スポンサーリンク

【厳選】ネットショップ(ECショップ)向けおすすめ 国産WordPressテーマ

ECショップECサイト

費用を抑えてWordPressでECサイトを開きたい

WordPressで作ったECサイトで集客につなげたい

使いやすくて、かっこいいECサイトをつくりたい

こうした希望に合った、おすすめのネットショップ用WordPressテーマをご紹介します。

WordPressの「テーマ+プラグイン」によって、小規模サイトから大規模サイトまで比較的簡単につくることができます。

WordPressテーマでネットショップを開設するメリット

まず、WordPressテーマでネットショップを開設するメリットです。

  • コストをあまりかけずにスタート、運営できる。
    WordPressはサーバー、ドメイン費用等とテーマ費用(有料の場合)が必要ですが、比較的少額で運営できます。
  • オリジナリティを出しやすい
    WordPressはカスタマイズの自由度が非常に高く、様々なテーマとプラグイン(拡張機能)を組み合わせながらネットショップのオリジナリティを出していくことが可能です。
  • ワードプレスのブログ機能で集客を図ることができる
    WordPressで様々な情報発信を行うことで、集客につなげることができます。

WordPressテーマでネットショップを開設するデメリット

一方、デメリットもあります。

それはセキュリティの面です。

WordPressは世界中で使用されているため、ハッキング行為の標的とされやすいので、WordPressは常にバージョンアップしながらセキュリティ強化に努めています。

特にECサイトはユーザーの個人情報や決済情報など重要な情報を保護する必要があるので、セキュリティプラグインを導入したりシステムをアップデートするなどして、常に対策していく必要があります。

そのため、全くの初心者にはおすすめできません。

初心者には、BASE、STORES、カラーミーショップに代表されるショップシステム(ASP)を利用するのがおすすめです。

このサービスはセキュリティ面の心配がありません。

無料でもはじめられ、別に作ったWordPressサイトと連携させることもできます。

WordPressサイトとASPの連携については、以下の記事をご覧ください。

BASEとWordPressを連携させる方法

STORESでWEBサイト(WordPressブログ等)にカート機能をつける【無料、簡単!】

ネットショップ用テーマを選ぶ前にプラグインを検討しよう

WordPressでネットショップを作成するためには、
WordPressテーマ+ネットショップ構築プラグイン
の組み合わせることになります。

ネットショップ構築プラグインを入れることで、ショッピングカートの導入や、管理画面での商品管理、在庫管理、受注管理、決済対応などができるようになります。

ネットショップ構築プラグインを導入すれば、ネットショップ用ordPressテーマでなくてもネットショップを作ることができますが、専用テーマの方がスムーズにショップを構築できるので、おすすめです。

専用テーマごとに対応しているネットショップ構築プラグインは違います。
ただ、国産テーマの場合は国産のWelcartに対応しているテーマが多いです。

おすすめのネットショップ構築プラグイン

おすすめのネットショップ機能導入プラグインを2つご紹介します。
どちらも無料でショッピングカート機能が利用できるようになります。

Welcart

welcart

国産のプラグイン。対応している国産WordPressテーマが豊富で、日本語マニュアルも充実しています。
機能はシンプルで設定できる項目が限られています。

Welcartオフィシャルサイト

WooCommerce

woocommerce

ショッピングカートの世界シェアNo.1で日本でも人気があります。
海外製ですが、日本語化プラグインも利用できます。
Welcartと比べると多機能で細かな設定ができます。

おすすめのネットショップ用WordPressテーマ4選

EGO

ECサイト用wpテーマ

おしゃれなWordPressテーマを多数、販売しているTDCのWordPressテーマ。

スタイリッシュなデザインの上に、使いやすい機能が盛りだくさんです。
ネットショップ構築プラグインWooCommerceとWelcartの両方に対応しています。

自由にコンテンツが変更できる設計になっており、規模の大きい店舗だけではなく、商品数の少ない店舗のシンプルなデザインにも対応できます。

EGOの特徴
  • ショッピングカートプラグインWooCommerceとWelcartの両方に対応
  • 洗練されたデザイン
  • 直感的操作で記事が作成できるページビルダー機能
  • モーダルウィンドウ、CTA、ABテスト等のマーケティングツールを実装
  • ランディングページを簡単に作成できる機能
  • 売上を上げるために必要な導線に配慮した設計
  • 豊富なオリジナルウィジェット

EGOオフィシャルサイト

GLAMOUR

ECサイト用wpテーマ

TDCのWordPressテーマ

「マガジン系ECテーマ」と謳っており、EC機能付きのWebメディアというイメージです。

商品数・ページ数が多いポータルサイト型のネットショップも構築できます。
スタイリッシュで商品を魅力的に見せるための工夫が随所にあります。

GLAMOURの特徴
  • ショッピングカートプラグインWelcartに対応
  • 自由度の高いトップページ構成を可能にするコンテンツビルダー機能
  • 直感的操作で記事が作成できるページビルダー機能
  • 商品に限らず、ブログや特集記事といった任意のコンテンツを表示できる分割スライダー搭載
  • 豊富なオリジナルウィジェット
  • アーカイブページや詳細ページでの表示/非表示が細かく設定できる

GLAMOURオフィシャルサイト

ICONIC

ECサイト用wpテーマ

TCDシリーズの一番最初のネットショップテーマです。

ミニマルに統一された美しいデザイン。幅広い業種に対応できる汎用性があり、使いやすいテーマです。

ICONICの特徴
  • ショッピングカートプラグインWelcartに対応
  • 自由度の高いトップヘッダースライダー
  • アイテム用のカルーセルスライダー
  • 自由度の高いトップページ構成を可能にするコンテンツビルダー
  • 商品ページへの導線となるメガメニュー機能
  • 直感的操作で記事が作成できるページビルダー機能
  • 見やすい商品一覧、商品に辿り着くまでの導線
  • 豊富なオリジナルウィジェット

ICONICオフィシャルサイト

Welthemes

weltemes

Welcart専門のネットショップ用デザインテーマ集です。

シンプルで洗練されたデザインのテーマが18種類あり、1つのテーマ5,800円と格安で購入できます。
雑貨系、ファッション系、ガーデン系、アート作品系、ブランドイメージ重視など様々なデザインから選択できます。

小規模なネットショップでコストを極力抑えたい方におすすめです。

Welthemesの特徴
  • ショッピングカートプラグインWelcartに対応
  • シンプルで美しいデザイン
  • 商品の写真をしっかり見せるような構成
  • 18種類のデザインテーマがあり、用途に応じて選択できる。
  • デザインのカスタマイズが簡単

Welthemesオフィシャルサイト

ネットショップ向けおすすめ 国産WordPressテーマ まとめ

洗練されたデザインの国産WPテーマを数多くリリースしている開発会社TCDは、ネットショップ向けテーマにも力を入れています。
安定感があり、それなりの規模のあるネットショップにはおすすめです。

また、WelthemesもWelcartに特化した数多くのデザインを提供しており、商品数の少ない店舗の方におすすめです。

店舗の規模や好みのデザインに応じてテーマを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました