スポンサーリンク

シン・レンタルサーバーなどエックスサーバーブランド3つの徹底比較

エックスサーバーブランドレンタルサーバー

「エックスサーバー」「シン・レンタルサーバー」「wpX Speed」の違いって何?

3つのレンタルサーバーからどれを選んだらいいの?

以上のような質問におこたえします。

エックスサーバー社は、老舗のレンタルサーバー「エックスサーバー」に加えて、最近は「シン・レンタルサーバー」、「wpX Speed」と次々と新しいブランドをスタートさせました。

どのサーバーもハイスペック、高機能でWordPressを運営するには十分なサービスです。

ただ、2つのレンタルサーバーは「エックスサーバー」をベースにしているだけあって、共通点が多く、違いが分かりにくいかもしれません。

ここでは、エックスサーバーブランド3つの違いと選ぶポイントを分かりやすく解説します。

以下は、各サーバーのおすすめポイントです。その理由も詳しくご紹介します。

この記事はWordPressサイトの制作をサポートする上で、様々なサーバーを使った経験を元にしています。

エックスサーバーがおすすめの方
  • WordPres初心者
  • 安定性重視の方
  • バランスのよいスペックや機能を求める方
  • ネット上に情報量の多いレンタルサーバーを利用したい方
  • クイックスタートを利用してWordPressを始めたい方
シン・レンタルサーバーがおすすめの方
  • 最新技術が導入されたらいち早く使いたい方
  • 料金をなるべく抑えたい方
  • クイックスタートを利用してWordPressを始めたい方
  • アダルトサイトを運営したい方
wpX Speedがおすすめの方
  • WordPress専用サーバーを利用したい方
  • クラウド型サーバーを利用したい方
  • 爆発的なアクセスが見込めるサイトを運営したい方

エックスサーバーブランドのwpX系サーバーの変遷について

エックスサーバーブランドの個人向けレンタルサーバーサービスは、本家の「エックスサーバー」をはじめ、wpx系の「シン・レンタルサーバー」「wpX Speed」「wpXブログ」があります。

wpx

wpX系サーバーは、リニューアルや名称変更を経ており、ネットで検索すると、新しい名称と古い名称が混在しています。

wpX系サーバーは整理すると以下のような変遷があります。

wpx系のレンタルサーバーは、2013年にWordPress専用のレンタルサーバー&クラウドサービス「wpX」としてサービス提供を開始。

「wpX」は2019年以降、サービスを以下のようにリニューアルしています。

  • 「wpXレンタルサーバー」 ⇒ 「シン・レンタルサーバー」 
  • 「wpXクラウド」 ⇒ 「wpX Speed」

無料のサービス「wpXブログ」は新たなサービスです。

「wpXブログ」はこのページでは紹介しません。

エックスサーバーブランド3つの比較一覧表

各レンタルサーバーの同一価格帯プラン(月額1,000円前後)で比較しています。
※水色の箇所がサービスによって異なる部分です。

 エックスサーバーシン・レンタルサーバーwpX Speed
プランスタンダードベーシックW1
サービス提供開始2003年7月2021年5月2019年9月
初期費用3,300円0円0円
月額料金(1年契約時)1,100円880円2.2円/時
上限1,320円
ディスク容量300GB300GB200GB
ストレージタイプ
NVMe SSD  NVMe SSDNVMe SSD
転送量900GB/日900GB/日450GB/日
マルチドメイン無制限無制限無制限
データーベース数無制限無制限無制限
RAID構成RAID10RAID10RAID10
割り当てCPU(コア数)6コア6コア2コア
割り当てメモリ8GB8GB2GB
WEBサーバーApache +nginxApache +nginxApache +nginx
HTTP/2
KUSANAGIの高速化技術
FastCGI
APC / OPcache
Xアクセラレータ
オートスケール
PHP-FPM
独自SSL
WordPress簡単インストール
WordPressクイックスタート×
自動バックアップ
サポート電話、メール、チャット電話、メール電話、メール
独自ドメイン永久無料特典
無料お試し〇(10日間)〇(10日間)
アダルトサイト××
 公式サイト公式サイト公式サイト

各エックスサーバーブランドの概要

エックスサーバー社ブランドで個人向けの3つのレンタルサーバーを紹介します。
ここでは紹介していませんが、他に法人向けの「エックスサーバービジネス」があります。

エックスサーバーとは

エックスサーバー

エックスサーバーは、2003年にサービス提供を開始した老舗レンタルサーバーです。

運用年数が長く、実績が豊富で、信頼度も高く、国内シェアNo.1となっています。

「エックスサーバー」の特長
  • 運用サイト数200万件で国内シェアNo.1の人気レンタルサーバー
  • 国内最速と謳っている高機能・高性能サーバー
  • 安定感があると定評がある

実際に私も5年以上、エックスサーバーの「スタンダード」を快適に使っています。

エックスサーバー 公式サイト

関連記事 エックスサーバーのデメリットは4つだけ(口コミ/評判)【徹底解説】

シン・レンタルサーバーとは

シンレンタルサーバー

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバー社が2021年5月にサービス提供を開始。
エックスサーバーブランドの中では最も新しいレンタルサーバーです。

「エックスサーバー」で導入予定の最新システムを、先行して「シン・レンタルサーバー」に導入するので、いち早く最新技術が利用できます。

また、エックスサーバーブランドの中で唯一アダルトサイトの運営が可能です。

「シン・レンタルサーバー」の特長
  • 「エックスサーバー」のシステムをベースとしたレンタルサーバー
  • 最新技術を迅速かつ積極的に取り込んでいる
  • 厳格なリソース管理で他ユーザーの影響を受けずに安定稼働
  • アダルトサイトの運営が可能

関連記事 シン・レンタルサーバーはコスパがいい?メリット・デメリット(口コミ/評判)

wpX Speedとは

wpx-speed

wpX Speedは、エックスサーバー社が2019年9月にサービス提供を開始した新しいレンタルサーバーです。

WordPressに特化し、クラウド型であることが大きな特徴です。

「wpX Speed」の特長
  • WordPress専用・クラウド型レンタルサーバー
  • 時間制の料金体系
  • 厳格なリソース管理で他ユーザーの影響を受けずに安定稼働

3つのサービスは何が違うか?

3つのエックスサーバーブランドの違いはざっくりで以下のような違いがあります。

 サーバーの種類特長
エックスサーバー共有サーバー・安定性に重点
・リソースはユーザー別に管理していないが「リソース保証機能」がある。
シン・レンタルサーバー共有サーバー・エックスサーバーの技術をベースにしている
・最新の技術導入に重点

・リソースをユーザー別に管理
wpX Speedクラウド型・エックスサーバーをWordPress専用にチューニング
・リソースをユーザー別に管理
・時間制の料金制度
共有サーバーとクラウドサーバーの違い
  • 共有サーバー
    複数のユーザーで1台の物理サーバーを共有。
    費用も複数人で分割するのでコストは割安になる傾向があります。
  • クラウド型サーバー
    1台の物理サーバーを複数の仮想サーバーに分け、それぞれのユーザーに専有サーバー環境を用意。リソースも自由に変更できます。
    共有サーバーと比較すると費用は割高になる傾向があります。

エックスサーバーは老舗サーバーですが、シン・レンタルサーバー、wpX Speedは新しいサービスで、ともにエックスサーバーの技術を元にしています。

wpX Speedは、WordPressに特化したクラウド型でサーバーで、他の2つとは明確に違います。

エックスサーバーとシン・レンタルサーバーの違いが分かりにくいですが、最新技術はいち早くシン・レンタルサーバーに導入し、そこで実績を積んだ技術をエックスサーバーに導入するとのことです。

そのため、シン・レンタルサーバーではいち早く最新技術を利用でき、エックスサーバーでは安定性に優れたシステムを利用できるということになります。

また、シン・レンタルサーバーとwpX Speedはリソースをユーザー別に厳格に管理しています。
一方、エックスサーバーは「リソース保証機能」があり、こちらも「他のユーザーの影響を受けない」としており、違いが分かりにくいですが、シン・レンタルサーバーとwpX Speedがより厳格に管理しているのだと思います。

エックスサーバーブランド3つを徹底比較

比較

同一価格帯プラン(月額1,000円前後)で比較します。

それぞれのプランは、どれも最下位のプランですが、個人でWordPressを運営するには、十分なスペック、機能を備えています。

比較するプラン

  • 「エックスサーバー」⇒「スタンダード」
  • 「シン・レンタルサーバー」⇒「ベーシック」
  • 「wpX Speed」⇒「W1」

料金を比較

料金比較表(前掲の一覧表と一部重複しています。)
 エックスサーバーシン・レンタルサーバーwpX Speed
プランスタンダードベーシックW1
初期費用3,300円0円0円
月額料金(1年契約時)1,100円880円2.2円/時
上限1,320円
初年度の年間費用16,500円10,560円15,840円(上限)

料金は、シン・レンタルサーバーが他と比べてかなり安いです。

シン・レンタルサーバーは月額料金が安い上、初期費用もかかりません。

wpX Speedは時間制ですが、契約している限り料金はかかるので、使い続ける場合、実質的に1カ月1,320円と考えてよいと思います。

スペックを比較

比較表のうち水色の部分が各サーバーによって異なる部分です。

エックスサーバーとシン・レンタルサーバーのスペックはほぼ同じで、wpX Speedは一部異なっています。

スペック比較表(前掲の一覧から抜粋)
 エックスサーバーシン・レンタルサーバーwpX Speed
プランスタンダードベーシックW1
ディスク容量300GB300GB200GB
ストレージタイプ
NVMe SSD  NVMe SSDNVMe SSD
転送量900GB/日900GB/日450GB/日
マルチドメイン無制限無制限無制限
データーベース数無制限無制限無制限
RAID構成RAID10RAID10RAID10
割り当てCPU(コア数)6コア6コア2コア
割り当てメモリ8GB8GB2GB
WEBサーバーApache +nginxApache +nginxApache +nginx
HTTP/2
KUSANAGIの高速化技術
FastCGI
APC / OPcache
Xアクセラレータ
オートスケール
PHP-FPM

基本スペック

基本的なスペックのディスク容量、転送量、割り当てCPU、メモリなどは、
エックスサーバー、シンレンタルサーバーの方が、wpX Speedより優れています。

高速化対策

HTTP/2、KUSANAGIの高速化技術、FastCGI、Xアクセラレータなどの高速化対策は、3つのサービスに共通しています。

以下の部分が異なっています。

PHP-FPM ⇒ wpX Speedで利用できる
APC / OPcache ⇒ エックスサーバー、シンレンタルサーバーで利用できる。

PHP-FPM 
Webサイトを高速・安定化させるための機能。設定を有効にすることでPHPプログラムを高速化します。

APC / OPcache
キャッシュを利用することで、PHP実行時のCPU負荷の軽減や、PHPの大幅な高速化を図るPHPの拡張モジュール。

オートスケール

オートスケール機能
引用先:wpX Speed公式サイト

アクセスが急激に増加した時にリソースが多いプランに自動で変更できる機能。リソースを増やすことで、動作やサイトの表示が安定します。
プランが上がると、そのプランを使っている間、時間単位で料金は加算されます。

オートスケール ⇒ wpX Speed利用できる

オートスケールは、爆発的なアクセスがあるサイトでないと、必要のない機能といえます。
この機能が必要かどうかでwpX Speedを使うか、他の2つのサービスを使うか判断するポイントだと思います。

wpX Speedの転送量目安は、最下位プランW1で月間13.5TB。1日当たりにする450GBです。

例えば、1ページ5MBの記事の場合、450,000MB(450GB)÷5=90,000
1日9万回表示という計算になります。

爆発的なアクセスがないと1日9万を超えることはないと思います。

ちなみに、1つ上位のプラン「W2」の転送量目安は月間18.0TBで、W1プランの約1.3倍です。

リソースの管理について

リソースの管理方法は、エックスサーバーと、他の2つのサーバーで違いますが、それぞれ一長一短があります。

リソースをユーザー別に管理(シン・レンタルサーバー、wpX Speed)

シン・レンタルサーバーとwpX Speedはリソースをユーザー別に厳格に管理しています。
他ユーザーの利用状況に影響されず、常に安定した環境が利用できます。

以下はシン・レンタルサーバー公式サイトの解説図ですが、wpX Speedのサイトにも同様の解説があります。

ただ、ユーザーごとにメモリ制限があるので、それを超えるとメモリ不足になり、動作が低下してしまう可能性があります。

シン・レンタルサーバー
引用元:シン・レンタルサーバー公式サイト

リソース保障機能(エックスサーバー)


一方、エックスサーバーは「リソース保証機能」があり、こちらも「他のユーザーの影響を受けない」としています。

違いが分かりにくいですが、シン・レンタルサーバーとwpX Speedがより厳格に管理しているのだと思います。

メモリは複数利用者で共用しており、大量アクセスがある時は、そこにメモリを大きく割り振り、安定的に速度が確保できるようにしています。ユーザー別管理より柔軟性があります。
しかし、逆に同じサーバー内で大量にメモリを使用するサイトがあると、そのためにサイト表示速度が一時的に落ちる可能性があります。

リソース保証
引用元:エックスサーバー公式サイト

WordPressクイックスタート

WordPressクイックスタート ⇒ エックスサーバー、シン・レンタルサーバーで利用できる

似ていて分かりにくいのですが、エックスサーバーブランドでは、WordPressを簡単にインストールできる機能として、「WordPressクイックスタート」と「WordPress簡単インストール」の2つがあります。

「WordPress簡単インストール」は3つのサーバーで使えますが、「WordPressクイックスタート」はwpX Speedでは利用できません。

クイックスタートの流れ

WordPressクイックスタート
引用元:エックスサーバー公式サイト

「WordPreクイックスタート」は契約時、手続きの流れにそって必要事項を入力するだけで、WordPressが自動的にインストールでき、「WordPress簡単インストール」よりさらに簡単です。

この機能は、契約時にドメインも同時取得することで利用できます。エックスサーバー、シン・レンタルサーバでは、ドメイン無料特典も利用できます。

クイックスタートは初心者にはありがたい機能です。

その他 異なる点

独自SSL、自動バックアップ、サポート(電話とメール)などのサービス内容は3つのサーバーに共通です。

その他のサービスで異なる点は以下の通りです。

  • 独自ドメイン永久無料特典 ⇒ エックスサーバー、シン・レンタルサーバーで利用できる
  • 無料お試し(10日間) ⇒ エックスサーバー、シン・レンタルサーバーで利用できる
  • アダルトサイト ⇒ シン・レンタルサーバーで運営可能

独自ドメイン永久無料特典と無料お試しは、wpX Speedでは実施してません。

また、エックスサーバーブランドの中では、シンレンタルサーバーが唯一、アダルトサイトの運営が可能です。

アダルトサイトの運営は可能ですか?

はい、可能です。
ただし、無修正・児童ポルノなど、法令又は公序良俗に反する内容は禁止しております。

引用:シン・レンタルサーバー公式サイト「よくある質問」

各サーバーはこんな方におすすめ

冒頭でも紹介しましたが、各サーバーはそれぞれこんな方におすすめです。

エックスサーバー

エックスサーバーがおすすめの方
  • WordPres初心者
  • 安定性重視の方
  • バランスのよいスペックや機能を求める方
  • ネット上に情報量の多いレンタルサーバーを利用したい方
  • クイックスタートを利用してWordPressを始めたい方

エックスサーバー【キャンペーン情報】( 2022年6月16日(木)18:00まで)
対象:新規契約(全プラン)
【半額キャッシュバックキャンペーン】12ヶ月以上の契約で利用料金が実質半額!
(スタンダードの場合)
12ヶ月契約・・・6,600円 キャッシュバックで【実質550円/月】
24ヶ月契約・・・12,540円 キャッシュバックで【実質522円/月】
36ヶ月契約・・・17,820円 キャッシュバックで【実質495円/月】

シン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバーがおすすめの方
  • 最新技術が導入されたらいち早く使いたい方
  • 料金をなるべく抑えたい方
  • クイックスタートを利用してWordPressを始めたい方
  • アダルトサイトを運営したい方

シン・レンタルサーバー【キャンペーン情報】( 2022年7月7日(木) 18:00まで)
利用料金の30%OFFキャンペーン
対象:新規契約(全プラン・全契約期間)
(例)
・ベーシックプランを12ヶ月で契約の場合:880円⇒616円
・ベーシックプランを36ヶ月で契約の場合:770円⇒539円

wpX Speed

wpX Speedがおすすめの方
  • WordPress専用サーバーを利用したい方
  • クラウド型サーバーを利用したい方
  • 爆発的なアクセスが見込めるサイトを運営したい方

どのレンタルサーバーでも個人サイトを運営する上では十分なスペックや機能です。

wpX Speedは料金的に若干高めなので、爆発的なアクセスを見込めるサイトやアダルトサイトでなければ、エックスサーバーかシン・レンタルサーバーがおすすめ。

初心者にもエックスサーバーかシン・レンタルサーバーがおすすめですが、料金をなるべく抑えたい方は、シン・レンタルサーバーがおすすめです。

ただ、シン・レンタルサーバーは新しく情報量がまだ少ないので、調べた時の情報が多い方が安心という方は老舗でユーザー数も多いエックスサーバーを選択するといいでしょう。

▼おすすめのレンタルサーバー5社を比較した記事はこちら
WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーを厳選!

▼おすすめの格安レンタルサーバー10社を比較した記事はこちら
WordPressが使える格安レンタルサーバー10社徹底比較

タイトルとURLをコピーしました