スポンサーリンク

「お名前.com」で取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う方法

リンクWordPress

お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使うために必要な設定の方法を解説します。

設定は、ドメインとサーバーの紐づけを行うためのものです。

お名前.comで独自ドメインを取得する方法は以下の記事をご覧ください。

また、エックスサーバーでドメインを取得する場合は、以下の記事をご覧ください。
この場合はエックスサーバーの管理画面上で取得でき、手順はより簡単です。

お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバー使うための流れ

お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバー使うための設定は以下の2ステップです。

ドメインとサーバーの紐づけのための設定です。

  1. お名前.comで「ネームサーバー設定」をする
  2. エックスサーバーで「ドメイン設定」をする

①はお名前.com側の設定
ネームサーバーをエックスサーバー指定の内容に変更し、ドメインとサーバーを紐づける設定をします。

ネームサーバーとは
インターネット上にあるサーバー(コンピューター)には、
すべてIPアドレス(123.145.167.189のように数字で構成されたもの)が割り振られています。
IPアドレスが判明すれば、実際にホームページやメールを運用しているサーバーにアクセスすることができます。

このIPアドレスとドメインを結び付ける役割を担っているのがネームサーバーとなります。
いわば、電話番号(ドメイン)と電話機(サーバー)を結びつける電話線のようなものです。

お名前.com公式サイト

②はエックスサーバー側の設定
サーバーにお名前.comで取得したドメインを追加し、利用できるようにします。

以下、それぞれの設定を解説します。

1. お名前.comで「ネームサーバー設定」をする手順

まずは、「お名前.com」側でネームサーバーの設定をおこないます。

「お名前.com NAVIログイン」からIDとパスワードでログインします。

ドメイン契約更新の画面が開きます。
上部メニューの「ドメイン」>「利用ドメイン一覧」をクリックします。

お名前.com

ドメイン一覧が表示されます。
設定対象のドメインの「初期設定」をクリックします。

お名前.com

以下のような画面が開きます。
上部タブの「その他のサービス」をクリックします。

お名前.com

「その他のネームサーバーを使う」に切り替わると、ネームサーバーの入力欄が3つしかないので、+ボタンを押して、5つまで増やします。

お名前.com

ネームサーバー1~5の入力欄に以下の画像のように入力します。

お名前.com

以下の内容のコピペでOKです。:(コロン)の右の部分です。 ネームサーバー1〜5に入力する内容

  • ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
  • ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
  • ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
  • ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
  • ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

確認ボタンを押すと、以下のように確認画面が表示されます。
OKをクリックして、「完了しました」が表示されたら完了です。

エックスサーバードメイン設定

ネームサーバー変更の反映完了までには24時間から72時間程度かかる場合があります。

お名前.com側のドメインの設定は以上です。

2. エックスサーバーで「ドメイン設定」をする手順

次はエックスサーバー側の設定です。

まず、Xserverアカウントへログインし、画面右上の「サーバ管理」をクリック

エックスサーバー管理画面

サーバーパネルが表示されたら、「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバー

上部タブの「ドメイン追加」をクリックします。

エックスサーバードメイン設定
  1. 「ドメイン名」に「お名前.com」で取得したドメイン名を入力します。 (例)example.com
  2. 「無料独自SSLを利用する」「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレーター」を利用する」の2つにチェックを入れる

1、2が終わったら「確認画面に進む」をクリックします。

エックスサーバードメイン設定

内容を確認して間違いがなければ、「追加する」をクリックします。

エックスサーバードメイン設定
エックスサーバードメイン設定

以上でお名前.comで取得した独自ドメインとエックスサーバーを紐付ける設定は完了です。

「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示される場合

以下の画像ののように「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示される場合は、ネームサーバーの変更がまだ反映されていないことが原因と考えられます。

ドメインを取得したらまず、ドメインのネームサーバー設定を行うことをおすすめします。

エックスサーバードメイン設定

SSL設定に失敗しても、再度設定できますので心配はいりません。
この後、解説します。

サーバーとドメインの紐づけ完了後は「常時SSL化」設定をしましょう

サーバーとドメインの紐づけが終わったら、WEBサイトには必須の常時SSL化を行いましょう。

エックスサーバーのドメイン設定で「無料独自SSLの設定」が完了した場合も、常時SSL化はまだ完了していないので注意が必要です。

エックスサーバーのドメイン設定の「無料独自SSLの設定」
失敗の場合⇒以下のステップ1~3全ての設定を行う
完了の場合⇒以下のステップ2と3の設定を行う(ステップ1は完了済)

常時SSL化の設定の手順
  • ステップ1
    サーバーパネルで「無料独自SSL」の設定を行う
  • ステップ2
    WordPress管理画面で「http」→「https」に設定する
  • ステップ3
    「http」→「https」にリダイレクト設定する(.htaccess編集)

詳しくは以下の記事をご覧ください。

▼エックスサーバーで新規契約からサイト作成までの流れはこちらをご覧ください。
【完全ガイド】エックスサーバーでWordPressブログを始める手順

▼初心者の方は「エックスサーバー」の中の人によるブログ運営記事も参考になると思います。外部リンク 初心者のためのブログ始め方講座

タイトルとURLをコピーしました