スポンサーリンク

【新型コロナ】フィリピンの空港で接触確認アプリ「Traze」を義務付け

コロナ接触確認アプリセブの生活

フィリピンの全ての空港で、2020年11月28日(土)より、新型コロナウイルス感染者との接触追跡を行うスマートホン用アプリ「Traze」を使用することが義務付けられます。

搭乗者は空港到着前にアプリをインストールし個人情報を登録しておくことが必要となります。

アプリ利用の流れなどをご紹介します。

フィリピンの空港で11月28日から接触確認アプリを義務化

フィリピン運輸省は、11月28日から、フィリピン国内全空港において、新型コロナウイルス感染者との接触追跡を行うスマートホン用アプリ(TRAZA)を導入すると発表しました。

現在、同アプリは試験的に運用されていますが、11月28日以降、全ての出発・到着客に対し、事前に同アプリをダウンロードし、必要情報を登録しておくことが義務付けられます。

空港を利用される方は事前に準備しておくとよいでしょう。

アプリ「TRAZA」導入の流れと利用方法

TrazeのWEBサイトによると、アプリ導入と利用方法など詳細は以下のようになっています。

アプリの特徴
・ORコードを使用
・GPSやBluetoothを使用しない
・オフラインで動作する(履歴の更新はオンラインで行う)

アプリを利用するメリット
新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性があると利用者に通知されます。

アプリの導入方法

  1. モバイルストアからTRAZEアプリをダウンロードし、スマホにインストール
  2. アプリを開き、下の[登録]ボタンをクリック。「個人」として登録
  3. アプリに表示されている指示に従い、必要な個人情報を入力
  4. アカウントをアクティブ化する

空港での利用方法
空港では、チェックインカウンターやイミグレーションカウンター、出発・到着ゲート、荷物受け取り場所、エアポートタクシーなど、それぞれの場所でQRコードをスキャンします。

フィリピン運輸省(フェイスブック)
(接触追跡アプリ「TRAZA」の義務化、登録方法について)
11月14日現在、こちらには、TRAZEのダウンロードリンクが載っていないので、TRAZEのホームページからダウンロードします。

IMPORTANT ADVISORY ALL airport passengers MUST download and register an account in the TRAZE Contact Tracing App…

Department of Transportation – Philippinesさんの投稿 2020年10月28日水曜日

 

日本の新型コロナウイルス感染者接触追跡アプリについて

新型コロナウイルス感染者との接触追跡アプリは世界各国で利用されています。

日本では、厚生労働省が、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を開発し、6月19日にリリースしています。

「COCOA」はスマホの近接通信機能Bluetooth(ブルートゥース)を利用したアプリです。
国や自治体が普及促進を呼びかけていますが、なかなか浸透せず、利用者数は伸び悩んでいるようです。

海外移住や留学の準備におすすめ「オンライン英会話」

コロナ禍でも利用でき、格安でコスパのよい「オンライン英会話」
まずは、「無料体験」を利用して自分に合うかどうか試してみてはいかがでしょうか。

無料体験できる!

無料体験できる!

 

セブの生活
スポンサーリンク
ツッチーブログ
タイトルとURLをコピーしました