スポンサーリンク

Thunderbird(サンダーバード)でテンプレートを活用。メール作成を効率化しよう!

ThunderbirdテンプレートPC/モバイル

メールソフト「Thunderbird(サンダーバード)」で同じような文章を送信することが多いので、効率化したい。

そのような方は、テンプレートを作成することをおすすめします。
必要な部分だけ書き換えてから送信するようにすることでメール作成を格段に効率化できます。

その方法を解説します。

テンプレートの使い方とメリット

テンプレートの使い方

  1. あらかじめタイトルや宛先、内容を保存しておいたテンプレートメールを呼び出す。
  2. 必要箇所を変更する。(タイトル、宛先、内容の全て変更できます。)
  3. 送信する

テンプレートを使うメリット

・メール作成にかかる時間の短縮
・必要な箇所だけ変更するので、誤字脱字等の防止につながる

テンプレート作成・保存の手順

①まずは通常に新規メールを作成し、テンプレートとして保存したい内容を入力します。

Thunderbirdテンプレート作成

②テンプレートの内容を入力します。

宛先、件名、本文を作成します。
新規メールを作成したアカウント(メールアドレス)が差出人となります。

Thunderbirdテンプレート作成

③テンプレートを保存します。

ファイル > 選択して保存 > テンプレート

テンプレートは「差出人」欄のメールアカウント(メールアドレス)の受信トレイ配下の「テンプレート」フォルダに保存されます。

Thunderbirdテンプレート作成

テンプレートを呼び出して使う

①テンプレートの呼び出し

作成したテンプレートは、受信トレイの下の「テンプレート」フォルダに保存されています。

使用したいテンプレートを選択し、ダブルクリックすればテンプレートを使用した新規メールが編集可能となります。

Thunderbirdテンプレート作成

②テンプレートを修正して、送信

 テンプレートが呼び出されました。
 文面、宛先、件名などの必要な部分を修正して送信します。

Thunderbirdテンプレート作成

メール送信の際に内容を変更しても、テンプレートの内容には影響を与えません。
テンプレートは何度でも使えます。

補足~定型文を入力できるアドオン

以上は、メールのテンプレートの解説でしたが、メールの本文に定型文を挿入するには、アドオン「Quicktext」がおすすめです。

定型文は、例えば、「いつもお世話になっております。」といった挨拶文などのことです。

タイトルとURLをコピーしました