スポンサーリンク

ブロックのグループ化(分かりにくい選択方法も解説)【WordPressブロックエディタ―】

ブロックエディタ―使い方Word Press

見出し、段落、画像などブロックをまとめて移動したい

複数ブロックにまとめて背景色を付けたい

記事の作成には多数のブロックを使いますが、記事を作成しているうちに、ブロックをまとめて操作したいというケースが出てきます。

こういった希望はWordPressブロックエディタの「グループ化」という機能を使うと便利です。

ここでは、グループ化の方法と、グループ化によってどんなことができるかを詳しくお伝えします。

ブロックエディターの使い方総まとめについてはこちらをご覧ください。

グループ化を使いこなそう

「グループ化」は複数のブロックをまとめる機能です。

以下の例は、タイトル、画像、段落の3つのブロックをグループ化するイメージです。
複数の子ブロックを親ブロックが包んでいるという形です。

ブロックのグループ化

グループ化のメリット

グループ化のメリット
  • グループ単位で記事内の移動ができる。
  • グループにデザイン要素を適用できる。
グループ化後も以下のことが可能
  • 各ブロックの編集
  • ブロック内で各ブロックを移動できる
  • グループへブロックを追加できる。
  • 各ブロックを削除できる。

グループ化と再利用ブロックの違い

「再利用ブロック」は、ブロックを登録して、様々な場所で使いまわしができる機能です。
複数ブロックも登録できます。

「グループ化」しただけでは使いまわしはできませんが、グループ化したものを再利用ブロックに登録しておくと、呼び出して他の場所で使うことができます。

再利用ブロックについては、以下の記事をご覧ください。

グループ化の方法

複数ブロックをグループ化する

既に作成した複数ブロックをグループ化する方法です。
以下のいづれかの方法で複数ブロックを選択します。(この例では3つのブロック)

  • マウスを左クリックした状態でマウスカーソルをスライドさせ、コピーしたい複数のブロックを選択する。
  • シフトキーを押した状態でそれぞれのブロックを1つづつクリックする。
  • シフトキーを押した状態で、最初のブロッククリックした後に最後のブロックをクリックする。(テキスト選択の要領です。)

3つのブロックを選択した状態です。

ブロックのグループ化

複数のブロックを選択すると、左上のツールバーが四角形が重なったような表示となります。
四角形のマークをクリックすると表示される「グループ」という選択肢を選びます。
または、四角形の右側の3点マークをクリックし表示される「グループ化」を選んでもOKです。

ブロックのグループ化
ブロックのグループ化

すると、3つのブロックがグループ化され、左上ツールバーの表示も変わります。

ブロックのグループ化

「グループ」ブロックにブロックを追加していく

最初に「グループ」ブロックを挿入し、それから新たにブロックを追加していく方法もあります。
こちらは、ブロック内への追加が少々分かりにくいです。

まず、「グループ」ブロックを挿入します。

ブロックのグループ化

+マークをクリックして新しいブロックを追加します。

まずタイトルを追加しました。

ブロックのグループ化

次に別のブロックを追加します。
最初に追加したタイトルのブロックの真ん中当たりにカーソルを置くと、+マークが表示されるので、クリックして追加します。

「文章を入力、または / でブロックを選択」にカーソルを置いても+マークが表示されるので、そこをクリックしても追加できます。

ブロックのグループ化

「文章を入力、または / でブロックを選択」にカーソルを置いた時、以下のようになります。
上の+マークがブロック内に追加できますが、下の+マークはブロック外に追加されてしまいます。

ブロックのグループ化

以上のような作業を繰り返してブロックを追加していきます。

グループを選択する方法

グループを選択する方法は少し分かりにくいです。

グループ化した後、カーソルをうろうろさせて、グループ全体を選択しようとしても、グループ内の各ブロックが選択されてしまいます。

でも、やり方を覚えてしまえば簡単です。

まず、グループ内のどれでもよいので、ブロックを1つ選択します。
すると、下部に「文書→グループ→画像」などと表示されます。
その中の「グループ」をクリックすると選択できます。

ブロックのグループ化

グループが選択された状態です。

ブロックのグループ化

グループのツールバーの解説

グループを選択した状態で、左上のツールバーを使うと、様々な操作ができます。

ブロックのグループ化

グループの移動

上下の印をクリックしてグループを上や下に移動できます。

ブロックのグループ化

配置を変更

配置を「幅広」「全幅」に変更できます。
配置のレイアウトはテーマによって違います。
例えば、1カラムレイアウトで「全幅」にした場合、画面いっぱいになるテーマと、左右に余白があるテーマがあります。

ブロックのグループ化

詳細設定

3点マークは「詳細設定」です。

ブロックのグループ化
各項目の機能
設定を非表示右側のメニューバーを非表示にする
コピーグループをコピーする。
他の場所で「貼り付け」できます。(Ctrl+VでもOK)
複製グループの複製が後に挿入されます。
前に挿入 グループの前(外に)挿入
後に挿入 グループの後(外に)挿入
移動試してみましたが、何の機能か分かりませんでした。 
再利用ブロックに追加グループを再利用ブロックに追加。
グループを後で呼び出して使いまわしできます。
グループ解除グループ化を解除します。
ブロックを削除グループを削除します。

グループのメニューバーの解説(全体の色などを変更できる)

グループを選択した時の右側のメニューバーについて解説します。

①色指定と②高度な設定があります。

ブロックのグループ化

色指定

ブロックのグループ化

色指定では、「文字色」「背景色」を変更できます。

文字色は、グループ全体のテキストの色を一括で変更できます。

背景色はグループ全体の色を変更できます。

グループ全体の文字色と背景色を変更すると、以下のようになります。
文字色を青、背景色を水色に変更しています。

ブロックのグループ化

高度な設定

ブロックのグループ化

高度な設定では、「HTMLアンカー」「追加CSSクラス」が設定できます。

「HTMLアンカー」を設定すると、このグループにアンカー名を付けて、グループを着地点とするリンクを作成することが出来ます。
例えば group1 と入力すると、id=”group”が付加されるので、

<a href="#group">group1</a>

といった、このグループへ移動するページ内リンクや、

https://example.com/#group1

といった、このグループへ移動するページ外リンクをつくることができます。

「追加CSSクラス」を設定すると、このグループ全体のデザインなどを変更することができます。

グループ内にブロックを追加する方法

グループを選択した状態で、前後にブロックを追加すると、グループの外にブロックが挿入されます。

グループ内にブロックを追加するには、内部の単独ブロックを選択してブロックを追加します。

例を挙げて説明します。

グループ化された場合でも、各ブロックをクリックすると、1つのブロックのみが選択されます。

「画像ブロック」+「段落ブロック」のグループで、「段落ブロック」の前にブロックを挿入します。

「段落ブロック」を選択し上部ツールバーの3点マークをクリックします。
すると、選択肢が表示されるので、「前に挿入」を選択します。

ブロックのグループ化

「文章を入力、または / でブロックを選択」の右側の+マークをクリックして、ブロックを選択します。

ブロックのグループ化

「段落ブロック」を追加しました。
このブロックは同一グループの中に挿入されました。

ブロックのグループ化

グループ内のブロックの削除、ブロックの移動も、以上のように単独ブロックを選択することで自由にできます。

タイトルとURLをコピーしました