当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【会員制サイト向け】おすすめ日本製 WordPressテーマ3選(実例集あり)

ログイン

会員制サイトを構築するのに最適な日本製WordPressテーマをご紹介します。

ここで紹介するテーマは、限定コンテンツや会員専用ページ等のある会員制サイト向け、会員制SNSサイト向け、オンラインサロン向けなど、それぞれ内容が異なります。

外部に依頼すると高額な製作費用がかかってしまいますが、あらかじめ会員制サイト構築のための機能が備わっているテーマを使って自前で制作することで、大きくコスト削減ができます。

目次

会員制サイトについて

会員制サイトとは

会員制サイトには、一般的に以下のような機能があります。

  • 会員登録とログイン機能
    ユーザーは会員になるために必要な情報を提供し、アカウントを作成。
  • 会員限定コンテンツの提供機能
    作成したアカウントを使用してログインすることで、一般の訪問者には公開されていない特定のコンテンツや情報にアクセスできます。
  • ユーザーページ機能
    ユーザープロファイル: ユーザーは自身のプロファイルを管理できます。
    プロファイルには、個人情報や連絡先情報、プロフィール画像などが含まれます。
  • ユーザー間のコミュニケーション機能
    フォーラムや掲示板、SNSなどユーザー同士がコミュニケーションを取るための機能がある会員制サイトもあります。

会員制サイトを作成する方法

WordPressを使うと、プラグラミングの知識がなくても比較的容易に会員制サイトを作成することができます。

WordPressを使って会員制サイトを作成する一般的な方法は以下です。

  1. 会員制サイト作成用のプラグインを使う
    「WP-Members Membership Plugin」といった会員制サイト用のプラグインが無料で数多く提供されています。その多くは海外製です。
    内容もシンプルなものから多機能なもの、SNSに近い機能など様々な種類にプラグインがあります。
  2. 会員制サイト用の機能が実装されているWordPressテーマを使う
    有料で数は少ないですが、会員制サイト用の機能が実装されているWordPressテーマもあります。

プラグインを使用する方法は無料で使えるので、コストを大幅に削減できるメリットがあります。

一方、会員制サイト用の機能が実装されているWordPressテーマを使う方法は、コストがかかりますが、サイト全体と会員ページのデザインの統一性や他の機能と連携がなされている場合が多いというメリットがあります。

ただ、コストがかかるといっても外部に制作を依頼すると高額な費用がかかるので、対応テーマを使うことで大幅なコスト削減ができます。

この記事では、方法2で使用する、会員制サイト用の機能が実装されている国産のWordPressテーマを紹介します。

オリジナルの会員制サイトを作成したいという方は

上記の方法と比べて費用がかかりますが、専門の業者に依頼すると、オリジナルのデザインや機能を備えたサイトが構築できます。
オンラインサロンに特化した制作会社「ビルドサロン」(東京)では、無料見積りでどの程度の制作料金がかるか、気軽に確認できます。

会員制サイトを構築できるオススメの日本製Wordpressテーマ3選

会員制サイトを構築できるオススメの日本製Wordpressテーマを3つご紹介します。

3つのテーマはすべて、WordPressテーマの累計ユーザー数10万人以上、国内シェアNo. 1のブランドTCDシリーズのテーマです。

テーマに会員制サイト用の機能が実装されている日本製のテーマは数少ないです。

この記事で紹介する会員制サイトを構築できるWordpressテーマ

テーマ特徴価格(税込)公式サイト
TCD「EVERY」会員制WEBメディアを構築39,800円公式サイト
TCD「SHIPS」オンラインサロンプラットフォーム機能
を実装
39,800円公式サイト
TCD「ZOOMY」SNSサイトに必要な機能を包括49,800円公式サイト

会員制機能のあるECサイトが構築できるテーマ

また、この記事では紹介しませんが、TCDは会員制機能のあるECサイトを構築できる以下のテーマも提供しています。

テーマ特徴価格(税込)公式サイト
TCD「EGO.」小規模~大規模ECショップ向け39,800円詳細記事
TCD「GLAMOUR 」小規模~大規模ECショップ向け39,800円詳細記事
TCD「ICONIC」ミニマルに統一された美しいデザイン39,800円詳細記事

TCD「EVERY」会員制WEBメディアを構築

TCD-every

TCD「EVERY」は、会員登録・マイページ・高速化設定を実装した新しいWebメディアのWordPressテーマです。

会員と非会員で別のコンテンツを表示させることが可能で、会員限定のコンテンツなど、会員の差別化を図ることができます。

また、動画を効果的に使ったインパクトのあるトップページや機能的でデザイン性のある下層ページなど、ポータルサイトに必要な機能が充実しています。

名称ワードプレステーマ「EVERY(TCD075)
価格39,800円(税込)
購入買い切り
ライセンス複数のサイトで使用可能 / 制作代行には特別ライセンス契約が必要
TCD EVERYの特長
  • 自由度の高いトップページ構成を可能にするコンテンツビルダー
  • イメージ画像付きメガメニューに対応したグローバルメニュー
  • 会員登録・ログイン、退会、マイページ機能
  • 会員と非会員で別のコンテンツを表示させることが可能
  • 会員登録後の流れをスマートに自動化
  • メール通知機能
  • TCD独自の「高速化設定」機能を実装
  • 直感的操作で設定等ができるテーマオプション機能
  • カスタム投稿タイプ「レシピ」「お知らせ」
  • ローディング画面の設定機能(ロード画面の有無・ロゴ画像設定可)
TCD-every
会員制サイトに必要なログイン画面

「EVERY」のデモサイトを見る

TCD「SHIPS」オンラインサロンプラットフォーム機能を実装

TCD-ships

TCD「SHIPS」は、会員向けの情報発信ができるオンラインサロンプラットフォーム機能が実装されたWordPressテーマです。

会員制システムをサイトに導入することで、売上につながる会員・見込み客を集めることができます。

例えば、会員との関係性を繋ぐのに有益なツールである会員専用のマイページ機能が充実しています。

名称ワードプレステーマ「SHIPS(TCD098)
価格39,800円(税込)
購入買い切り
ライセンス複数のサイトで使用可能 / 制作代行には特別ライセンス契約が必要
TCD SHIPSの特長
  • 会員登録・ログイン・マイページ機能を搭載
  • 会員向けのマイページで会員限定コンテンツを掲載できる
  • 静止画スライダー、動画、Youtube対応のヘッダー3タイプ
  • チップページの好きな場所に好きなコンテンツを挿入できる「フリースペース」機能搭載
  • 会員に更新通知ができるカスタム投稿タイプ
  • カスタム投稿タイプ「お知らせ」「よくある質問」「感想・レビュー」を実装
  • チャート作成機能が充実
  • ローディング機能(ロゴ・キャッチフレーズ・アニメーション)
TCD-ships
ポップアップ表示される会員登録フォーム

「SHIPS」のデモサイトを見る

TCD SHIPSを使ったポータルサイト例 ※クリックで開く
そらビジ

ドローン初心者向け情報サイト
そらビジ

bachelor

男性向けオンラインサービス
Bachelor Academy

TCD「ZOOMY」SNSサイトに必要な機能を包括

TCD-ZOOMY

TCD「ZOOMY」は、SNSサイトに必要な全ての機能を包括したオールインワンパッケージのWordPressテーマです。

フォト・記事アップロード、いいね、フォロー機能などSNSに必要な機能の全てを実装し、ユーザーが集まる場を設置することができます。

また、自由度の高い会員登録フォーム、プロフィール機能を実装。メルマガ配信や会員リストのエクスポート機能などユーザーを増やすための機能も充実しています。

名称ワードプレステーマ「ZOOMY(TCD067)
価格49,800円(税込)
購入買い切り
ライセンス複数のサイトで使用可能 / 制作代行には特別ライセンス契約が必要
TCD ZOOMYの特長
  • フォト・記事アップロード、いいね、フォロー機能などSNSに必要な機能の全てを実装
  • 自由度の高い会員登録フォーム、プロフィール機能を実装
  • トップページヒーローヘッダースライダー(PC/スマホ)
  • 予約配信も可能なメルマガ配信機能
  • 会員登録・パスワードリセット、退会手続きを代行するオートメール作成機能
  • 会員登録の流れを作るユーザーフォーム作成機能
  • 不適切な投稿を管理者へ知らせることができる違反投稿報告機能
  • カスタム投稿タイプ「お知らせ」「写真」
  • 時短でテーマの着せ替えを可能にするテーマオプション管理
  • ローディング画面の設定機能
TCD-every
会員制サイトに必要なログイン画面

「ZOOMY」のデモサイトを見る

まとめ

会員制サイトを構築するのに最適な日本製WordPressテーマをご紹介しました。

会員制サイトとはいっても様々な種類があります。

会員登録とログイン機能があることは基本ですが、今回紹介した3つのテーマも、それぞれそれ異なった独自機能があります。

機能を把握の上、目的に合わせてテーマを選択しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次