スポンサーリンク

【チャプスイ】おすすめフィリピン料理レシピ

チャプスイ-料理セブの生活

フィリピン料理のおすすめレシピをご紹介します。

私(ツッチー)はフィリピン・セブに移住して7年目。
家族5人の食事を毎日作っています。

今回は、フィリピン料理の数少ないレパートリーの中から、フィリピン風の八宝菜と言われるチャプスイ(Chopsuey)をご紹介します。

フィリピン生活では、野菜不足気味なので、野菜をたくさん入れて、時々作っています。

ツッチー
ツッチー

簡単で美味しい。材料も色々なものを入れられるのでおすすめです。

フィリピン風の八宝菜「チャプスイ」

チャプスイはポピュラーなフィリピン料理で、私の住むセブでもたいていのレストランで食べられます。

私は、住んでいるアパートの大家さんにもらって食べた時に、美味しかったので、材料や調味料などを聞いたのをきっかけに作り始めました。

八宝菜的な料理なので、基本の味付けさえできれば、何を入れてもよく、あり合わせ材料でも作ることができる料理です。

塩ベースの飽きのこない味で、野菜がたくさん食べられてヘルシーです。

チャプスイを調べてみると、ウィキペディアでは、アメリカ式中華料理の一種とありました。

チャプスイ(広東語 雜碎、英語 chop suey)は、アメリカ式中華料理の一種である。広東省台山式の広東料理、炒雜碎(チャーウチャプスイ)がもとになった料理で、モツまたは豚肉や鶏肉、タマネギ、シイタケ、モヤシなどを炒めてスープを加え煮た後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、主菜としてそのままあるいは白飯や中華麺に掛けて食す。

チャプスイは、沖縄の食堂でもポピュラーなメニューのようです。
沖縄はアメリカ軍による占領時代、フィリピンもアメリカの植民地時代があったので、その名残なのかもしれません。

フィリピンのポピューラな野菜「サヨーテ」について

サヨーテ

チャプスイは、家庭によって具の中身が違うようですが、フィリピンでは「サヨーテ」(Sayote)という野菜を入れるのが一般的なようです。

私もせっかくフィリピン料理を作るのだからと、アンパラヤを必ず入れています。

サヨーテは、ウリの一種で、日本では漬物などにされるハヤトウリ(隼人瓜)のようです。

サヨーテ
サヨーテを2つに切ったところ。真ん中に種のようなものがある。
サヨーテ
皮をむいてから短冊切りにしたところ。

見た目は果物のようで、皮をむき、真ん中の種のようなものを取り除いて、食べやすい大きさにカットします。

緑色ですが、触った感じ、触感は大根のような感じです。
味はクセがなく、食べやすいですが。

私はチャプスイ以外の美味しい食べ方は分かりませんが、フィリピンでは豚肉と炒めて食べたりすることが多いようです。

簡単!チャプスイのレシピ

チャプスイ( 4~5人分)の材料と調味料

材料

  • 豚バラ肉 300g
  • サヨーテ 1個
  • ブロッコリー 1株
  • キャベツ(白菜)400~500g
  • ニンジン  1/2
  • 玉ねぎ 中1個
  • ヤングコーン缶(ホールコーン缶でもOK)1/2~1缶
  • ウズラの卵(なければ普通の卵)適量

合わせ調味料

  • チキンコンソメ 大さじ1/2
  • 醤油 大さじ1/2
  • 砂糖 大さじ1/2
  • 塩 小さじ1
  • 水 250ML

分量外調味料

  • 酒/醤油 大さじ2 / 小さじ1 (肉の下味用)
  • 胡椒 適量
  • 水溶き片栗粉 適量
チャプスイ-料理

チャプスイの作り方

  1. 豚肉を一口大に切り、下味用の酒と醤油を揉みこみます。(5分以上置く)
  2. 野菜を食べやすい大きさに切ります。
    卵は茹でておきます。
    ブロッコリー、アンパラヤを軽く茹でておきます。
  3. 肉⇒野菜(ニンジン、玉ねぎなど)⇒野菜(キャベツ、ブロッコリー、アンパラヤ)の順に炒めます。
  4. 火が通ったら調味料とコーンを入れます。
  5. 水溶き片栗粉をいれてとろみをつけます。
  6. 煮立ったら、塩・胡椒で味を調えます。
  7. あらかじめ茹でた卵を入れて完成。

海老や、キノコ類(舞茸、シメジ)、インゲンなどを入れると更に美味しいです。

海外移住や留学の準備におすすめ「オンライン英会話」

コロナ禍でも利用でき、格安でコスパのよい「オンライン英会話」
まずは、「無料体験」を利用して自分に合うかどうか試してみてはいかがでしょうか。

無料体験できる!

無料体験できる!

 

セブの生活
スポンサーリンク
ツッチーブログ
タイトルとURLをコピーしました