スポンサーリンク

ConoHa WINGは料金が高い? 安く利用できる おすすめの方法(契約・支払い等)を解説【WordPress】

レンタルサーバー料金イメージレンタルサーバー

レンタルサーバーの中でも表示速度が速いと人気の高い「ConoHa WING」。

他社と比較して料金はどうなのでしょうか。

ここでは、ConoHa WINGの料金は高いか、安いか。
また、 ConoHa WING をなるべく安く利用するための5つの方法をご紹介します。

ConoHa WINGとは

コノハ

ConoHa WING(コノハウィング)は、2013年(ConoHa)にサービス提供を開始したレンタルサーバーです。
レンタルサーバー大手のGMOインターネットグループが経営しています。

「表示速度が速い」との評判で、人気を集め、多くの有名ブロガーも使っています。

「ConoHa WING」の特長
  • 国内最速と謳っている高機能・高性能サーバー
  • 機能や管理画面など初心者が扱いやすい。
  • 価格がリーズナブルで、独自ドメインを無料で取得できる

ConoHa WINGの料金は高い?安い?

料金確認イメージ

以下の表では、人気の高い主要なレンタルサーバー(同価格帯のプラン)で月額料金を比較しています。(※キャンペーンによる割引きは適用していない料金です。)

ここに挙げているレンタルサーバー各社のプランは、高性能・高機能で初心者には十分なスペックで、どれもおすすめできる内容です。

 初期費用月額料金(12カ月契約) 
ConoHa WING(ベーシック)無料990円
エックスサーバー(スタンダード)
3,300円1,100円
mixhost (スタンダード)無料1,078円
ColorfulBox(BOX2)無料(3ヶ月以上契約)1,166円
ロリポップ!(ハイスピード)
無料825円

ConoHa WINGは初期費用無料で、エックスサーバー、mixhost、ColorfulBoxの同価格帯プランより若干安いです。
ただ、低料金が特徴のロリポップよりは高いです。

ConoHa WINGは他社より若干安め。高性能・高機能なのでリーズナブルです。

なるべくコストを抑えて始めたい方はロリポップがおすすめです。

大きな割引があるキャンペーンもチェックして比較してみましょう。
サーバー会社の多くがキャンペーンを実施しています。

料金を安く利用できる おすすめの方法5つ

低料金

ConoHa WING をなるべくお得な料金で利用するためのおすすめの方法は以下の4つです。

ConoHa WINGの料金を安くする方法
  • キャンペーンを利用する
  • WINGパックで、長期契約割引とドメイン無料を使う
  • 月初めに申し込む
  • WordPress有料テーマを割引料金で購入する
  • 学割を利用する

それぞれの方法を見ていきましょう。

キャンペーンを利用する

ConoHa WINGは、たいていの場合、キャンペーンを実施しています。

時期によってキャンペーンの内容は違います。

現在、実施中のキャンペーンはこちらです。

ConoHa WING【キャンペーン情報】(2021年12月10日(金)18:00まで)
「Early Winter キャンペーン」
対象:全プラン、「WINGパック」12ヶ月契約以上の新規申込み
「ConoHa WING」通常価格より最大37%OFF、月額828円から利用できる。
プランや契約期間によって割引率が変わります。
※「WINGパック ベーシック」の例
37%OFF(36カ月契約)、33%OFF(24カ月契約)、29%OFF(12カ月OFF)

ConoHa WING 公式サイト

WINGパックで、長期契約割引とドメイン無料などを利用する

WINGパック は各種割引が利用できお得

ConoHa WINGには「WINGパック」と「通常」の2種類の料金体系があります。

 WINGパック通常
料金設定長期利用割引プラン1時間単位の料金体系
料金(ベーシックの場合)880円~1時間2.2円~
1カ月最大1,320円
初期費用無料無料
割引(キャンペーン等)実施時に適用適用されない
ドメイン永久無料×
最低利用期間3カ月なし
WINGパックのメリット
  • 長期割引で安く利用できる。(最短契約期間は3カ月)
  • キャンペーンの割引を利用できる。
  • 独自ドメインが2つ永久無料

「WINGパック」は「通常」とは異なり、各種割引が利用できます。

また、独自ドメイン永久無料特典があるので、毎年の更新料を節約できます。

ドメインの更新費用は概ね年間1,500~3,000円程度かかるので、無料だとサーバーの利用年数が長くなるほど、お得です。

さらに、ConoHaサーバーの中でドメインの管理を一本化できるため、初期設定が簡単になり、初心者には助かります。

「通常」プランのメリット
「通常」プランは最低利用期間がなく、時間単位の料金設定なので、使った分だけの料金しかかからないので、利用時間が少ない方は安く利用することができます。

料金は1時間2.2円で、1カ月最大1,320円です。

また、WINGパックは3カ月からの契約なのに対し、最短契約期間がないので、気軽に始めやすいです。

結論として、一般的な使い方だと、各種割引を利用できる「WINGパック」がお得

契約期間が長いほど安くなる

契約期間が長くなるほど、割引率が高くなります。

ConoHa WINGは長期利用割引プランで、最低契約期間が3カ月です。

契約期間が長いほど割引率が高くなります。

WINGパックの料金・割引率
契約期間ベーシックスタンダードプレミアム
初期費用無料無料無料
3ヶ月1,210円2,530円5,060円
6ヶ月1,100円2,365円4,730円
12ヶ月990円2,145円4,290円
24ヶ月935円2,035円4,070円
36ヶ月880円1,925円3,850円

ConoHa WING 公式サイト

機能は、どのプランも同じで、プランによってスペックが変わります。
これからWordPressをはじめる初心者は、スペック的に「WINGパックベーシック」で十分です。

また、プランの変更も可能です。

月初めに申し込む

ConoHa WINGは契約後、課金が始まるのは、申し込んだ日の翌月1日からです。

契約期間が開始するまでのご利用料金は無料。月初のお申込みで、最大31日間無料でご利用いただく事ができます。

WINGパック公式サイト

例えば、7月1日に申し込んだ場合、1カ月後の8月1日から課金されることになり、最初の1カ月間無料で利用できます。

7月31日に申し込んだとしたら、翌日からの課金となり、無料期間はほとんどありません。

契約を急がない場合は、月初めを待って申し込むとお得です。

月初めに申し込むと最大約1カ月間、無料で利用できます。

WordPress有料テーマを割引料金で購入する

WordPressの人気有料テーマである「THE SONIC」「JIN」「SANGO」を割引価格で利用できます。

安く購入できるWordPressテーマ
  • THE SONIC  8,580円 / 年 ⇒  6,578円 / 年
  • JIN 14,800円 ⇒   14,250円
  • SANGO  11,000円 ⇒   9,900円

これらのテーマはConoHa WINGの管理画面から購入できます。

また、無料テーマの「Cocoon」も管理画面からダウンロードできます。

WordPressテーマについて(公式サイト)

学割を利用する(学生・教職員対象)

ConoHa 学割

ConoHaには学生・教職員対象の優待サービスがあります。
ConoHaの支払いに使える「ConoHaカード」を10%OFFで購入できます。

利用するためためには、専用のエントリーフォームから申し込む必要があります。

ConoHa学割(公式サイト)

まとめ 

以上、ConoHa WINGの料金を安くする方法を解説しました。

ConoHa WINGのデメリットとして、エックスサーバーやロリポップなどで実施されている「無料お試し」を行っていない点があります。

しかし、「WINGパックベーシック」は、他社と比べても格安で利用できるので、かなりおすすめです。

また、各社の競争が激しいためか、かなりお得なキャンペーンも多いので、チェックしてみてください。

ConoHa WINGの料金を安くする方法
  • キャンペーンを利用する
  • WINGパックで、長期契約割引とドメイン無料を使う
  • 月初めに申し込む
  • 学割を利用する

こちらの記事もご覧ください。
ConoHa WING(コノハウィング)のデメリットとメリット(口コミ/評判)【徹底解説】

また、人気の高いおすすめのレンタルサーバー5社を比較した記事はこちらです。
WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーを厳選!

タイトルとURLをコピーしました