スポンサーリンク

【ブラロ】(bulalo)おすすめフィリピン料理レシピ

ブラロ 料理セブの生活

フィリピン料理のおすすめレシピをご紹介します。

私(ツッチー)はフィリピン・セブに移住して7年目。
家族5人の食事を毎日作っています。

今回は、フィリピン料理の数少ないレパートリーの中から、フィリピンの人気家庭料理「bulalo」(ブラロ)をご紹介します。(圧力鍋を使った方法です)

bulaloは牛の骨付きすね肉を使ったスープです。
簡単で美味しいのでおすすめです。

フィリピンの人気家庭料理「bulalo」(ブラロ)について

フィリピンのスープ料理は「シニガン」が有名ですが、「ブラロ」もとても人気があります。
私の住むセブでもたいていのレストランで食べられます。
牛肉の濃い出汁がきいてとても美味しいです。

シニガンは酸味が強くちょっとクセがあるので、日本人など外国人には、合わない人も多いと思います。

一方、ブラロは万人ウケする味で、初めて食べる人でも食べやすいです。

私は、住んでいるアパートの大家さんにもらって美味しかったので、材料や調味料などを聞いたのをきっかけに作り始めました。

フィリピンの独特な調味料「パティス」について

ブラロは、フィリピンではどこの家庭にもあると言われる「パティス」(Patis)という調味料を使います。

パティスは、東南アジアで広く使われている魚醤のことで、タイでは「ナンプラー」と呼ばれています。

独特な風味があり、味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなどに使われています。
これを少し加えると味がフィリピンっぽくなると言う方もいます。

値段も安く小瓶で50円程度で買えます。

簡単「bulalo」(ブラロ)のレシピ

ここでは圧力鍋を使って短時間で出来るレシピをご紹介します。
フィリピンでは、鍋で長時間煮込んでつくるようです。

牛肉 すね肉
牛の骨付きすね肉
チンゲン菜
Petcayという野菜(チンゲン菜のようなもの)。価格は安いです。

ブラロ ( 4~5人分)の材料と調味料

材料

  • 牛の骨付きすね肉(Bone in Beef Shanks) 500g
  • 玉ねぎ 中1個
  • Petchay(フィリピンのチンゲン菜のような)2束
  • カラマンシー ※お好みで入れて食べる
    ※シメジなどのキノコ類を入れると更においしいです。

調味料

  • 黒胡椒 適量
  • 塩 大さじ1
  • Patis 大さじ1~2
  • 水 1L
チンゲン菜
トウモロコシとPetchay。写真のトウモロコシは茹でていますが、鍋に入れるのは茹でていないトウモロコシでOKです。
ブラロ 料理
最初に肉や玉ねぎを炒めます。
料理の手順
  1. 玉ねぎ、Petchayは食べやすい大きさに切る。
  2. 圧力鍋に油を引き、玉ねぎ、牛肉を炒める。
  3. 調味料を入れ、高圧で20~25分 火にかける。
  4. 火を止め、圧が下がったら、チンゲン菜を入れ、ひと煮立ちさせて完成
  5. カラマンシーをお好みで入れる。
カラマンシー

カラマンシー。
日本ではゆずのような柑橘系の果物で、フィリピンでは、ジュースの材料として人気があるほか、様々な料理に使われています。
レモンのように絞って使います。

海外移住や留学の準備におすすめ「オンライン英会話」

コロナ禍でも利用でき、格安でコスパのよい「オンライン英会話」
まずは、「無料体験」を利用して自分に合うかどうか試してみてはいかがでしょうか。

無料体験できる!

無料体験できる!

 

セブの生活
スポンサーリンク
ツッチーブログ
タイトルとURLをコピーしました