スポンサーリンク

【windows10】ディスプレイ(モニター)の電源だけをワンタッチでオフにする

モニターの電源を切るPC/モバイル

パソコンでスリープはせずにディスプレイの電源だけを切りたい

こうした希望にお応えします。

一定時間が経過したら、モニターの電源がオフ、さらに時間が経つとスリープになる設定している方は多いと思います。

しかし、windows10では、すぐにディスプレイの電源を切りたい時にショートカットで切る方法はありません。

ネットで調べてみると、ソフトを入れたり、Powershellを使ったスクリプティングなどを使ってワンタッチでディスプレイをオフにしている方も多いようです。

しかし、windowsの機能だけで電源ボタンを使ってワンタッチでディスプレイをオフにできます。

この簡単な方法をご紹介します。

ディスプレイ電源をワンタッチでオフにする方法

windows10の電源の設定だけで簡単にできます。

まず、デスクトップ画面左側のウィンドウズマークをクリック > メニューの「設定」をクリック

win10モニターオフ

「システム」をクリック

win10モニターオフ

「電源とスリープ」をクリック

win10モニターオフ

「電源の追加設定」をクリック

win10モニターオフ

「電源ボタンの動作の選択」をクリック

win10モニターオフ

私はこのようになっていました。
「電源ボタンを押したときの動作」は「スリープ状態」です。

win10モニターオフ

「電源ボタンを押したときの動作」「ディスプレイの電源を切る」に変更します。
下部の「変更の保存」をクリックして完了です。
電源ボタンを押すと、ディスプレイの電源が切れ、もう一度押すと電源が入ります。

win10モニターオフ

フリーソフトを使う方法

電源ボタンを使いたくない方は、画面の電源をオフにするフリーソフトを使う方法があります。

しかし、ソフトを起動させると常駐するものがあったり、安定性がイマイチなどの声もあるので注意が必要です。

3つのフリーソフトをご紹介します。

画面オフ 
起動させると「省エネ」が表示され、クリックすると画面が消灯します。

ディスプレイ@OFF
実行後、5秒のカウントダウンを行い、モニタの電源が切れます。
インストール不要です。

ScreenOff
海外製のソフト。インストール不要です。

タイトルとURLをコピーしました