スポンサーリンク

「ロリポップは遅い」は本当?メリットとデメリット(口コミ/評判)【徹底解説・WordPressブログ】

PCレンタルサーバー

月額約100円からの低価格プランが特徴の 「ロリポップ!」
ユーザー数国内2位と人気のある老舗サーバーです。

「表示速度が遅い」「大量アクセスに弱い」などの口コミもありますが、実際のところどうなのか。

これからワードプレスブログを始める方向けに「ロリポップ!」 のメリットとデメリット、口コミや評判等についてまとめました。

ロリポップ! とは

ロリポップ

ロリポップはサービス提供開始年はエックスサーバーより早く、ユーザーの数も国内2位(※)のレンタルサーバーです。

「 ロリポップ! 」の特長
  • 2001年にサービス提供開始。大手のGMOが運営している老舗サーバー
  • 国内シェアNo.2(2021年 ※注)
  • 初心者には充分の機能やスペックが低価格で利用できる。
  • 管理画面が分かりやすく、使いやすい

※注)ロリポップの公式サイトではシェア1位と記載されていますが、ロリポップと同じ運営会社GMO「ヘテムル」のユーザーが合算されています。HostAdviceによるシェア調査では国内2位となっています。

気になる表示速度については、結論、「速い」です。

ただし、「ハイスピード」以上のプランの場合です。
ロリポップはプランによってスペックが大きく変わります。

ロリポップのプラン別 比較表

以下は、主要な部分や、これからWordPressを始める方にとって重要な点について比較した表です。

 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
月額費用(12カ月契約の場合)132円330円660円825円2,200円
初期費用1,650円1,650円1,650円無料3,300円
ディスク容量30GB(SSD)160GB(SSD)250GB(SSD)350GB(SSD)1TB(SSD)
転送量8TB/月15TB/月24TB/月30TB/月30TB/月
Webサーバー ApacheApacheApacheLiteSpeedLiteSpeed
独自ドメイン50100200無制限無制限
MySQL5なし150無制限無制限
WordPress利用不可
WordPress
簡単インストール
なし
WordPress
簡単引越し
なし
無料独自SSL
メール・チャット
サポート
電話サポートなしなし
自動バックアップ有料
(復元も有料)
有料
(復元も有料)
有料
(復元も有料)
有料
(復元も有料)
無料
(復元は有料)
ドメイン無料
(12カ月以上契約)
なし

ロリポップのメリット

犬

ロリポップのメリットについて解説します。

ロリポップ 6つのメリット
  • 低料金で利用できる
  • アクセス集中時等の安定性が改善された
  • 上位プランは表示速度が早い「LiteSpeed」を採用
  • 60秒でWordPressを始められる「簡単インストール」機能がある
  • サポートが充実している
  • 管理画面が使いやすい

低料金で利用できる

ロリポップは、最下位プランの「エコノミー」は月額99円(36カ月契約)、12カ月契約で132円と破格に安いです。

ただ、「エコノミー」はWordPressが利用不可なので、WordPressを始める方は「ライトプラン」より上位プランからの選択となります。
(厳密には「エコノミー」もWordPressを利用する方法がありますが、知識と手間が必要です。)

高スペックや高性能の「ハイスピード」も月額料金880円(12カ月契約の場合)で、エックスサーバーやConoHa WINGの同価格帯プランより安いです。

アクセス集中時等の安定性が改善された

ロリポップ稼働率

ロリポップは、かつては障害やサーバーダウンなどが多かったのですが、ここ数年で安定性が大きく改善されています。

オフィシャルサイトでは、稼働率99.99%と記載されています。

安定性を高める対策
  • 24時間有人監視
    サーバーの負荷状態やレスポンスタイムを24時間常に監視。
    サーバーの異常や高負荷状態が続く場合、即時対応できる環境を整えています。
  • 「同時アクセス数拡張」機能(「スタンダード」プランのみ)
    アクセス集中時にアクセス数の制限を緩和する機能。
    上位プラン「ハイスピード」「エンタープライズ」プランは元々、アクセス制限がないので必要ありません。
  • 「ロリポップ!アクセラレータ」(「ライト」プラン以上)
    サイトの表示を高速化し、サーバー高負荷時でも安定して表示させる機能。

「スタンダード」プラン以上は安定して利用できると思います。

上位プランは表示速度が早い「LiteSpeed」を採用

litespeed

ロリポップは、サーバーの高速化機能が充実しています。

特に、Webサーバーは、高速で第4世代のWebサーバーと言われる「LiteSpeed(※)」を採用。(「ハイスピード」以上のプラン)
WordPressとの相性がよく、高速化・高負荷時の安定性に優れています。

「LiteSpeed Technologies」のサイトに掲載されている上のグラフでは、WordPressのパフォーマンスがApacheやNginxを大きく上回っています。

NginxはエックスサーバーやConoHa WINGが採用しています。
表示速度は他の要素も影響するので、これだけで判断できませんが、ロリポップのWEBサーバーは他のサーバーと比較して優位性があります。

他にも高速化対策がなされています。

LiteSpeed以外の高速化対策
  • モジュール版 PHP(「ライト」「スタンダード」プラン)
    LiteSpeed版 PHP(「ハイスピード」「エンタープライズ」プラン)
    WordPressに使われているPHPプログラムを高速化する技術を独自に開発。
  • 「ロリポップ!アクセラレータ」(「ライト」プラン以上)
    サイトの表示を高速化し、サーバー高負荷時でも安定して表示させる機能。

60秒でWordPressを始められる「簡単インストール」機能

「ライト」プラン以上で利用できる「簡単インストール」機能を使えば、初心者でも簡単にWordPressブログをスタートできます。

最短たったの1分で設置可能。

マニュアルも充実しているので、初心者にも使いやすいです。

サポートが充実している

ロリポップサポート

ロリポップのサポート満足度は94%(公式サイトでの公表)
口コミでの評判もよいようです。

サポート受付時間
  • メール:24時間受付
  • チャット:平日・土日: 9:30〜13:00 / 14:00〜17:30
  • 電話:平日:10:00〜18:00

メール問合わせは24時間受付。土日祝も対応しているのが心強いです。

また、公式サイトでは、580種類以上あるマニュアル、FAQなどサポートコンテンツが充実しています。動画マニュアルもあります。

管理画面が使いやすい

ロリポップ管理画面

ロリポップの管理画面はシンプルで分かりやすく、直感的に操作できるように作られていて、初心者でもあまり迷うことなく使うことができます。

他のサーバーでは別々になっていることの多い「サーバーの管理・設定」と「契約・支払い」の入り口が同じページにまとまっていて、管理しやすくなっています。

ロリポップの良い評判(口コミ)

good

SNS上のロリポップに関する良い評判(口コミ)です。

最初にレンタルサーバーを契約したところが、ロリポップでした。
もちろん今もロリポップです!
☑️サポートの方が本当にいつも神対応
以前起きた、緊急事態も乗り越えることが出ました🤣
ありがとうございます。

引用: こだわりスタイル@KodawariStyle

サーバーアップできない問題解決しました!
ロリポップサポート様様です🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
質問だらけで呆れられたとは思うんですけど、丁寧に教えていただいて本当助かりました🥺

引用: chihiro🌱webデザイン

低価格で 初心者でも簡単に #WordPress も1分で設定できるという #ロリポップ !
利用を考えている人も、既にレンタルサーバーを使っている人にも知ってて損はなし!

引用: 100社レンタルサーバー比較@100RScomparison

Googleのツールで測定しても、体感的にも、かなりキビキビしました! ページがパッと表示される感じ。ロリポップで運営しているサイトはこれです。 https://swinginthinkin.com

引用: 北野 啓太郎@フリーランスWEBコンテンツクリエイター

無料お試しでロリポップレンタルサーバーを使ってみたけど、引っ越し速いし表示も速いぞ!Σ(゚Д゚)
さすがGMOさん。ロリポが安かろう悪かろうだった時代は終わったのね(´ω`)

引用:あーとく@mrsurprise82

サポート対応の良さ、サイト表示の速さなどについての高評価コメントが多くみられました。

「遅い」という評判もあるので、「ネット上の比較記事などで過小評価されすぎている」との声もありました。

ロリポップのデメリット

犬

ロリポップのデメリットについて解説します。

ロリポップ4つのデメリット
  • 下位プランはスペックが十分ではない
  • ライトプラン以下には電話サポートがない
  • 自動バックアップサービスが有料
  • プランのアップグレードは可能だが、ダウングレードはできない

下位プランはスペックが十分ではない

ロリポップの下位プランは料金が激安ですが、スペックは十分では、表示スピードの速さが十分ではありません。

プランが豊富な分、スペックや機能に差があるので、目的に合ったプランを選択することが重要です。

WordPressに関係する部分は、「エコノミー」はWordPressが利用不可、「ライト」はデータベースが1つしか使えません。

なるべく安い料金でWordPressでブログを始めるという方は「スタンダード」がベストだと思います。
料金は月660円(12カ月契約)と格安です。

速い表示スピードを求める方は、「ハイスピード」がベスト。料金は月額880円(12カ月契約)。

下位プランを使ってみて物足りない場合は上位プランへ変更可能です。

ライトプラン以下には電話サポートがない

メリットのところで、「サポートの充実」を挙げましたが、下位プランの「エコノミー」「ライト」は電話サポートがありません。

メールとチャットは使えるので、たいていの要件は済むと思いますが、至急対応が必要なトラブル等、電話対応が必要になるケースもあるかもしれません。

前の項目「 下位プランはスペックが十分ではない 」と合わせて考えると、初心者は「スタンダード」以上を選ぶとよいと思います。

自動バックアップサービスが有料

自動バックアップサービスは「エンタープライズ」プラン以外は有料です。

月額300円で過去7回分のデータを保存します。

自動バックアップサービスは、主要なレンタルサーバーの多くは無料です。

せっかく格安でロリポップを利用しても、月額300円をプラスすると、安さのメリットがなくなってしまいます。

例えば、12カ月契約の場合、「スタンダード」(月額660円)でバックアップサービスを利用すると、月額960円。
ConoHa WING(WINGパックベーシック)が月額990円で、ほぼ同額になります。

利用料金を抑えるために、「BackWPUp」などのバックアッププラグインを利用するのも一つの選択肢ですが、やはりサーバーのバックアップがあると心強いです。

また、復旧は全プラン有料で、復旧手数料は11,000円と高額です。
バックアップサービスを利用していなくても手数料を払えば利用できます。

プランのアップグレードは可能だが、ダウングレードはできない

ロリポップは下位プランへのダウングレードができません。

下位プランへの変更について
お試し期間中(ご入金前)は、プラン変更することですべてのプランをご利用いただけますが、ご入金後は下位プランへのプラン変更はできません(上位プランへのプラン変更のみ行うことができます)。

ロリポップ公式サイト(よくある質問)より

上位プランを選択する場合は慎重に検討する必要があります。

ロリポップの悪い評判(口コミ)

bad

SNS上のロリポップに関する悪い評判(口コミ)です。

サイト(ブログ)の表示速度は、エックスサーバーなどの定番レンタルサーバーで運営すれば、遅さを感じないと思うんだが。ロリポップの安物プランは遅いと思うけど

引用:SEO対策とアフィリエイトのみう@creditcardmiu

GoogleのPageSpeed Insightsで計測したら、
応答速度が遅いらしいから
ロリポップのライトプランからハイスピードプランに変更しようかな~
スタンダードとハイスピードの月額料金は同じだから、圧倒的にハイスピードプランのほうがお得だ!!

引用:こうちゃ@ブログ & YouTube@teagames0124

ブログ書きたいけど
WordPress入れるにはロリポップのライトプラン重いんだよな〜

引用:☘️蜜柑☘️🦋🍄@raimome

ロリポップのサポートにDNSレコードの書き換え方法を聞いた所、それはドメイン側(お名前ドットコム)でやる内容なのでそっちのサポートに聞いてくださいと言われたんですが、NS向けてた場合ってサーバー側で設定しますよね?
こういう事があるから僕はXサーバーが好きです笑

引用:たかと@Web制作 × クラウドワークス × 継続案件@takato247

良い評判(口コミ) で取り上げた「速い」とは逆に「遅い」「重い」という口コミも見られますが、下位のプランや古い口コミの場合が多いようです。

プランによって差が大きいロリポップの内容を反映していると思います。

サポート対応についての悪い口コミもありましたが、全般的には良い口コミが多かったです。

ブログ初心者におすすめのプランは

ブログ初心者がロリポップでブログを始める場合のおすすめプランは以下の2つです。

こんな方におすすめ
  • なるべく安くスタートしたい⇒「スタンダード」
  • 高スペック・高速サーバーを格安で利用したい⇒「ハイスピード」

サーバーの容量、転送量といった基本スペックは「スタンダード」で十分。

「ハイスピード」にすると、エックスサーバー、ConoHa WINGに匹敵する高スペック、高速サーバーとなります。

後から上位プランに変更できるので、まず「スタンダード」から使ってみるもよいと思います。

「スタンダード」と「ハイスピード」プランの概要
ロリポップ!スタンダードハイスピード
初期費用1,650円0円
月額料金(12カ月契約料金)550 825
簡単インストール / 簡単移行
無料独自SSL
管理画面の使いやすさ
自動バックアップ機能有料(300円/月)過去回7回分 / 復旧手数料11,000円
サポート電話、チャット、メール
ドメイン永久無料特典〇 12ヶ月以上の契約が条件
ディスク容量250GB SSD350GB SSD
データ転送量(目安)800GB/日(24.0TB/月)1TB/日(30.0TB/月)
WEBサーバーApacheLiteSpeed
サイト数 / データベース数ドメイン200 / データベース50無制限

ロリポップには10日間の無料お試し期間があります。

デメリットのところで、下位プランへの変更はできないことを挙げましたが、お試し期間中は下位プランへの変更が可能なので、様々なプランを試してみることができます。

ロリポップ【キャンペーン情報】
「最大40,000円相当!冬の契約期間延長キャンペーン」(2021年12月21日(火)まで)
・対象プラン:ライトプラン、スタンダードプラン、エンタープライズプラン(新規)
・対象契約期間:12カ月、24カ月、36カ月
・キャンペーン内容:契約期間延長のクーポンをプレゼント
12ヶ月契約⇒6ヶ月延長、24ヶ月契約⇒12ヶ月延長、36ヶ月契約⇒20ヶ月延長

まとめ~「ロリポップ」は速くてコスパが良い

以上、ロリポップのデメリットとメリットを詳しくみてみました。

プランによるスペックや機能の差が大きいので、目的に合ったプランを選べば、少ないコストで満足のいくサーバーを利用できると思います。

また、運営年数も長く、実績を重ねながら性能をアップさせているだけに、過去と現在の評価も変わってきています。
比較する場合はなるべく新しい情報を利用しましょう。

ロリポップ 公式サイト

▼おすすめのレンタルサーバー5社を比較した記事はこちら
WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーを厳選!

タイトルとURLをコピーしました