スポンサーリンク

【Contact Form 7】(無料) WordPress お問い合わせフォームの作り方を分かりやすく解説

Contact Form 7WPプラグイン

WordPressサイトに「お問い合わせフォーム」を作成する方法を紹介します。

日本人が最も利用していると思われる定番のContact Form 7(プラグイン)を利用します。

初心者でも簡単に作成できます。

デフォルトのままのシンプルな形であれば、20分程度でできてしまいます。

お問い合わせフォームは必要か

こたえはYESです。

理由は以下の通りです。

  • 何かあった際や質問などサイト訪問者からの連絡窓口になる
  • 連絡の手段を設けていることで、信頼感アップにつながる
  • Googleアドセンスをの審査に通りやすくなる
  • 企業から仕事のオファーの連絡がくることがある

この記事では、 プラグインContact Form 7 を使ったお問い合わせフォーム作成方法をご紹介します。

以下の記事では、体験を元に他のお問い合わせフォーム作成プラグインとの比較を紹介していますので、ご参考にどうぞ。

Contact Form 7とは

Contact Form 7使い方

「Contact Form 7」は、WordPressサイトにお問い合わせフォームを設置するためのプラグインです。

日本人のTakayuki Miyoshiさんが開発。お問合わせフォームの定番プラグインとして有名で、世界中で使われています。

日本語の情報が豊富で分からない点を調べやすいです。

Contact Form 7オフィシャルサイト

お問い合わせフォームの設置方法

お問い合わせフォームの設置手順
  1. プラグインをインストール
  2. コンタクトフォームを作成
  3. 固定ページでお問合わせページを作成する。
  4. コンタクトフォームのショートコードを固定ページ(お問合わせページ)に貼る
  5. サイトに「お問合わせフォーム」の入口をつくる

①プラグインをインストール

WordPressの管理画面で プラグイン > 新規追加 > Contact Form 7で検索して
インストールします。

Contact Form 7使い方

②コンタクトフォームを作成

インストールすると、管理画面左側に「お問い合わせ」と表示されます。

お問い合わせ新規追加をクリック。

Contact Form 7使い方

以下のような画面が表示されます。

分かりやすいタイトルを入力し、保存。

タイトル下に表示されたショートコードをコピーします。

Contact Form 7使い方

③固定ページでお問い合わせページを作成

ブロックエディターの場合です。

管理画面 > 固定ページ > 新規作成

「お問合わせフォーム」といったタイトルを入力します。

「ショートコード」ブロックを追加します。

Contact Form 7使い方

④コンタクトフォームのショートコードを貼る

先にコンタクトフォームでコピーしたショートコードを貼り付けます。

Contact Form 7使い方

プレビューしてみると、以下のようなフォームが表示されます。

デフォルトで「氏名」「メールアドレス」「題名」「メッセージ本文」の4項目があらかじめ設定されています。

個人ブログであれば、お問い合わせフォームとしては十分ではないでしょうか。

ただ、このままだと、自動返信メールは設定されていません。
(自動返信メールの設定は後でご紹介します。)

Contact Form 7 カスタマイズ

「デザインをもっとよくしたい」という方は、以下の記事でCSSを使ったカスタマイズ方法をご紹介しています。

⑤サイトに「お問合わせフォーム」の入口をつくる

フォームができても、入口がないと、問い合わせをしようと思った人がたどり着きません。

メインメニュー(グローバルメニュー)やフッターメニュー、サイドバーなど、お好みに合わせて設置しましょう。

フッターメニューに設置する方法

管理画面 > 外観 > メニューで設定します。

フッターメニューを作成し、固定ページの「お問い合わせフォーム」ページを追加します。

Contact Form 7使い方

同様の方法で、メインメニュー(グローバルメニュー)にも設置できます。

サイドバーに設置する方法

管理画面 > 外観 > ウィジェットで設定します。

「テキスト」ウィジェットサイドバーに追加。
タイトルを入力し、コンタクトフォームのショートコードを貼ります。

Contact Form 7使い方

以下のようにサイドバーに表示されます。

直接フォームを表示したくない場合は、お問い合わせフォームのページのテキストリンクを貼る方法もあります。

Contact Form 7 カスタマイズ

フォームの各項目の設定方法

とりあえず、お問い合わせフォームが設置できましたが、設定などより細かく見ていきましょう。

追加できる項目

コンタクトフォームの「フォームタブ」で、 フォーム設定画面上部に追加できる項目が並んでいます。

Contact Form 7使い方

追加できる項目は以下です。

  • テキスト
  • メールアドレス
  • URL
  • 電話番号
  • 数値
  • 日付
  • テキストエリア
  • ドロップダウンメニュー
  • チェックボックス
  • ラジオボタン
  • 承諾確認
  • クイズ
  • ファイル送信ボタン

各項目の設定方法については、以下の記事をご覧ください。

入力項目を追加する方法

上部にある各項目のボタンで入力項目を追加できます。

「電話番号」を追加する例をご紹介します。

まず、追加する場所にカーソルを置き、追加項目(電話番号)のボダンを押します。

Contact Form 7使い方

以下のようなウィンドウが開きます。

入力必須にする場合は、「必須項目」にチェックを入れます。

名前は、分かりやすい名前に変更しましょう。ここでは「your-tel」としました。

最後に「タグを挿入」をクリック

Contact Form 7使い方

以下のように、ショートコードが挿入されました。

Contact Form 7使い方

[tel* your-tel] のままだと、タイトルが表示されません。
タイトルを表示するには、<label></label> でタイトル(この場合は「電話番号」)を囲みます。  

Contact Form 7使い方

電話番号の入力項目が追加されました。

Contact Form 7使い方

入力項目を必須にするかどうかの設定

先の電話番号の例のように、項目を追加する場合、「必須項目」の設定項目があり、チェックを入れると必須になります。

既に配置されている項目を必須にするにはどうするか。

各項目のショートコード、例えば、[text* your-name]のように、 * 印が付いていると、必須です。

任意にする場合は * を外します。

メールの設定

メールの基本設定

フォームの内容がデフォルトのままだと、特に変更の必要はありませんが、念のため各項目の内容がそのままで大丈夫か確認しましょう。

メールの設定は、コンタクトフォームのメールタブで行います。

Contact Form 7使い方

「メール設定」各項目の解説

①送信先
ユーザーがメールを送信すると、WordPressの管理者メールアドレス宛に届きます。
※管理者メールアドレスは
「管理画面」>「設定」>「管理者メールアドレス」に登録されています。


[_site_admin_email] を外して、別のメールアドレスを入力することも可能です。

②送信元
サイトタイトル+wordpress@ドメイン名が送信元として、メールに表示されます。

③題名
サイト名 + サイト訪問者が記載した題名がメールの題名になります。

④追加ヘッダー
CC:やBCC:で送信したいメールアドレスを追加できます。

⑤メッセージ本文
お問い合わせメールの内容を設定できます。
冒頭に「WEBサイトからのお問合わせ内容です。」といったテキストを加えるなど、
分かりやすいようにアレンジするとよいでしょう。

項目を追加した場合は、追加した内容のショートコード、例えば、先の追加方法で紹介した電話番号 [your-tel]などを本文に手動で追加しないと、管理者宛てメールの内容に反映されませんので、注意が必要です。

デフォルトのままの場合、管理者宛てメールは以下のような内容です。

Contact Form 7使い方

自動返信メールの設定

問い合わせをしてくれた訪問者への自動返信メールの設定です。

自動返信メール はデフォルトでは、設定されてませんで、設定するのがおすすめです。
設定すると、きちんと送信されたかどうか確認できるので、問い合わせをしてくれた人に対して親切です。

自動返信メールを設定するには、コンタクトフォームのメールタブで、下の方の「メール(2)を使用」にチェックを入れます。

チェックを入れると以下のような画面になります。

Contact Form 7使い方

「自動返信メール」各項目の解説

デフォルトのまま使う場合は、②題名と⑤メッセージをユーザー向けに変更するのがおすすめです。

①送信先
サイト訪問者が入力したメールアドレス。
設定した入力項目のショートコード[email* your-email]に自動返信メールが送信されます。
※ショートコードの内容を変更した場合は、それに合わせて変更が必要です。

②送信元
サイトタイトル+wordpress@ドメイン名が送信元として、メールに表示されます。

③題名
サイト名 + サイト訪問者が記載した題名がメールの題名になります。

以下のように ユーザー向けに変更するのがおすすめです。

お問合わせありがとうございました。●●ブログ [your-subject]

④追加ヘッダー
CC:やBCC:で送信したいメールアドレスを追加できます。

⑤メッセージ本文
お問い合わせメールの内容を設定できます。
以下のようにユーザー向けのテキストに変更するのがおすすめです。

お問合わせありがとうございました。

追ってご返信いたしますので、もう少々お待ちください。

ご入力いただいた内容は以下の通りです。

****************************
お名前:[your-name]

メールアドレス:[your-email]

題名:[your-subject]

お問合わせ内容:[your-message]
****************************
このメールは ●●ブログ(https://●●.com/) のお問い合わせフォームから送信されました。

管理者宛てメール同様、項目を追加した場合は、追加した内容のショートコード、例えば、先の追加方法で紹介した電話番号 [your-tel]などを本文に手動で追加しないと、自動返信メールの内容に反映されませんので、注意が必要です。

デフォルトのままだと、問い合わせを送信した方への自動返信メールは以下のような内容となります。
ちょっと寂しいですね。

Contact Form 7使い方

メッセージ設定

様々な状況で用いられるメッセージがあらかじめ設定されています。
必要に応じて変更できます。

Contact Form 7使い方

例えば、メッセージが正常に送信された場合は、以下のように表示されます。

Contact Form 7使い方

その他の設定

ログインしているユーザーだけがコンタクトフォームの送信を行えるようにする「購読者限定モード」などが利用できます。
コードの追加が必要です。

詳しくは、公式サイトの「その他の設定」をご覧ください。

スパム対策

Contact Form 7でスパム対策をするには、ロボットによるスパムや不正ログインを防止できるプラグインAdvanced noCaptcha & invisible Captcha (v2 & v3)がおすすめです。

サンクスページ(完了画面)の設定方法

フォームの送信完了後に別のページにリダイレクト(遷移)するための設定方法です。
Contact form7 のオフィシャルサイトでは、「推奨しない」としながらも、設定方法が載っています。送信後に異なる URL にリダイレクトさせるには(Contact form7オフィシャルサイト)

推奨しない理由として、リダイレクトをしなくても Google Analytics でフォーム送信をトラッキングできることが挙げられいます。
フォーム送信をトラッキングする方法は以下のページに載っています。

推奨しない理由として、リダイレクトをしなくても Google Analytics でフォーム送信をトラッキングできることが挙げられています。
フォーム送信をトラッキングする方法は以下のページに載っています。
フォーム送信を Google Analytics でトラッキングする

ここでは、 サンクスページ(完了画面)の設定手順をご紹介します。
2ステップで簡単にできます。

①サンクスページ(完了ページ)を作成

まず、固定ページでサンクスページを作成します。
URLは、example/thanks-page など分かりやすいものにするとよいでしょう。

Contact Form 7完了画面

②ページを遷移させるためのコードを記載

次にContact form7 コンタクトフォーム「フォームタブ」の一番下に下記の設定を追加するだけで設定完了です。

赤文字の部分にサンクスページのURLを記載します。

<script>
document.addEventListener( 'wpcf7mailsent', function( event ) {
    location = 'http://example.com/thanks-page';
}, false );
</script>
Contact Form 7完了画面

Contact Form 7を利用してWordPressサイトに「お問い合わせフォーム」を作成する方法は以上です。

タイトルとURLをコピーしました