スポンサーリンク

不要な段落ブロックを削除するには【Word Pressブロックエディター】

ブロックエディタ―使い方Word Press

ブロックエディターで記事を作成していると、以下の画像のように、その途中で不要なブロック(空白の段落ブロック)ができてしまうことがあります。

これを消さないと、不要なタグが入ってしまいます。

不要なブロックはその都度、削除する必要がありますが、空のブロックはが意外と分かりにくいです。

ここでは、空白の段落ブロックを削除する方法をお伝えします。

ブロックエディターの使い方総まとめについてはこちらをご覧ください。

ブロックを削除する方法(基本)

まず、基本のおさらいです。

テキストや画像などが入ったブロックを削除するには、ブロックを選択すると、ツールバーが表示されます。
ツールバー右側の3点マーク(詳細設定)をクリックすると、メニューが表示され、「ブロックを削除する」をクリックすると、ブロックが削除されます。

しかし、空白の段落ブロックはこのツールバーが表示されません。

空白の段落ブロックを削除する方法

ツールバーが表示されない空白の段落ブロックを削除する方法です。

最初でも紹介した例で、真ん中の不要な段落ブロックを削除します。

①Deleteキーを使う方法

空白ブロックの「文章を入力、または / でブロックを選択」と表示されている部分にカーソルを置きます。

この状態でDeleteキーを押すだけです。簡単ですね。

削除すると以下のようになりました。

適当に文字を入れる方法

空白ブロックに適当に文字を入れます。

すると、ツールーバーが表示されるので、一般のブロックと同様に削除できます。

HTMLで空白の段落ブロックを見てみると

コードエディターで見てみると、空白の段落ブロックは、<p></p>となっています。

あってもなくても表示上は変わりませんが、放っておくと不要なタグが増えていくので、その都度削除しておきましょう。

不要な段落ブロックを削除

タイトルとURLをコピーしました