スポンサーリンク

LiteSpeedが利用できるレンタルサーバーおすすめ【WordPressを高速化】

スピード速いイメージレンタルサーバー

WordPressと相性がよく、高速にPHPを処理できるWEBサーバーLiteSpeed(ライトスピード)が利用できるサーバーをご紹介します。

LiteSpeedは第四のWebサーバーとも呼ばれ、高速化の一環として導入するサーバー会社も増えてきました。

WordPressサイトを運営し、ページの読み込み速度を高速化したい方におすすめです。

この記事はWordPressサイトの制作をサポートする上で、様々なサーバーを使った経験を元にしています。

LiteSpeed とは

litespeed

LiteSpeed とは、 LiteSpeed Technologies社が開発・販売しているWEBサーバーのアプリケーションです。

Apacheと完全な互換性を保ちつつ、処理スピードが向上。応答速度を向上できるプロトコルのHTTP/2にも標準で対応しています。

「Apache」「Nginx」、Windows用の「IIS」に次ぐ第四のWebサーバーと呼ばれており、レンタルサーバーでも2017年ごろから導入されてきています。

Webサーバーとは

WEBブラウザからHTTP/HTTPSで送られたリクエストに応じて静的画面や画像などのサイトのデー(HTML、CSS、JavaScriptなど)をWebブラウザーに送ってくれる役割を持ったソフトウェアのことです。サイトを表示させるために必要です。

LiteSpeed の特長

PC
LiteSpeed の特長
  • Apacheとの互換性が高い
  • Apacheの3倍以上の応答速度
  • HTTP/2に完全対応
  • WordPress専用キャッシュで更に高速表示を実現

Apacheとの互換性が高い

多くのレンタルサーバーで利用されているApacheと互換性があり、そのため各種モジュールや「.htaccess」「mod_rewrite」等の設定ファイルが使えます。

Apacheの3倍以上の応答速度

「LiteSpeed Technologies」のサイトで公開されているPHPスクリプトの応答速度の比較では、青色(LiteSpeed)の速度が緑色(Nginx)、紫色(Apache)を大きく上回っています。

速度は  LiteSpeed Nginx Apache の順となっています。

さらにWordPressとの親和性が高いため、WordPressで利用する場合にはより高いパフォーマンスを発揮できます。

HTTP/2に完全対応

LiteSpeedは、HTTPプロトコル「HTTP/2」に完全対応しています。

さらに、Googleが開発した次世代プロトコルのQUICにも対応し、通信速度をさらに高速化できます。

HTTP/2 とは

WEBページのデータをWEBサーバーからデータをやり取りする通信方法(プロトコル)の一つです。複数の画像を読み込みなど複数のリクエストを送信でき、スムーズにレスポンスを返すことができます。
従来のHTTP/1.1は、1つずつしかデータのやり取りを行えませんでした。

QUIC とは

QUICは、GoogleがWebアクセスを高速化するために開発した技術。
TCPではなくUDP通信を使用した、HTTP/2の欠点を補うプロトコルで、簡単に言うと、通信速度がさらに高速化されるということです。

WordPress専用キャッシュで更に高速表示を実現

LighetSpeedCache

Webサーバー LiteSpeedで利用できるプラグイン「LiteSpeed Cache」を使うことで、キャッシュを有効化し、Wordpressサイトを更に高速化することができます。

「LiteSpeed Cache」 は、オブジェクトキャッシュ、HTML、JavaScript、CSS の縮小、自動ページキャッシュなど豊富な機能があります。

LiteSpeedが利用できるレンタルサーバー(おすすめ順)

LiteSpeedが利用できるレンタルサーバーをおすすめ順にご紹介します。

料金は月額1,000前後より安いプランをご紹介しています。

ロリポップ(「ハイスピード」プラン)

ロリポップ

ロリポップでは、LiteSpeedは「ハイスピード」以上のプランで採用

「 ロリポップ! 」の特長
  • 2001年にサービス提供開始。大手のGMOが運営している老舗サーバー
  • ユーザー数国内2位(2021年)
  • 高スペックの高速サーバーを低料金で利用できる。
  • 管理画面は分かりやすい
注意点
  • LiteSpeedは「スタンダード」以下のプランには採用されていない。
  • 自動バックアップが有料

サービス提供開始が2001年の老舗サーバー会社です。
低価格で安定したサーバーとして定評があり、多くのユーザーが利用しています。

「ロリポップ」おすすめプラン(全5プランのうち)
 ハイスピード
初期費用0円
月額料金(12カ月契約料金) 825
ディスク容量350GB SSD
データ転送量(目安)1TB/日(30.0TB/月)
サイト数 / データベース数無制限
簡単インストール / 簡単移行
無料独自SSL
管理画面の使いやすさ
自動バックアップ機能有料(300円/月)過去回7回分/ 復旧手数料11,000円
サポート電話、チャット、メール
ドメイン永久無料特典〇 12ヶ月以上の契約が条件

ロリポップは10日間の「無料体験」ができます。

ロリポップ【キャンペーン情報】
現在、実施中のキャンペーンはありません。

関連記事 「ロリポップは遅い」は本当?メリットとデメリット(口コミ/評判)

カラフルボックス(ColorfulBox)

カラフルボックス

カラフルボックスでは、LiteSpeedは全プランで採用

「Colorfulbox」の特長
  • 低価格で高性能のサーバーを利用できる
  • HTTP/2よりさらにに高速のHTTP/3対応
  • バックアップ先を完全に別の地域に設定する「地域別自動バックアップ」機能を備え、高い安全性を実現。
  • アダルトサイト専用サーバー有(BOX2以上のプラン)
注意点
  • 簡単移行機能がない
  • 2018年のサービス開始と新しく実績が少ない

新しいサーバー会社ですが、コスパ抜群のサーバーとして人気が高まっています。

「BOX2」は、スペックが高く、高性能・高機能ですが、できるだけ安い料金でWordPressを始めたい方は「BOX1」がおすすめ。
初心者にはスペックも十分で月額料金が安いです。

「カラフルボックス」おすすめプラン(全8プランのうち)
  BOX1 BOX2
初期費用無料(3ヶ月以上の契約の場合)/ 2,200円(1ヶ月契約のみの場合)
月額料金(12カ月契約料金)638円1,166円
ディスク容量150GB SSD300GB SSD
データ転送量(目安)200GB/日(6.0TB/月)600GB/日(18.0TB/月)
サイト数 / データベース数無制限
簡単インストール /簡単移行簡単インストール〇 /  簡単移行 なし
無料独自SSL
管理画面の使いやすさ△ cPanel使用
自動バックアップ機能過去14日分のデータ(無料)
サポート電話、チャット、メール
ドメイン永久無料特典なし

Colorfulboxは「30日間無料お試し」を実施しています。

【キャンペーン情報】(2022年5月5月2日(月)~終了時期未定)
■サーバー25%OFF!お得なクーポン提供
プロモーションコード(クーポンコード): SV25NQ4756YUMC
対象
:BOX2〜BOX8
・30日間無料お試し → 本契約(12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月)を行った場合にのみ有効
・12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月いずれかの契約
キャンペーン内容:クーポン適用で初回契約が特別価格
クーポンコードの使い方はこちらの記事をご覧ください。
■「ドメイン永久無料特典」の提供を開始(2022年5月16日)

関連記事カラフルボックス」の人気の理由は?メリットとデメリット(口コミ/評判)

mixhost(ミックスホスト)

mixhost

mixhostでは、LiteSpeedは全プランで採用

「mixhost」の特長
  • 最新の高機能・高スペックサーバーを手頃な価格で提供
  • HTTP/2よりさらにに高速のHTTP/3対応
  • アダルト・出会い系ジャンルのサイト運営もOK
  • プラン変更が容易で、残りの期間に対する差額が日割りで戻ってくる。
注意点
  • サポート体制が他と比べて弱い
  • 管理画面(cPanel)が初心者には分かりにくいかもしれない

新興のレンタルサーバー会社で、「LiteSpeed Webサーバー」をかなり早い時期に取り入れています。

最新の技術を導入しているため、特にサーバーへのこだわりが強い中上級者の間で人気が高いようです。

「mixhost」おすすめプラン(全5プランのうち)
 スタンダード
初期費用0円
月額料金(12カ月契約料金)1,078
ディスク容量250GB SSD
データ転送量(目安)600GB/日(18.0TB/月)
サイト数 / データベース数無制限
簡単インストール / 簡単移行
無料独自SSL
管理画面の使いやすさ△ cPanel使用
自動バックアップ機能過去14日分のデータ(無料)
サポートメール
ドメイン永久無料特典〇 12ヶ月以上の契約が条件 ※キャンペーン期間中

mixhostは「30日返金保証制度」を設けています。

mixhost【キャンペーン情報】終了日未定
対象ドメイン永久無料&プレミアム以上で初回支払い金額半額!
・初回支払い金額半額 :プレミアム以上のプラン
・対象ドメイン永久無料:12カ月以上の契約

関連記事 mixhostの人気の理由は?メリットとデメリット(口コミ/評判)

JETBOY

JETBOYでは、LiteSpeedは全プランで採用

「JETBOY」の特長
  • 共有レンタルサーバーとクラウドのリソース拡張機能を融合
  • 高性能・高速サーバーを格安で利用できる。
注意点
  • ディスクが「全SSD」か「SSD/HDDハイブリッド」でプランにより「ディスク構成に差異がある」とのこと。格安プランは、読み込み速度が劣るHDDと混合の可能性がある。
「JETBOY」 おすすめプラン(全6プランのうち)
 ミニSSDファーストSSD
初期費用1,000円1,500円
月額料金(12カ月契約) 500円980円
ディスク容量100GB 
全SSD・SSD/HDD
ハイブリッド
150GB 
全SSD・SSD/HDD
ハイブリッド
データ転送量(目安)5万PV/月50万PV/月
サイト数
データベース数
ドメイン10個
データベース3個 
無制限
簡単インストール
無料独自SSL
自動バックアップ機能
サポートメール
ドメイン永久無料特典なし

2022年1月頃にディスク容量を大幅増強。同時に価格も値上げしています。

アップグレードできますが、「スタンダード」(月額980円)になると、より高性能の他社サーバーと料金が変わらないので、 選択すべきかどうかは微妙なところだと思います。

「JETBOY」 は14日間の「無料お試し」ができます。

コアサーバー(V2プラン)

コアサーバー

コアサーバーでは、LiteSpeedをV2プランで採用

「 コアサーバー 」の特長
  • 2007年からGMOデジロック社が運営している老舗のレンタルサーバー。
  • ハイスペック・高機能なサーバーを格安で利用できる。
注意点
  • より価格の安い従来プラン(V1)のWEBサーバーはApache
コアサーバー(V2)おすすめプラン(全3プランの内)
 CORE-XCORE-Y
初期費用1,650円1,650円
月額料金(12カ月契約) 528円858円
ディスク容量300GB SSD500GB SSD
データ転送量(目安)333GB/日666GB/日
WEBサーバーLiteSpeed
サイト数
データベース数
無制限無制限
簡単インストール
無料独自SSL
自動バックアップ機能〇(無料)
サポートメール
ドメイン永久無料特典なし

コアサーバーのV2プランは新しいサーバー環境の新プランで、従来からあるV1プランよりスペック、料金が高いです。V1とV2間でプラン変更ができません。

「コアサーバー」 は30日間の「無料お試し」ができます。

ラクサバ (SSDプラン)

ラクサバ

ラクサバでは、LiteSpeedは「SSDプラン」で採用

「 ラクサバ」の特長
  • 低価格で利用できる「共有サーバープラン」と「高速SSDプラン」に大きく分かれている。
注意点
  • ディスク容量、データ転送量が他社と比べて少ない
  • お試し期間でもクレジットカードの登録が必要。
ラクサバ(SSDプラン)のおすすめプラン(全4プランの内)
 SSDミニSSDライト
初期費用1,650円1,650円
月額料金(12カ月契約)469円999円
ディスク容量5GB SSD10GB SSD
データ転送量(目安)300GB/月600GB/月
サイト数
データベース数
2個
2個
10個
5個
簡単インストール
無料独自SSL
自動バックアップ機能△(手動バックアップあり)
サポートメール
ドメイン永久無料特典なし

ラクサバは月額99円から利用できる格安が売りのサーバーです。
LiteSpeedが利用できる上位のSSDプランは料金の割にディスク容量や転送量が他社と比較してかなり少なく、あまりおすすめできません。

「ラクサバ」 は10日間の「無料お試し」ができます。

予算別 LiteSpeedが利用できるレンタルサーバー

おすすめイメージ

LiteSpeedが利用できるレンタルサーバーは全般的に料金が高めですが、12カ月契約で月額500程度から利用でき、料金の幅があります。

ここでは、初心者が契約しやすい価格帯の500円前後、1000円前後の料金帯別にLiteSpeedが利用できるレンタルサーバーをまとめました。

複数プランから選択できるサーバーは安いプランからスタートして、途中でグレードアップすることもできます。

月額1,000円前後・LiteSpeedが利用できるレンタルサーバー

  • ロリポップ「ハイスピードプラン」 月額825円(12カ月契約)公式サイト
  • カラフルボックス「BOX2」月額1,166円(12カ月契約)公式サイト 
  • mixhost「スタンダードプラン」月額1,078円(12カ月契約)公式サイト
  • JETBOY「ファーストSSD」月額980円(12カ月契約)公式サイト
  • コアサーバー「CORE-Y」月額850円(12カ月契約)公式サイト

以上の各サーバーのプランはどれもハイスペックで高速、高機能の内容です。

その中でも、特にロリポップ「ハイスピードプラン」が料金安めの上、信頼性、安定性が高いのでおすすめです。

月額500円前後・LiteSpeedが利用できるレンタルサーバー

  • カラフルボックス「BOX1」月額638円(12カ月契約)公式サイト 
  • JETBOY「ミニSSD」月額500円(12カ月契約)公式サイト
  • コアサーバー「CORE-Y」月額528円(12カ月契約)公式サイト

最近はLiteSpeedを導入するサーバーが増え、月額500円代でコスパのよいプランもあります。

この中では、新しいサーバー会社のカラフルボックスがコスパがよいと、最近人気が高まっているようで、特におすすめです。

まとめ

サイトの高速化対策に力を入れているサーバーが増え、 LiteSpeedを利用できる選択肢が増えてきました。

LiteSpeedを利用できるサーバーはスペックや機能が高いものが多いので、判断材料の一つになります。

関連記事 WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーを厳選!(徹底比較)

タイトルとURLをコピーしました