スポンサーリンク

WordPressが利用できる無料レンタルサーバー・おすすめは3つだけ【独自ドメイン対応】

無料レンタルサーバー

無料でWordPressを利用できるおすすめのレンタルサーバーをご紹介します。

無料のサーバーはもちろん、有料と比べるとスペックがかなり低いです。
中には広告なしで利用できるレンタルサーバーもありますが、WordPressが利用できないものが多いです。

今回紹介するのは、広告が表示されますが、 WordPressが利用でき、独自ドメイン対応で低いながらも最低限のスペックがあるサーバーです。

レンタルサーバーが無料でも独自ドメインを使う場合は、ドメイン取得費がかかります。
ドメインは、安いものは年間数百円で取得できます。

この記事はWordPressサイトの制作をサポートする上で、様々なサーバーを使った経験を元にしています。

無料レンタルサーバーのデメリット

デメリットイメージ
無料レンタルサーバーのデメリット
  • スペックが低い
    ディスク容量、転送量など有料サーバーと比較してスペックが低いです。
  • 安定性に不安がある
    有料サーバーと比較して表示速度が遅く、エラーが起きやすい場合が多いです。
  • 広告が表示される
    無料で利用できるレンタルサーバーはほとんどが広告表示されますが、HTMLのみのサイト等条件付きで広告表示されないサーバーもあります。
  • サポート対応が不十分
    無料レンタルサーバーでは、サポート対応をしていない場合が多いです。
  • サービスが突然終了する場合がある
    無料レンタルサーバーはサーバー会社にとってメリットが少ないので、突然サービスが終了するリスクがあります。
  • 同じ会社が運営する有料サーバーへ移行できない場合が多い
    同じ会社が運営する有料サーバーは異なるサービスの場合が多いです。その場合、有料サービスを利用するためには、新たに契約し、移転作業が必要です。

無料レンタルサーバーがおすすめの人

無料レンタルサーバーはスペックや機能が十分ではないので、WordPressでブログを本格的に始めたい方、収益化を目指す方にはおすすめできません。

ただ、無料で手軽で始められるというメリットを生かして以下のような方にはおすすめです。

無料レンタルサーバーがおすすめの人
  • WordPressがどのようなものか体験したい
  • コンテンツの少ない小規模なサイト
  • 趣味や個人のちょっとした情報発信に使いたい
  • サークルや仲間との間の情報共有の場として使いたい

無料レンタルサーバーを選ぶポイント

おすすめ

WordPressサイトに使う場合、スペックが低いのはやむを得ないとしても最低限必要なポイントがあります。

WordPressが利用できるか

無料レンタルサーバーでは、ワードプレスが利用できない場合も多いので、必ずチェックしましょう。

WordPressを利用するには、HTMLサイトとは違い、データベースが必要です。
データベースが利用できないサーバーは、WordPressをインストールできません。

運営会社は信頼性があるか

無料レンタルサーバーはサービスが突然終了するリスクがあります。

大手のサーバー会社が運営している無料レンタルサーバーを選択するば、そのリスクが比較的少なくなります。

ディスク容量が1GB以上あるか

無料レンタルサーバーだとディスク容量1GBは多い方です。
1GBを基準にディスク容量をチェックしましょう。

コンテンツや画像等が多く1GBでは足りないという方は有料サーバーを検討しましょう。

商用利用が可能か

商用利用が可能でないと、アフィリエイトリンク等広告を貼ることができません。

広告を貼る予定がなくても、利用しているうちに変わってくる可能性もあるので、利用目的が制限されない方がベターです。

WordPressが無料で利用できるおすすめのレンタルサーバー3選

WordPressが無料で利用できるおすすめのレンタルサーバーを3つご紹介します。

XFree (エックスフリー)

エックスフリー
「XFree」の特長
  • 老舗のエックスサーバーが運営
  • WordPressが簡単にインストールできる。
  • 無料サーバーでは珍しく独自ドメイン、データベースがそれぞれ5個利用できる。
注意点
  • 3カ月ごとの契約更新が必要
  • 無料独自SSLが利用できない
  • サポートがない
XFree「WordPressサーバー」
初期費用・月額費用無料
ディスク容量2GB
データ転送量(目安)
独自ドメイン利用可能
独自ドメイン(サイト数)5サイト
データベース数5個 (容量上限100MB)
簡単インストール
無料独自SSLなし
サポートなし
広告表示スマートフォン、タブレット端末のみ
メールアカウントなし
自動バックアップなし
商用利用可能
有料プランへの変更できない

XFreeは、広告表示なしの「HTMLサーバー機能」、「PHP・MySQLサーバー機能」、「WordPress機能」の3つのプランがあり、うちWordPressが利用できるのは 「WordPress機能」 のみです。

「WordPress機能」の広告はスマホのみで、PCでアクセスした場合は表示されません。

ちなみに、エックスサーバー社は「wpXブログ」という無料でWordPressが使えるサービスを提供しています。
ただ、wpXブログはテーマやプラグイン、機能等で制約が多いため、ここでは紹介していません。

XREA Free(エクセリア フリー)

xrea
「 XREA Free 」の特長
  • GMOグループの「GMOデジロック」が運営
  • 無料プランでメールが利用でき、サポートもある。
  • 無料独自SSLが利用できる。
注意点
  • プランは、有料プランと無料プランの2つしかない。
XREA Free
初期費用・月額費用無料
ディスク容量1GB
データ転送量(目安)1GB/日
独自ドメイン利用可能
独自ドメイン(サイト数)1サイト
データベース数1個 
簡単インストールあり
無料独自SSL利用可能
サポートメール、チャット
広告表示あり
メールアカウント最大100個
自動バックアップ有料(150円 / 月)
商用利用可能
有料プランへの変更可能

XREAはプランが無料、有料の2つだけのシンプルなサーバーです。
有料プランも月額210円(12カ月契約)と格安です。

無料プランでも無料独自SSL、簡単インストール等の機能があり、最大10のドメインが利用できます。(データベースは1つのみ)

設定が初心者には難しいとの評判がありますが、公式サイトに初心者にも分かるように書かれたマニュアルがあります。

無料プランから有料プランへの変更は可能ですが、有料プランが1つだけなので選択肢は少ないです。

スターサーバーフリー(Star Server Free)

star-serverフリー
「 スターサーバーフリー 」の特長
  • エックスサーバーの関連会社ネットオウルが運営
  • 無料プランでメールが利用でき、サポートもある。
注意点
  • 独自SSLが利用できない。
  • サポートがない。
  • 有料プランへの変更はオプションプラン「フリー WP プレミアム」(月額550円・12カ月契約の場合)のみ。
スターサーバーフリー「フリー PHP+MySQLプラン」
初期費用・月額費用無料
ディスク容量2GB
データ転送量(目安)
独自ドメイン利用可能
マルチドメイン(サイト数)1サイト
データベース数1個 (容量上限50M)
簡単インストール
無料独自SSLなし
サポートなし
広告表示スマホのみ
メールアカウントなし
自動バックアップなし
商用利用可能
有料プランへの変更オプションプラン(1プラン)のみ可能

エックスサーバーの関連会社ネットオウルが運営。

スターサーバーフリーは、広告表示なしの「フリープラン」、「フリー 容量増加プラン」、「フリー PHP+MySQLプラン」の3つのプランがあり、うちWordPressが利用できるのは 「フリー PHP+MySQLプラン」 のみとなっています。

「フリー PHP+MySQLプラン」 の広告はスマホのみで、PCでアクセスした場合は表示されません。

スターサーバーフリーは有料プランに移行できますが、オプションプラン「フリー WP プレミアム」(月額550円・12カ月契約の場合)のみ。
幅広いプランがある有料サーバー「スターサーバー」とは別扱いです。

いずれ「スターサーバー」を利用する場合は、月額275円(12カ月契約)からWordpressが利用できるので、フリープランを使わず、最初から有料プランで契約した方が手間がかかりません。

注意点
  • 無料独自SSLは利用できない。
  • データベースの容量制限がある(50MB)

タイプ別 おすすめサーバー

おすすえの無料レンタルサーバー3社は、Wordpressを始めるのに最低限の要素を満たしていますが、やはり有料サーバーとは違って、何かしら不十分な点があります。

以下にタイプ別のおすすめ無料サーバーをまとめました。

タイプ別おすすめ無料サーバー
  • 無料独自SSLを利用したい ⇒ 「XREA Free」
  • スマホのみの広告にしたい ⇒ 「XFree」「スターサーバーフリー」
  • 複数サイトを作成したい ⇒ 「XFree」
  • メールアカウントがほしい ⇒ 「XREA Free」
  • ディスク容量をできるだけ大きくしたい ⇒ 「XFree」
  • サポートのあるサーバーを利用したい ⇒ 「XREA Free」

最近はSSL化が必須ですが、無料SSLが利用できる無料レンタルサーバーは限られています。
おすすめ3社の中では XREA Free のみです。

全体を見ると、 XREA Freeのサービス内容が他の2社と比較して充実しています。また、有料プランが1つだけと少ないですが、無料から有料プランに簡単にアップグレードできます。

その点、XFree、スターサーバーフリーは、有料プランが異なるサービスとなっています。

本格的にWordPressを運用したい方は有料サーバーを検討しよう

以上、無料レンタルサーバーを紹介しましたが、本格的にWordPressを運用したい、まだよく分からないがサイト運営を長く続けたい、または、アフィリエイトをやってみたいという方は、有料のレンタルサーバーの検討をおすすめします。

また、同じ会社が運営していても、無料サーバーと有料サーバーは別サービスで、新たに契約したり、移転作業が必要な場合が多いので、いずれ有料サーバーを利用したいと考えている方は、最初から有料サーバーと契約した方が手間がかかりません。

格安であれば月額100円代から、500円以上だと高スペックなレンタルサーバーが利用できます。

以下の記事に有料レンタルサーバーの比較をまとめています。

関連記事 WordPressが使える格安レンタルサーバー徹底比較

関連記事 WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーを厳選!

有料レンタルサーバー おすすめランキング

1位 エックスサーバー

・安定感抜群、高スペック・高機能・高速の老舗サーバー。
・国内シェアNo.1、運用サイト数は200万件を突破!

2位 ConoHa WING(コノハ ウィング)

・国内レンタルサーバーの中で高速サーバーとして有名
・管理画面がシンプルで使いやすい
・簡単な操作など初心者に配慮されている

3位 ロリポップ!

・安くて安定性能、コスパに優れたサーバー。
・超高速Webサーバー「LiteSpeed」を格安で利用できる。

4位 ColorfulBox(カラフルボックス)

・コスパ抜群。性能も兼ね備えながら安くブログ運営を始められる。
・超高速Webサーバー「LiteSpeed」と「HTTP/3」「QUIC」の高速化技術にも対応。

5位 mixhost(ミックスホスト)

・「アフィリエイター&ブロガー満足度」など3つの満足度調査でNO1を取得!
・LiteSpeedやHTTP/2を日本で初めて導入したサーバー。

タイトルとURLをコピーしました