのトイレ事情があります。

トイレ自体と使い方が日本とはかなり違うので、ほとんどの方がカルチャーショックを受けると思います。

7年前と比べるとかなり改善されてきましたが、それでも日本と比べると汚いトイレが多いです。

ここでは、フィリピンのトイレの使い方を整理し、対応方法をご紹介します。

日本のトイレとの大きな違い

日本のトイレとの大きな違いは以下の3点です。

  • 便座がない
  • 紙を流せない
  • トイレットペーパーを置いていない

カルチャーショックを受ける日本人も多いと思いますが、かつての日本の和式トイレも外国人にとってはきっとカルチャーショックだったと思います。

では、詳しくみていきましょう

フィリピンのトイレには便座がない!?

衝撃の便座なしトイレ

フィリピンのトイレ
dav

初めて見たときは!?でした。
「どうやって使うのだろう」
いろいろ想像しましたが、結局、腰を浮かせて中腰状態で使用しました。

もう若くないので中腰は大変です。

ベビーワイプ

最近は、ベビーワイプ(消毒液付きティッシュ)で拭いて、直に座っています。

直座りは抵抗がある方も多いかもしれません。

「シートカバー」を使っている方もいるようです。

地元の人は、トイレの便器に両足を乗せて、用を足している人もいるようです。

便器の縁は細いし、滑りやすいし、アクロバティックです。

まだまだ多い便座なしトイレ

フィリピンのトイレ
キレイで便座付きだったある病院のトイレ

フィリピンでも富裕層向けのコンドミニアムや住宅、高級ホテル、ショッピングモールなどでは、日本のトイレと同様のトイレもあります。

しかし、公共の場では、多くの場合、便器に便座がありません。

私が移住した7年前と比べると便座付きのトイレは増えてきましたが、まだまだ便座なしの便器が多いです。

私が住んでいるアパートのトイレには便座はありますが、買い物など外出の際には便座なしを使う場合が多いです。

私もそうでしたが、日本人は衝撃を受ける方が多いのではないでしょうか。

フィリピンのトイレでは紙を流せない

フィリピンのトイレ
トイレの横に置かれたゴミ箱に紙を捨てます。

フィリピンでは基本、水洗トイレで紙を流してはいけません。

使用済みの紙は、個室に置かれているゴミ箱に捨てます。

「トイレットペーパーは流さないで下さい」張り紙を貼っているところも多いです。

フィリピンのトイレは排水管が細く、水流が弱いことや、水に溶けやすいティッシュが十分普及していないためのようです。

これもカルチャーショックでした。

日本では、使用すみの紙は流して、おさらばというのが当たり前でしたので。

汚れた紙がゴミ箱に残っているのはちょっとなぁ。

フィリピンの公衆トイレにはにトイレットペーパーがない

トイレットペーパー

フィリピンではスーパーやレストラン、公共施設などのトイレには、基本、トイレットペーパーが設置されていません。

ですので、外出する際はティッシュペーパーを必ず持ちましょう。

たまに、トイレの入り口のところにトイレットペーパーがある場合がありますが、個室に入る前にまとめて確保しなけれればなりません。

ローカルなトイレ

フィリピンの一般家庭バやローカルなスーパーマーケット、公衆トイレなどは以下のようなトイレが使われています。

タボ(手桶)と水の入ったバケツ

タボ

用を足した後、片手で手桶を持ち、もう片方の手で水をすくって、おしりを洗います。

手でお尻を洗うのにはちょっと抵抗がありますが、紙で拭くよりキレイになります。

ミニシャワーが設置されている

フィリピンのトイレ

タボの進化型。シャワーでおしりを洗います。

自分で水を流すタイプ

水洗用のタンクがないので、用を足した後に水をすくって流します。
手動式の水洗トイレという感じ。

手桶やシャワーで水使うと床が水浸しになりそうですが、実際、床が濡れているトイレが多いようです。

トイレはCRと呼ばれる

フィリピンではトイレのことをCRと呼びます。

Comfort Room(コンフォート ルーム)の頭文字を取っています。

ショッピングモールなどで店員やガードマンにトイレを尋ねる場合、「Where is CR?」「CR?」などと尋ねましょう。

「Toilet」「RestRoom」でもよいですが、「CR」の方がシンプルで伝わりやすいです。

発音は「シーアール」ではなく、「スィーアール」という感じで伝わると思います。

フィリピンのトイレ事情 まとめ

フィリピン・セブに7年も住んでいると、あまり気になりませんが、初めてフィリピンを訪れた方は、トイレに入って驚かれると思います。

多少、予備知識があると、心構えや必要なものの用意ができる思います。

海外移住や留学の準備におすすめ「オンライン英会話」

コロナ禍でも利用でき、格安でコスパのよい「オンライン英会話」
まずは、「無料体験」を利用して自分に合うかどうか試してみてはいかがでしょうか。

無料体験できる!

無料体験できる!

 

セブの生活
スポンサーリンク
ツッチーブログ
タイトルとURLをコピーしました