スポンサーリンク

【SSL化が超簡単!】「ConoHa WING」(コノハウィング)がWordPress初心者におすすめ

comoha-wingレンタルサーバー

WordPressでブログを始めるにはまず、レンタルサーバーが必要です。

しかし、WordPress初心者は、数多くのレンタルサーバーからどこを選んだらよいか迷ってしまうと思います。

そこで、性能やコスパで定評のある5社から選べば間違いないと思いますが、全くの初心者には、その中の「ConoHa WING」(コノハウィング)が特におすすめです。

ブログ開設時に初心者がつまずきやすいサイトのSSL化がワンタッチでできるからです。

ここでは、SSL化の設定と「ConoHa WING」がおすすめの理由をご紹介します。

初心者におすすめのレンタルサーバーはどれか

おすすめのレンタルサーバー5社

私は、サイト運営やWordPress開設のサポートなどを通じて、色々なレンタルサーバーを実際に使ってみましたが、WorPressを始めるなら性能やコスパで定評があり、人気も高い以下の5社(プラン)がおすすめです。

性能や安定性重視の方におすすめの5プラン
エックスサーバー
ロリポップ
ミックスホスト
カラフルボックス

以下の5社はどれも性能や安定性があり、コスパ抜群のサーバーです。

  • エックスサーバー(スタンダード)
    安定感抜群の老舗レンタルサーバー。
  • ConoHa WING(WINGパックベーシック)
    高速サーバーとして定評。管理画面が使いやすい。
  • ロリポップ(ハイスピード)
    老舗の高性能サーバーが低価格で利用できる。
  • ColorfulBox(カラフルボックス)(BOX2)
    コスパ最強サーバーとして定評
  • mixhost(スタンダード)
    最新スペックのレンタルサーバーを低価格で提供。
とにかく安く始めたい方におすすめの2プラン

ロリポップ
カラフルボックス

とにかく安く始めたい方は、以下の2社の定額プランがおすすめ。

超初心者にはSSL化が簡単な「ConoHa WING」がおすすめ

コノハ

先のおすすめ5社はどのサーバーを選んでWorPressを始めるのに十分だと思います。

ただ、全くの初心者にはSSL化が簡単にできる「ConoHa WING」 がおすすめです。

SSL化はWordPressサイトに必須ですが、ちょっと面倒な設定があり、初心者がつまづきやすいからです。

「カラフルボックス」もSSL化が簡単にできるのですが、管理パネルが使いやすい 「ConoHa WING」 の方がおすすめです。

以下、初心者にとってなぜ、おすすめなのか解説します。

サイトのSSLについて

ssl化イメージ

SSL化(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上のWebブラウザとWebサーバー間の通信を暗号化し、データをやりとりする仕組みのことです。

SSL化したWebサイトは、URLが「https://」からはじまり、非SSL対応のWebサイトのURLは「http://」となります。

要するに、SSL化されたサイトは安全なサイトで、表示も「安全なサイト」として表示されます。

SSL化されたサイトはSEO的にも有利とされています。

古いサイトでは、SSLかされていないものもありますが、ブログを開始するにはSSL化は必須です。

以下のようにSSL化されているサイトは鍵マークが付いているのに対し、未SSL化サイトは「保護されていない通信」と表示され、印象も良くないです。

SSL化

SSL化に必要な作業

一般的なSSL化に必要な作業は以下です。

  1. レンタルサーバーで該当ドメインのSSL化設定を行う。
  2. ワードプレスの管理画面でSSL化設定を行う。
  3. レンタルサーバーで「.htaccess」ファイルを編集し、リダイレクト設定を行う。

①はレンタルサーバーによって設定方法が違いますが、必須です。

ワードプレスの管理画面でSSL化設定

②はワードプレス管理画面上の設定で簡単にできます。(管理画面 > 設定 > 一般設定)

httpにsを付けて、httpsに変更するだけです。

ssl化

リダイレクト設定 (.htaccessファイル編集)

③のリダイレクト設定が問題で、上級者向けの作業となっています。

作業自体はごく簡単なのですが、失敗すると、サイトに不具合が起きるので慎重さが必要です。

以下は「.htaccess」ファイルの編集画面です。(エックスサーバーの場合)

SSL化
SSL化リダイレクト

僕、初心者なんだけど

このような方には 「ConoHa WING」がおすすめです。

「ConoHa WING」以外で .htaccess の編集が不安という方は、「Really Simple SSL」というプラグインを使ってもできます。

「ConoHa WING」 だと .htaccess の編集は必要ない

ほとんどのレンタルサーバーでは、③の作業が必要になります。
※mixhost とカラフルボックスは、管理画面「cPanel」で .htaccess を編集せずにリダイレクト設定ができますが、 この記事では、管理画面が扱いやすい「ConoHa WING」をおすすめしています。

各サーバー会社のマニュアル
・エックスサーバー(Webサイトの常時SSL化
・mixhost(WordPressのSSL対応設定手順
・ロリポップ(WordPressで作成したサイトをSSL化するにはどうすればいいですか
・カラフルボックス(WordPressの常時SSL化対応方法

プラグインを使用すると「.htaccess」 ファイルを編集しなくてもできますが、余計なプラグインは出来れば入れないのがベターです。

「ConoHa WING」 だと、①のサーバーの「SSL化設定」を行うと、②③の作業も全て行ってくれるので、初心者には助かります。

「ConoHa WING」のマニュアルでは、以下のように書かれています。

SSLを設定すると自動的にhttpsのURLへリダイレクトされるようになります。
お客様自身で.htaccess等でリダイレクト設定するとリダイレクトのループが発生しエラーとなるケースがございます。

※「ConoHa WING」マニュアル無料独自SSLを設定する

「ConoHa WING」のSSL化設定の手順

ConoHa WING のSSL化設定の手順をご紹介します。

面倒な操作はなく、SSL化が完了。リダイレクト設定も自動的にできます。

ConoHa WINGの「かんたんセットアップ」では、手順に従って進めるだけで、「WordPressのインストール」と同時に「SSL化」も設定できます。
ここでは、「かんたんセットアップ」
ではなく、既にサイトを運営している場合のSSL化について解説します。

新規契約で「かんたんセットアップ」の場合の手順はこちら(オフィシャルサイト)

①コントロールパネルへログインし、上部メニューの「WING」をクリック

コノハウィングSSL化

②左側メニューの「サイト管理」をクリック

コノハウィングSSL化

「サイトセキュリティ」をクリック

コノハウィングSSL化

④上部タブの「SSL」をクリック

コノハウィングSSL化

「無料独自SSL」を開いて、「利用設定」「利用する」にします。

コノハウィングSSL化

これだけでSSL化完了です。
リダイレクト設定もWordPressで行う設定も済んでいます。

簡単ですね。

ConoHa WINGかんたんセットアップ申し込み方法(オフィシャルサイト)

まとめ

「ConoHa WING」 だと初心者でもSSL化があっという間に完了します。

WordPressに多少慣れてくると、SSL化の設定の容易さの優先順位はあまり高くありません。

しかし、全く初めての方にとっては、選ぶポイントの一つになってきます。

サーバーの設定は実際に使い始めないと気が付かないことが多いので、参考にしていただけたら幸いです。

ConoHa WING【キャンペーン情報】(2021年12月10日(金)18:00まで)
「Early Winter キャンペーン」
対象:全プラン、「WINGパック」12ヶ月契約以上の新規申込み
「ConoHa WING」通常価格より最大37%OFF、月額828円から利用できる。
プランや契約期間によって割引率が変わります。
※「WINGパック ベーシック」の例
37%OFF(36カ月契約)、33%OFF(24カ月契約)、29%OFF(12カ月OFF)
タイトルとURLをコピーしました