スポンサーリンク

【本当は必要ない?】WordPressバックアップの基本と取り方(BackWPupの使い方)

WPのバックアップWord Press

バックアップの簡単な方法について知りたい

バックアップの必要性は?

こうした疑問におこたえします。

WordPressのバックアップは重要です。

万が一、WordPressサイトが壊れてしまった時にバックアップデータがないと、なくなってしまうからです。

ここでは、バックアップの基本的な仕組みと、簡単にできるバックアップ方法について解説します。

また、レンタルサーバー会社のバックアップサービスが充実してきた今、バックアップが必要かどうかについても考えます。

WordPressのバックアップ・復元の基本

WPのバックアップの基本

WordPressのバックアップは、その仕組みをざっくりとでも理解しておくと、スムーズに進められると思います。

WordPressサイトは、以下の大まかに①WordPressファイル(WordPressを構成するファイル群)と②データベースの2つの情報データで成り立っています。

バックアップは、これら2つのデータでWordPressサイトを丸ごと保存しておくことを指します。

後で解説するサーバー会社のバックアップや、プラグインBackWPupは、この2種類のデータをサーバー上に保存します。

そして、必要な時にこれらのデータをダウンロードして、PCやクラウド等に保存し、復元の際に利用します。

WPのバックアップ

①WordPressファイルと②データベースについてそれぞれざっくりと解説します。

①WordPressファイル

  • WordPress本体のシステムファイル
  • テーマを構成するファイル
  • プラグインファイル
  • アップロードした画像ファイル

以下はFTPソフトの画面です。
ワードプレスのインストール先ディレクトリ(この場合はpublick_html)に入っている
フォルダとファイルの全てがバックアップの対象です。

WPのバックアップ

バックアップの対象の中で、WordPressサイトのテーマやプラグイン、画像に関係する主要なファイルは、「wp-content」に入っている「themes」「plugin」「uploads」の3つのフォルダにまとまっています。

WordPressサイトで変更を加えたが、部分的に前に戻したい場合に、これらのフォルダが使えます。
例えば、テーマに加えた変更を元に戻した場合、バックアップファイルの中にある「themes」フォルダをアップロードして上書きします。

WPのバックアップ

②データベース

データベースには、Wordpressの管理画面の各種設定、テキスト、メタデータ、カテゴリ、タグ、コメント、リンク、ウィジェット、ユーザー等の情報が格納されています。

WordPress の標準インストールで、データベースを構成する以下11テーブルが作成されます。
※これは把握する必要はありませんが、なんとなくこのようなデータがあると、参考にしてください。

wp_commentmeta各コメントのメタデータを格納
wp_commentsWordPress へのコメント・トラックバック・ピンバックデータを格納
wp_linksリンク作成で入力されたリンク情報を格納。
wp_options管理 > 設定で設定されたオプション設定情報を格納(プラグインの設定情報が格納されることも多い。)
wp_postmeta各投稿記事のメタデータ情報を格納
wp_postsWordPress データの核である投稿記事のほか、ページ、ナビゲーションメニューのデータを格納
wp_terms投稿およびリンクの分類(カテゴリ・タグ)に使われる基本情報を格納
wp_term_relationships各投稿記事、各リンクと カテゴリ・タグとの関連付け情報を格納
wp_term_taxonomy投稿およびリンクのカテゴリ・タグデータを格納
wp_usermeta各ユーザ特有のメタデータを格納
wp_users登録ユーザ情報を格納


データベースは、この他にテーマ関連、プラグイン関連等のデータベースもあり、数はもっと多いです。

WordPress復元(手動)の基本

サーバー会社のバックアップや、代表的なバックアッププラグインBackWPup等によるデータを使った復元作業は、手動で行うことになります。

復元の仕組みはシンプルで、前述の①ファイルと②データベースをアップロードして上書きするだけです。

復元の手順
  1. バックアップデータ(ファイルとデータベース)をダウンロード
  2. WordPressファイルをFTPソフトによってWordPressインストールフォルダにアップロード 
  3. データベースファイルをデータベースの管理ツール「phpMyAdmin」でインポート

手動で復元を行うには、以下のことができなければなりません。
・FTPソフトを使うことができる
・phpMyAdminにアクセスし、操作できる。

FTPソフトやphpMyAdminを扱うのが面倒という方は、WordPressの管理画面から復元の操作ができる以下のようなプラグインを使用するのが簡単です。

  • All-in-​One WP Migration
  • UpdraftPlus
  • Duplicator

ただし、この方法は、WordPressの管理画面にアクセスできない場合は使えません。

プラグインBackWPupのバックアップデータを使った復元方法についてはこちらをご覧ください。

WordPressのバックアップは基本的に不要?

私が利用しているエックスサーバーは、以前から自動バックアップの仕組みがありましたが、データ取得は有料でした。
しかし、いつからか利用料が無料になっていました。

主要レンタルサーバー会社5社では、定期的なバックアップとバックアップデータの取得を無料で行うことができます。(ロリポップは上位プランのみ)

特にエックスサーバーConoHa WINGmixhostは、特に申し込みなどしなくても、毎日バックアップを取ってくれます。
この3社のバックアップサービスは、ほぼ同内容で、以下のようにロリポップさくら等と比べて充実しています。

この3社のサーバーを使っている方は、何もしなくても毎日バックアップを取っていてくれるので、基本的に自分でバックアップをとらなくても大丈夫かもしれません。

ただ、私は、それに完全に頼り切るのは不安なので、自分で一応バックアップを取っています。

主要レンタルサーバー会社のバックアップサービス(2021年6月20日現在)

エックスサーバー、
ConoHa WING、mixhost
1日1回、バックアップを取得。過去14日分のデータが復旧可能。利用無料。
さくらバックアップ&ステージング機能で、8世代までバックアップを取ることができます。利用無料。
ロリポップバックアップオプションでバックアップを取得でき、過去7回分のデータをダウンロード可能。
エンタープライズプランは無料。それ以外のプランは300円/月

おすすめのバックアッププラグイン

自分でバックアップを取るおすすめの方法をご紹介します。

手動でバックアップを取ってもよいですが、手間がかかり過ぎるので、プラグインBackWPupを使うのがおすすめです。

復元は、FTPソフトとphpMyAdminを使った手動となりますが、Wordpressの管理画面に入れない場合にも利用できます。(有料プランにすると多分、復元機能も付いていると思います。)

BackWPupの特長・メリット
  • 先に説明した①ファイルと②データベースのバックアップを自動的に取ることができる。
  • 操作が簡単
  • バックアップを取るのにかかる時間は、手動で行うよりかなり早い
  • バックアップをスケジュール化でき、PCがオフラインの夜中に設定できる。
  • 多くの方が使っている有名なプラグインで信頼性が高い

①Wordpressファイルと②データベースのバックアップを、1つのZIPファイルにして、サーバー(WordPressインストールディレクトリ内)に保存してくれます。
別の保存先(クラウドなど)も指定できます。

おすすめのBackWPupの使い方

BackWPupは、サーバーに保存するバックアップの数を指定できます。
指定した数だけ保存し、バックアップの数がそれを超えると、古い物から順に削除してくれます。

私はデータがサーバーを圧迫しないよう、バックアップの数は3つ(3世代)と少ない数にしています。
古いデータはほとんど使うことがないので。

ただ、念のためサイトの大きな改変があった時のみ、データをダウンロードして、
PCやクラウドなどに保存するようにしています。

プラグインBackWPupでバックアップを取る方法

BackWPupによるバックアップの手順

WPのバックアップ

プラグインBackWPupを既にインストールした前提での解説です。

WordPress管理画面の「ジョブ」をクリック。(「新規ジョブを追加」でもOK)

WPのバックアップ

「新規追加」をクリック

WPのバックアップ

一般の設定

設定は上部の「タブ」で項目を切り替えます。

まず、「一般」の設定

ジョブ名:分かりやすい名前を付けます。

ジョブタスク:デフォルトのままでOK

WPのバックアップ


アーカイブ名:記号等が並んでいますが、デフォルトのままでOK

アーカイブ形式:Windowsの場合⇒Zipを選択。 Macの場合⇒Tar GZip を選択しましょう。

WPのバックアップ

ジョブの宛先
バックアップデータの保存先です。「フォルダへバックアップ」にチェック。
DropBoxなど他の場所に保存する場合は、該当するところにチェックします。

ログの送信先メールアドレス、送信元
管理者のメールアドレスが入っていますが、そのままでOKです。

最後に「変更」をクリックします。

スケジュールの設定

ジョブスケジュール
定期バックアップのスケジュールを設定する場合は、「WordPressのcron」にチェック。
設定しない場合は「手動」にチェックします。

WPのバックアップ

実行時間をスケジュール
スケジューラーの種類 ⇒ 基本

スケジューラー 毎時~毎月まで選べます。
PCを起動していなくてもバックアップを実行してくれるので、サーバーが混んでいなさそうな朝方などを選ぶとよいでしょう。

以下の例は、毎週日曜日の午前4時にバックアップを実行する設定です。

最後に「変更」をクリック。

WPのバックアップ

DB(データベース)バックアップの設定

バックアップするテーブル、バックアップファイル名はデフォルトのままでOK。

バックアップファイルの圧縮 ⇒ GZipにチェック

WPのバックアップ

ファイルの設定

バックアップするフォルダ:基本的にデフォルトのままでOKです。

サブドメインを設定している場合は、「コンテンツフォルダをバックアップ」にサブドメインサイトのWordPressインストールフォルダが表示されます。
そのバックアップが必要ない方は、チェックを入れてそれを除外するとよいかもしれません。

BackWPup

「テーマのバックアップ」では、テーマ名が表示されるので、使っていないテーマにチェックを入れて除外するとよいでしょう。

WPのバックアップ

プラグインの設定

プラグインの設定は基本的にデフォルトのままでOKです。

WPのバックアップ

宛先の設定

バックアップの保存先の設定です。

バックアップを格納するフォルダー:デフォルトのままでOK

ファイルを削除:フォルダ内に保存するファイルの数を設定します。

頻繁に記事を更新する方は多めにするとよいですが、あまり多いとサーバーの容量を圧迫します。

BackWPup

設定が完了したか確認

これまで行った設定が無事完了したか確認します。

管理画面の「ジョブ」をクリック

WPのバックアップ

ジョブの一覧で、右側に「次回の実行」としてスケジュールが表示されていればOKです。

WPのバックアップ

今すぐバックアップを取る方法

定期的なバックアップではなく、今すぐジョブを実行してバックアップを取る事もできます。

管理画面の「ジョブ」をクリック

WPのバックアップ

ジョブ一覧で、ジョブ名の上あたりにカーソルを載せると、表示される「今すぐ実行」をクリック

WPのバックアップ

バックアップが実行され、進捗状況が表示されます。

WPのバックアップ

バックアップデータをダウンロードする方法

バックアップ実行後にそのデータをダウンロードする方法です。

管理画面で「バックアップ」をクリック

WPのバックアップ

バックアップファイルの一覧で、ダウンロードをクリックするだけです。

WPのバックアップ

ダウンロードファイルはZIPファイルです。
この中に各種ファイルとデータベースファイル(拡張子sql)が一緒に入っています。

復元の際には解凍して使います。

BackWPup

解凍するとこのようになります。

WordPressファイルデータベースファイルが入っています。
(データベースファイル以外がWordPressファイルです。)
※うち、①backwpup_readme.txt ②manifest.json ③***.pluginlist.****.txt(長いファイル名)の3つのファイルは、バックアップ生成時に作成されたファイルで、復元の際には使いません。

BackWPup

まとめ

私は利用しているエックスサーバーのバックアップデータが無料で利用できることに、長い間、気づいていませんでした。

最近は、レンタルサーバー会社の無料で利用できるバックアップ機能がかなり充実しているので、利用しているサーバーの機能を把握しておくとよいと思います。

その上で、どの程度、自分でバックアップを取るかを決めましょう。

タイトルとURLをコピーしました