スポンサーリンク

XML Sitemap & Google Newsの設定・使い方(定番XML Sitemapsの代替プラグイン)

sitemapWPプラグイン

プラグイン「XML Sitemap Google News」の設定方法を分かりやすくご紹介します。

定番の「XML Sitemaps」がWordPress公式プラグイン上で公開停止となりました。

いつまで停止なのか不明で、しばらく更新されないようなので、同様の機能があるプラグイン「XML Sitemap & Google News」を導入してみました。

実際に使ってみると設定がシンプルで使いやすいです。

定番プラグイン「XML Sitemaps」の現状

定番のプラグインXML Sitemapsは、既にインストールしている場合は、利用できますが、「2022年4月6日に公開停止されており、レビューを待っている状態」とあります。

ダウンロードはできない状態で、更新もされていません。

そのまま使うのは、セキュリティ上の不安があります。

プラグインの公式サイトを見ると、google-sitemap-generatorという名称に変わっているようです。

作者の名前も以前と違いますが、「貢献者と開発者」のところに以前の作者「Auctollo」が載っています。

xml-sitemaps

いつ再開されるか、分からないことや、インデックス登録エラーが増えたこともあり、同等の機能があるXML Sitemap Google Newsプラグインを導入することにしました。

インデックス登録エラーは偶然で、XML Sitemapsプラグインが原因の可能性は低いと思います。

XML Sitemap Google Newsとは

XML Sitemap Google News
画像:公式サイトより

XML Sitemap Google Newsは、XML Sitemapsほど細かな設定はできずシンプルですが、必要な機能はあり、問題なく使えると思いました。

XML Sitemapsの代替プラグインとしておすすめです。

XML Sitemap Google Newsのインストールと設定方法

インストール

WordPress管理画面メニューの「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。
右上の「キーワード」に「XML Sitemap Google News」と入力。

「XML Sitemap Google News」を選んで、「今すぐインストール」をクリックします。

XML Sitemap

設定方方法

表示設定(WordPressの設定画面)

WordPress管理画面メニューの「設定」>「表示設定」をクリックします。

「XML サイトマップを有効化」で、「XML サイトマップインデックス 」にチェックが入っていればOKです。(通常はデフォルトでチェックされているはず)

XML Sitemap

投稿タイプ(デフォルトのままでOK)

WordPress管理画面メニューの「設定」>「XMLサイトマップ」をクリックします。

xmlサイトマップ
XML Sitemap

通常、投稿タイプはデフォルトのままでOKです。

各項目の説明
設定項目説明
 投稿を含める 投稿をサイトマップに含める 
デフォルト(チェック)のまま
 固定ページを含める固定ページをサイトマップに含める 
デフォルト(チェック)のまま
 分割投稿のサイトマップの分割方法
投稿の頻度が高い場合、「月」単位に変更する
(私も月単位に変更しました。)
 優先度クロールの優先度⇒必要に応じて変更
(私は投稿の優先度を0.7⇒0.8に変更しました。)
固定ページは更新が少ないので低いままでOK
優先度を自動計算する自動的に優先順位が決められないようチェックなしのまま
新規コメント毎に最終変更日を更新するコメント欄を設置している人はチェックを入れる
image タグを付加URLに付与する画像ファイル
・投稿⇒デフォルトの「Featured Image」(アイキャッチ画像)のまま
・固定ページ⇒デフォルトの「添付画像」のまま

タクソノミー

「タクソノミーを含める」にチェックを入れましょう

「タクソノミーを含める 」は、カテゴリーページやタグページをサイトマップに含めるという意味です。

チェックを入れるのがおすすめですが、カテゴリやタグに属する記事の数が少ない場合は、チェックを外したほうがいいでしょう。

XML Sitemap
各項目の説明
設定項目説明
 タクソノミーを含める  チェックを入れる。
 優先度クロールの優先度⇒必要に応じて変更
0.8位に上げる
(私は0.8に設定しました。)
優先度を自動計算する自動的に優先順位が決められないようチェックなしのまま
Maximum terms per sitemap
(サイトマップの容量)
デフォルトのままでOK
数値を上げるとサイトが重くなる
Limit to these taxonomiesカテゴリーやタグを限定する
空欄のままでOK

当サイトのテーマCocoonもそうですが、テーマによっては、カテゴリーやタグページを簡単にコンテンツ化できます。

Authors

Authorsとは、プロフィールページのことです。

「Include authors」は通常、チェックを外しますが、プロフィールページを作り込んでいる人はチェックしましょう。

XML Sitemap
各項目の説明
設定項目説明
 Include authors著者アーカイブを含める
プロフィールページを作り込んでいる人はチェックする
 優先度上の項目でチェックした場合、プロフィールページの更新頻度は少ないため、低めに設定
Maximum authors per sitemapデフォルトのままでOK
数値を上げるとサイトが重くなる

高度な設定

「高度な設定」はデフォルトのままでOK

特に変更する点はありません。

xmlサイトマップ
各項目の説明
設定項目説明
 XML Sitemap の URLサイトマップのファイル名
sitemap.xmlのまま変更しない
 外部の web ページ外部で作ったページをサイトマップに含める
空欄のまま
 外部の XML サイトマップ外部で作ったサイト全体をXMLサイトマップに含める
空欄のまま

WordPress編集画面に追加される設定

XMLサイトマップ

このプラグインを入れると、WordPressの編集画面に設定が追加されます。

記事の編集画面右側の「投稿」タブを開くと、下の方に「XMLサイトマップ」という項目があります。

記事ごとに、優先度を設定でき、記事をXMLサイトマップに含めない場合、チェックを入れます。

あまり使うことはありませんが、内容の薄いページで記事をサイトマップに入れたくない場合に便利です。

Googleサーチコンソールにサイトマップを送信する

次に、XML Sitemap & Google Newsで作成したXMLサイトマップをサーチコンソールに送信します。

Googleサーチコンソールにアクセスします。

①左側メニューの「サイトマップ」をクリック
「新しいサイトマップの追加」 https://ドメイン名/sitemap.xml を入力します。
「成功しました」と表示されたら送信成功。

xmlサイトマップ

サイトマップに直接アクセスして確認

ブラウザで https://ドメイン名/sitemap.xml にアクセスしてみます。

以下のように表示されれば、サイトマップが正常に出力されています。

XML Sitemap

下の方には、XML Sitemap Google Newsと表示されています。

まとめ

XML Sitemap Google Newsの導入、設定方法についてご紹介しました。

とりあえず代替プラグインとして導入してみましたが、シンプルで使いやすいです。

XML Sitemapsは、定番中の定番といえるプラグインで、別のプラグインを使いたくないという方も多いと思いますが、セキュリティ上、不安な面があるので、XML Sitemap Google Newsを一度使ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました