スポンサーリンク

【格安】リトルサーバーはコスパがいい?メリット・デメリット(口コミ/評判)

リトルサーバーイメージレンタルサーバー

リトルサーバーは、月額150円からワードプレスを始められるコスパのよい格安サーバーです。

私も実際に使ったことがありますが、小規模なサイトなら十分なサービス内容で、格安では珍しく、自動バックアップ機能が無料で使用できます。

これからワードプレスブログを始める方向けに「リトルサーバー」のメリットとデメリット、口コミや評判等についてまとめました。

リトルサーバーがおすすめの方
  • サーバー料金をなるべく抑えてブログを運営したい。
  • 小規模なサイトを運営するので、スペックにはそれほどこだわらない。

この記事はWordPressサイトの制作をサポートする上で、様々なサーバーを使った経験を元にしています。

「リトルサーバー」とは

リトルサーバー
「 リトルサーバー 」の特長
  • 月額150円からワードプレスを運用できる格安サーバー
  • 全てのプランで、独自SSL、簡単インストール、自動バックアップ(無料・7日間)など最低限の機能が揃っており、SSDディスクを使用。
  • SSDは一部で最新のNVMeを採用
  • アダルト系コンテンツの運営が可能
注意点
  • 高速動作のSSDなどの高速化対応、http/2対応はワードプラン以上。
  • 独自ドメインの取得やサーバーとドメインの紐づけ作業が必要

リトルサーバーは、「リトルネットワーク」という高知県の会社の運営です。

最安値の格安プランは、データベースが1個というサーバーが多い中、最安値のミニ(月額150円)でも3個のデータベースが使えます。(ドメインは無制限)
また、格安では珍しくバックアップが無料で利用できます。

WordPressがの高速化はワードプランからですが、ミニプランで始めて後でアップグレードすることも可能です。

リトルサーバー【キャンペーン情報】
現在、実施中のキャンペーンはありません。

リトルサーバーのプラン

プランは4つあり、最上位の「ビック」でも月額500円以下となっています。

リトルサーバーのプラン(※キャンペーン割引前の料金)
 ミニワードリトルビック
初期費用920円
月額料金(12カ月契約)150円195円 250円430円
ディスク容量20GB(SSD)30GB(SSD)60GB (SSD)120GB (SSD)
データ転送量(目安)30GB/日45GB/日60GB/日180GB/日
WEBサーバーApache
サイト数
データベース数
無制限
データベース3個 
無制限
データベース5個 
無制限
データベース10個
無制限
データベース50個
高速化設定・http/2×
簡単インストール
無料独自SSL
自動バックアップ機能
サポートメール

リトルサーバー 7つのメリット

ロリポップのメリットについて解説します。

リトルサーバー 7つのメリット
  • 料金が格安で運営費用を抑えられる。
  • 全てのプランでWordPressが利用できる。
  • 高速化対応をしている(ワードプラン以上)
  • 自動バックアップ機能(過去7日分)が無料で利用できる
  • 独自ドメインの利用が無制限
  • 20日間の無料お試し期間がある
  • アダルト系コンテンツの運営が可能

料金が格安で運営費用を抑えられる

リトルサーバーは最も安いプランで月額150円(12カ月契約)でWordPressを使えます。

最も高いプランでも月額420円です。

大手のレンタルサーバーだと、月額500~1,000円程度かかります。

ただ、リトルサーバーはどのプランも初期費用が920円かかります。

最安値プラン「ミニ」の場合、初年度は、初期費用+年間費用で、年額2,720円(12カ月契約の場合)となります。

全てのプランでWordPressが利用できる

格安サーバーの最安値プランはWordPressが利用できなかったり、データベースが1つしか使えないというケースがあります。

ロリポップの最安値プラン「エコノミー」(月額132円・12カ月契約)、ラクサバの最安値プラン「ラクラクミニ」(月額99円・12カ月契約)はともにWordPressが利用できません。

リトルサーバーの場合、最安値プラン「ミニ」でもWordPressが利用でき、独自ドメインは無制限、データベースは3個利用できます。

リトルサーバー

また、WordPressを簡単にインストールできる「WordPress・超かんたんインストール」機能があります。

高速化対応している

格安レンタルサーバーでも最近はHDDではなく、SSDを採用するところが増えてきましたが、リトルサーバーも全てのプランでSSDを採用。
さらにSSDの一部は、より高速化されたNVMeを採用しています。
(どのプランでNVMeを採用しているかは非公開)

ただ、高速化設定は「ワードプラン」以上となっています。

高速動作するSSD、http/2対応などの高速化設定は「ワードプラン」以上。
モジュール版PHPは「リトルプラン」以上となっています。

私も実際に「リトルプラン」を使ったことがありますが、快適に動作していました。

自動バックアップ機能(過去7日分)が無料で利用できる

リトルサーバー

リトルサーバー は7日間自動バックアップ機能が付いています。復元も無料です。

格安サーバーで自動バックアップが無料で利用できるのは珍しいです。

独自ドメインの利用が無制限

リトルサーバーは全プランで利用できる独自ドメイン、サブドメインの数が無制限です。

また、メールアドレスも独自ドメインのものは上限数は設けておらず、無制限で作成が可能です。

20日間の無料お試し期間がある

リトルサーバー

20日間の無料お試し期間があります。
期間が長いのでじっくり試して本契約するかどうかを決めることができます。

クレジットカード情報不要は不要なので気軽に利用できます。

アダルト系コンテンツの運営が可能

リトルサーバーは法令に反する内容でなければアダルト系コンテンツの運営が可能です。

法令に反するアダルト系コンテンツの公開は原則として禁止させていただいております。

なお、過激な描写のないソフトアダルトやイラストCGなどを含め、文章を主体としたコンテンツにつきましてはアダルト系サイトとは看做さず、ご利用には差支えございませんが著作権などの取り扱いには十分ご注意ください。

※法令に反しないアダルト系コンテンツ(関係機関への届出済など)の公開は可能です。

引用元:リトルサーバー公式いサイト

カラフルボックスの良い評判(口コミ)

good

SNS上のカラフルボックスに関する良い評判(口コミ)です。

料金やサービスに関する口コミ

更には月額165円のヤシブロ御用達サーバーのリトルサーバーもCloudFlareの救い手により速度もご機嫌!どうだアドセンス!かかってこいよ…! [PICK UP ! ] ドケチ極めるブロガーへ捧げる!リトルサーバーで月額165円のWordPressサーバーを手に入れろ!

やっしー┃ヤシブログ管理鳥┃@yassyblog·

とりあえずWordpressブログをはじめたい人はリトルサーバーが最適ですよ! 月150円でできます。 もちろん僕もリトルサーバーでブログ作ってます。

引用:オーラン@オウンドメディア運用代行

リトルサーバーは、月150円から利用できる、格安で多機能のレンタルサーバーです。管理画面も使いやすいので、リトルサーバーは本当におすすめです!

EDUVIDIA@eduvidia_com

サポートに関する口コミ

何故かサブドメイン付きのavr-dil-labo[.]comがリダイレクトされなかったんだが サポに相談したら速攻で 1.htaccessの301リダイレクトを一時的にリネームして無効化 2www付きドメインをSSL化 3再び.htaccessのリネームを戻して有効化 してくれた。 クソ安いのに速いしサポ品質も良いリトルサーバーは神

荒井夏樹 AVR@GT500MOD販売中

リトルサーバーさんとはブログのトラブルでメールでも何度かやり取りしてるんですけど、めっちゃ親身になって対応してくれるんでありがたいです

引用元:ジロ@端株投資ブログ「ジロろぐ」運営中

大手レンタルサーバーと比べると口コミの数は少ないですが、全体的によい口コミが多くみられました。

やはり価格が安くWordPressに対応していることに対しての口コミが大半でした。

サポート(メール)の対応がよいという口コミもありました。

リトルサーバー6つのデメリット

犬

カラフルボックスのデメリットについて解説します。

リトルサーバーの6つのデメリット
  • ドメイン取得やサーバーとドメインの紐づけ作業が必要
  • ディスク容量やデーター転送量が少なめ
  • 最安値プランは高速化対策未対応
  • 大手と比較して信頼性・安定性に不安がある
  • 電話サポートはない

ドメイン取得やサーバーとドメインの紐づけ作業が必要

これは、リトルサーバーに限ったことではありませんが、独自ドメインは自分で取得して、サーバーで利用できるよう紐づけの作業が必要です。

それほど面倒なことはないのですが、全くの初心者にとっては少々面倒かもしれません。

一方、ConoHa WINGやエックスサーバーなどの「独自ドメイン無料特典」を利用した場合は、契約の手順に従うだけでドメインにWordPressが簡単にインストールできる機能が利用でき、初心者には助かります。

ディスク容量とデーター転送量が少なめ

ディスク容量がそれぞれミニプランが20GB、ビッグプランが120GBとなっています。

また、1日あたりの転送量の目安は、ミニプラン30GB、ビッグプラン180GBです。

これに対してエックスサーバーのスタンダードプランは、ディスク容量が300GB、データ転送量が900GB/日と大幅な差があります。

リトルサーバーは、小規模なサイトなら問題ないと思いますが、画像や動画が多くなってくると注意が必要です。

大手と比較して信頼性・安定性に不安がある

リトルサーバーは2015年に設立された会社が提供している比較的新しいサービスです。

会社の情報等はネット上に少なく、情報の開示や口コミの多い大手と比べると信頼性や安定性の面で若干不安はあります。

電話サポートはない

リトルサーバーのサポートはメールのみです。

公式サイトでは、メールは通常24時間以内に回答していると記載されていますが、急を要するトラブル等の際もある程度待つ必要があります。

お問い合わせの返信は、通常24時間以内に行なっておりますが、調査が必要な場合、お問い合わせが集中した場合などは、お時間をいただく事がございます。

引用元:リトルサーバー公式サイト

カラフルボックスの悪い評判(口コミ)

bad

SNS上のカラフルボックスに関する悪い評判(口コミ)です。
※悪い口コミと良い口コミが混ざっているものもあります。

契約に関する口コミ

リトルサーバーのお試し期間過ぎて自動契約かなと思ってたら、本契約しなきゃならなかったのか… データ全て飛んだwww(泣)

ysk/itoh(C7.work)

お試し期間が終了して本契約しなかったらデータが消えてしまったという口コミがありました。

他にはブログでクレジットカードの再発行がらみで更新できずデータが消えてしまったというレビューがありました。

公式サイトには以下のように書かれています。決済不能のケースでの案内はこないようで注意が必要です。

ご契約の更新・クレジットカードの場合
ご契約期間が終了する月の27日に(土日・祝祭日の場合は翌営業日)自動更新が行なわれます。

カード情報変更や有効期限切れ、与信失敗、その他何らかの原因によって決済不能の場合を除き、弊社よりメールなどによる個別のご案内はいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。

引用元:リトルサーバー公式サイト

障害に関する口コミ

リトルサーバーのメンテナンスが伸びてるみたいだな。 割合メンテで予定時間を越えるイメージは多い。

引用元:ジロ@端株投資ブログ「ジロろぐ」運営中

何故かHPのサーバーがダウンしているみたいです汗マーク色々弄ってみたのですが、内部サーバーのエラーらしいのでこれ以上私に出来る事は無さそう………。
折角土曜日にリトルサーバーさん本契約しようと思っていたのに号泣
後で確認してみなきゃ〜〜〜!!

引用元:おつとる@otu_toru

また、2021年7月と2019年9月に障害が発生したようで、それに関するツイートがいくつか見られました。
下記のツイートは2021年のものです。

ブログ初心者におすすめのプランは

おすすめプランは「ワードプラン」「リトルプラン」

高速化機能がワードプランから有効なので、12カ月契約で月額195円のワードプラン、月額250円のリトルプランがおすすめです。

最上位の「ビッグプラン」(月額430円)だと、スペックが高い大手のサーバーの価格とそれほど変わらないので、格安サーバーのリトルサーバーを選ぶメリットが少なくなってしまうと思います。

ただ、ブログを運営しているうちにサイトが成長して、高いスペックが必要になるケースも予想されますが、最上位のビッグプランでもディスク容量が120GB、データ転送量が180GB/日と、大手の人気サーバーと比較するとかなり少ないです。

ブログを始めたばかりだと、どの程度のスペックが必要がピンとこないかもしれませんが、月額500円以上のコストが負担できる方は、最初からランクが少し上のサーバーを選ぶことをおすすめします。

リトルサーバーには20日間のお試し期間があります。

20日間あるのでじっくり試してから契約することができます。

リトルサーバー【キャンペーン情報】
現在、実施中のキャンペーンはありません。

まとめ~「リトルサーバー」はコスパが良い

以上、リトルサーバーのデメリットとメリットを詳しくみてみました。

料金が100円代の格安サーバーの中では機能が充実していてコスパがよく、良い口コミも多いです。

ただし、ブログの収益化やアフィリエイトサイトを運営するなら、安定性やスペック・機能性がさらに優れたレンタルサーバーを検討するのがおすすめです。

▼おすすめの格安レンタルサーバー10社を比較した記事はこちら
WordPressが使える格安レンタルサーバー10社徹底比較

▼おすすめのレンタルサーバー5社を比較した記事はこちら
WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーを厳選!

タイトルとURLをコピーしました