スポンサーリンク

レンタルサーバーの「自動バックアップ」機能の基本と各社の比較を解説(WordPressサイトを保存・復元)

レンタルサーバーバックアップのイメージレンタルサーバー

主要なレンタルサーバー会社のWordPressサイトの自動バックアップ機能を比較しました。

主要なレンタルサーバーでは、WordPressサイトのデータを無料で自動バックアップを取ってくれるサービスを提供しているところが多くなっています。

自動バックアップは万能ではありませんが、トラブルや不具合でサイトが表示されなくなった時などに、バックアップがあると助かります。

比較のほか、ワードプレスサイトの自動バックアップの基本やチェックポイントなどについても解説します。

WordPressサイトの「自動バックアップ」の基本

WordPressサイトのデータは大きく2種類
  • WordPressファイル(WordPressを構成するファイル群)
  • データベース

サーバーの自動バックアップでは、この2種類のデータをサーバー上に保存します。
そして、これらのデータを復元の際に利用します。

FTPソフトやプラグイン等を使って自分でバックアップをとる場合も同様です。

WPのバックアップ

「WordPressファイル」と「データベース」の内容はざっくりと以下の通りです。

①WordPressファイル

  • WordPress本体のシステムファイル
  • テーマを構成するファイル
  • プラグインファイル
  • アップロードした画像ファイル

②データベース

データベースには、Wordpressの管理画面の各種設定、テキスト、メタデータ、カテゴリ、タグ、コメント、リンク、ウィジェット、ユーザー等の情報が格納されています。

レンタルサーバー「自動バックアップ」のメリット・デメリット

レンタルサーバーによって異なりますが、自動バックアップの一般的なメリットは以下の通りです。

自動バックアップのメリット
  • 特に何もしなくても毎日自動的にバックアップを取ってくれる。
  • 自前でバックアップを取るよりも復元が簡単な場合が多い
自動バックアップのデメリット
  • バックアップ期間は決まっており、それ以前のバックアップはない。
  • バックアップを取るのは1日1回の場合が多く、必要な時点のバックアップがない場合がある。

バックアップデータは、保存期間が決まっており、古いデータから順次、削除されます。
古いデータを保存するためには、バックアップデータがあるうちにダウンロードし、自分でPCやハードディスク等に保存する必要があります。

また、必要な時点のバックアップが取れない場合は、FTPソフトやプラグインを使って自分でバックアップ行う必要があります。

レンタルサーバー「自動バックアップ」のチェックポイント

自動バックアップのチェックポイント
  • 無料か有料か
  • バックアップの保存期間
  • 復元は簡単にできるか

主要なレンタルサーバー会社の「自動バックアップ」の内容は、それほど大きな違いはありません。

ただ、初心者にとっては、いざという時の復元が簡単にできるかどうかは、重要なポイントの一つだと思います。

おすすめレンタルサーバー会社 自動バックアップの比較

サーバー会社費用 保存期間復元(ファイル)復元(データベース)
ConoHa WING無料過去14日分とても簡単(ファイル・データベース同時復旧)
エックスサーバー無料過去14日分簡単簡単
Mixhost無料過去14日分FTPソフト等が必要簡単
ColorfulBox無料過去14日分簡単簡単
ロリポップ!有料 300円/月
※一部プランは無料
過去7回分
保存間隔自由に設定
簡単簡単

無料か有料か
ロリポップは、最上位プランの「エンタープライズ」は無料ですが、全プランで復旧手数料が11,000円かかります。それ以外は有料で、保存期間も過去7回分と少なめ。他社と比べると弱いです。
ロリポップ以外は、全て無料で利用できます。

保存期間
ロリポップ以外は過去14日分のデータを自動保存しています。
ロリポップは過去7回分と少ないですが、保存間隔を自由に設定できます。

復元が簡単にできるか
初心者にとっては復元が簡単にできることも重要だと思います。
その点、ConoHa WINGはワンタッチでファイルとデータベース同時復旧できます。

それ以外のサーバーは、 ファイルとデータベース、それぞれの復元が必要ですが、比較的簡単にできます。

唯一、Mixhostがファイルの復元でFTPソフト等を使って自分でデータをアップロードする必要があります。
Mixhostは、管理画面でColorfulBoxと同じ「cPanel」を使用していますが、ファイル復元の機能がないようです。

おすすめレンタルサーバー会社の「自動バックアップ」詳細

おすすめレンタルサーバー会社5社の「自動バックアップ」の内容とおすすめプランをご紹介します。
どのプランも機能・性能が充実していて、価格もリーズナブルです。

ConoHa WING

おすすめのプラン「WINGパック ベーシック」
12カ月契約 月額990円(36カ月契約 月額880円 )/ 初期費用0円

ConoHa WINGの自動動バックアップ機能は、WordPressファイルとデータベース、メールのデータを1日1回バックアップ。
過去14日分を復旧用データとして利用することができます。


また、ワンタッチでWordPressサイトを復旧できる機能があります。一般的には、 WordPressファイルとデータベースを別々に復旧しますが、ConoHa WINGでは、バックアップ取得日を指定した上で一度に復旧でき、初心者にも簡単です。

ConoHa WING  自動バックアップの内容
費用無料
保存期間ファイル、データベース過去14日分
 復元(WordPressファイル)簡単。管理画面で、バックアップデータからWordPressサイトとデータベースを一度に復旧。サイトを簡単に復元できます。
 復元(データベース)
ConoHa WING【キャンペーン情報】(2021年12月10日(金)18:00まで)
「Early Winter キャンペーン」
対象:全プラン、「WINGパック」12ヶ月契約以上の新規申込み
「ConoHa WING」通常価格より最大37%OFF、月額828円から利用できる。
プランや契約期間によって割引率が変わります。
※「WINGパック ベーシック」の例
37%OFF(36カ月契約)、33%OFF(24カ月契約)、29%OFF(12カ月OFF)

エックスサーバー

おすすめのプラン「スタンダード」
12カ月契約 1,100円/月(36カ月契約 月額990円 )/ 初期費用3,300円

エックスサーバーは、サーバ設備の故障その他トラブルに備えて、2台のハードディスクに同じデータを同時に書き込むRAID1によるリアルタイムでの全データコピー(ミラーリング)を行っています。

その上で、サーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動でバックアップ。
WordPressファイル、 データベースは過去14日分を復旧用データとして利用することができます。
(WordPressファイルの保存期間は最近まで過去7日間でしたが、最近、主要他社と同様の14日間に延長しました。以前契約した方は7日間のままですが、順次延長していくとのことです。)

バックアップデータからの復元は、WordPressファイル、データベースそれぞれ、管理画面上で行うことができます。

WordPressファイルは、保存されている日付のデータやディレクトリ、データベースは日付を指定して復元することができます。

 エックスサーバー 自動バックアップの内容
費用無料
保存期間ファイル、データベース過去14日分
 復元(WordPressファイル)簡単。管理画面の操作で復元できます。
 復元(データベース)簡単。管理画面の操作で復元できます。
エックスサーバー【キャンペーン情報】(2021年12月2日(木)18:00まで)
①12ヶ月以上のご契約で最大45,000円をキャッシュバック!
(スタンダード(旧X10)プランの例)
・12ヶ月契約・・・7,500円キャッシュバック
・24ヶ月契約・・・11,250円キャッシュバック
・36ヶ月契約・・・15,000円キャッシュバック
※プランごと、契約期間ごとにキャッシュバック額が変わります。
新規契約で独自ドメイン1つをプレゼント(更新費用永久無料)
 ※スタンダードプランの場合、12ヶ月以上の契約と「自動更新設定」を有効にする必要があります。

「エックスサーバー」 は10日間の「無料お試し期間」があります。

Mixhost(ミックスホスト)

おすすめのプラン「スタンダード」
12カ月契約 1,078円/月(12カ月契約 月額968円 )/ 初期費用0円

Mixhost の自動動バックアップ機能は、WordPressファイルとデータベース、メールのデータを1日1回バックアップ。
過去14日分を復旧用データとして利用することができます。

データベースは管理画面から復元することができます。

注意点
復元については、WordPressの復元機能がないため、FTPソフト等を使って自分でバックアップデータをアップロードする必要があります。

Mixhost 自動バックアップの内容
費用無料
保存期間ファイル、データベース過去14日分
 復元(WordPressファイル)管理画面からはできないため、FTPソフトなどを使って自分でデータをアップロードする必要があります。
 復元(データベース)簡単。管理画面の操作で復元できます。

「mixhost」 は「30日返金保証制度」を設けています。

mixhost【キャンペーン情報】
対象ドメイン永久無料&プレミアム以上で初回支払い金額半額!
・初回支払い金額半額 :プレミアム以上のプラン
・対象ドメイン永久無料:12カ月以上の契約

ColorfulBox(カラフルボックス)

おすすめのプラン
「BOX1」 12カ月契約 月額638円 (36カ月契約 月額528円)
「BOX2」 12カ月契約 1,166円 (36カ月契約 月額968円 )
初期費用 : 1カ月契約の場合 2,200円 / 3カ月以上の契約の場合は無料

「地域別自動バックアップ機能」(無料)を搭載
「過去14日分」の自動バックアップに加え、バックアップ先を完全に別の地域に設定することで、高い安全性を確保しています。

WordPressファイル、データベースは過去14日分を復旧用データとして利用することができます。

バックアップデータからの復元は、WordPressファイル、データベースそれぞれ、管理画面上で行うことができます。

WordPressファイルは、保存されている日付のデータやフォルダ、データベースは日付を指定して復元することができます。

ColorfulBox 自動バックアップの内容
費用無料
保存期間ファイル、データベース過去14日分
 復元(WordPressファイル)簡単。管理画面の操作で復元できます。
 復元(データベース)簡単。管理画面の操作で復元できます。

「Colorfulbox」 は「30日間無料お試し」を実施しています。

ロリポップ!

おすすめのプラン「ハイスピード」
12カ月契約 月額1,100円(36カ月契約 月額550円 ) / 初期費用0円

最上位プラン「エンタープライズ」は、自動バックアップ機能を無料で利用できますが、「ハイスピード」以下のプランは、自動バックアップ機能を利用するのに月額300円必要です。

「エンタープライズ」は月額費用が高額になるので、高性能・高速なのに格安の「ハイスピード」プランが初期費用が無料でおすすめ。

ただし、全プラン復旧手数料11,000円がかかります。

機能や速さの面から見ても主要他社に引けを取りませんが、復旧手数料が11,000円かかるのは、大きなマイナスポイント。

バックアップ機能は、WordPressファイルとデータベースそれぞれでスケジュールを決め、任意の間隔でバックを取ります。

WordPressファイルは、保存されている日付やフォルダ、ファイル、データベースは日付を指定して復元することができます。

ロリポップ! 自動バックアップの内容
費用最上位プラン「エンタープライズ」で無料。
「ハイスピード」「エコノミー」「ライト」「スタンダード」で300円/月
保存期間過去7回分(スケジュール設定で保存頻度を自由に設定)
 復元(WordPressファイル)簡単。管理画面で復元できる。
 復元(データベース)簡単。管理画面で復元できる。

「ロリポップ」 は10日間の「無料体験」ができます。

まとめ

レンタルサーバーを選ぶ際のポイントとして、バックアップ機能は優先順位は高くないと思いますが、バックアップ機能が充実していると心強いです。

バックアップ機能に関しては、ロリポップとMixhostは少し物足りない部分があります。

機能や性能も含めて他の3社はどれも充実しており、特に初心者は「ConoHa WING」 を選んでおけば間違いないと思います。

タイトルとURLをコピーしました